自動車記事としてのヘビー打ち上げ2018年02月08日 09:23

自動車記事としてのヘビー打ち上げ
自動車記事としてのヘビー打ち上げ


(米スペースX、テスラ「ロードスター」を搭載した「ファルコンヘビー」の打ち上げ成功)
https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1105413.html

「テスラ初のEV(電気自動車)初代「ロードスター」を火星に向かって打ち上げた。」

やっぱ、初代だったのかあ?。

記事には今回の打ち上げに因んで、青山に展示してある本物の初代ロードスター(浮沈子も、試乗したことありますが)の写真が出ているが、どう見ても違うような気がするけどな。

「東京青山にあるテスラ青山 (東京都港区南青山2-23-8)では、火星でドライブをするロードスターのドライバー気分を楽しんでもらおうと、2月7日~12日の期間、初代ロードスターを展示する。」

久しぶりに、行ってみようかな。

「テスラ ロードスターを打ち上げた後、2つのブースターと1つのコアブースター地上に着陸させてリサイクルしようという計画。」

一般的には、リサイクルという表現が使われるんだろう。

正確には、ファルコン9の1段目については、リユースになるので、浮沈子は再使用という表現にしている。

再利用でもいいんだが、原形を留めずに、素材を再加工して、別物として再度使用するイメージがあるので、避けている(ペットボトルが足ふきマットになるとか)。

同じものを、そのまま、最小のメンテナンスで再度使用するということから、再使用の方が相応しい気がする。

日常、余り馴染みがないのは、再使用されるものが少なくなっているのかもしれない。

昔は、ガラスのビンとかは、再使用のいい例だった。

牛乳瓶やビール瓶、一升瓶も再使用した(今でもしてるんでしょうが)。

最近は、砕いてカレットにして再利用(リサイクル)になっちまうんじゃないのか(未確認)。

それでも、素材を繰り返し利用するわけだから、エネルギー的には相当節約になっていて、回収、運搬、再加工しても、割に合うわけだな。

ファルコン9のブースターは、現状では1回か2回しか使用されていないので、消耗品に毛が生えた程度の再使用でしかない。

イーロンマスクが唱えるように、飛行機のように燃料だけ入れて、すぐに飛び立てて、1000回以上使えるようになれば、もう、再使用とか再利用とかに拘ることはなくなる。

立派な耐久消費財になって、耐用年数とか使用回数で減価償却される固定資産になる。

現状では、何百億円しようが、ロケットは消耗品扱いで、固定資産にはならない。

会計期間中に消費されてしまうものを、資産計上したらまずいからな。

組み立て途中の部品や、打ち上げ前の保管期間中は、財として管理する必要がある(もちろん、回収されたブースターも)。

まあ、どうでもいいんですが。

自動車は、元々消耗品ではないから、固定資産として扱われるが、今回打ち上げられたテスラロードスターは消耗品に口座変更されているはずだ(個人所有だから、関係ないか)。

寄贈品としてスペースXが受け入れていれば、何等かの会計処理が行われる。

しかし、人工惑星となったからといって、消耗されたことになるかどうかはビミョーな話だ。

自動車としての機能は、搭載する前に外されているだろうから、たとえば広告塔として管理するとしたら、打ち上げ後10億年間、減価償却の対象になるかもしれない(そうなのかあ?)。

まあ、標準的な広告塔の減価償却期間が終われば、残存価格を残して、そのまま塩漬けにされるんだろう。

あるいは、広告媒体としての機能を失ったとき(映像データが受信できなくなった時)に、除却されるとか。

米国の会計制度は全く知らないから、この記事はテキトーに書いている。

課税当局は、いろいろ考えてるんだろうな。

宇宙での金儲けが始まれば、政府は適正に課税することを考えなければならない。

儲け話には、課税が付いて回る。

まあいい。

こういう記事にしようと思ったわけじゃないんだがな。

下世話な話になってしまった。

ともあれ、自動車関係の媒体が書いた記事としては、誤解少なく、正確な記事になっている(肝心のロードスターの部分以外は)。

感心した。

(【動画】テスラの最速電気自動車が宇宙を“ドライブ”。米宇宙ベンチャーがロケット打ち上げ)
https://www.as-web.jp/movie/280260?all

「そのため、物資や衛星などは搭載しておらず、代わりにテスラが2020年の発売を目指しているロードスターが積み込まれた。」

そうだろう?、やっぱ、初代じゃない。

そんなもん積んだって、広告効果はないからな。

(テスラの大型ロケット、打ち上げ成功…EVスポーツカーが宇宙空間へ)
https://response.jp/article/2018/02/07/305789.html

「初代テスラ『ロードスター』を搭載。」

うーん、どっちなんだあ?。

浮沈子は、自動車媒体の記事なら、どっちを積んだか正確に記述されていて、事実確認が行えると思ってたんだがな。

(イーロン・マスク、ロケットで宇宙へ打ち上げる愛車のテスラ「ロードスター」に「スターマン」を乗せる)
http://jp.autoblog.com/2018/02/06/elon-musk-tesla-roadster-spacex-mars-launch/

「初代テスラ Roadsterの写真をInstagramに投稿しました」

「※こちらの記事はEngadget日本版より許可を得て掲載したものです。」

自動車専門媒体なんだから、チェックしろよな・・・。

春の準備2018年01月14日 23:51

春の準備


正月明けから、寒い日々が続いている。

1日くらい暖かい日があったが、もう忘れてしまった。

今日は愚弟を伴って、疎開先へとポルシェの交換に行く。

03ボクスターを疎開させ、83タルガを手元に引き取る。

往きは愚弟の運転、還りは浮沈子が運転した。

屋根は閉めっぱなし。

二人とも風邪気味だから仕方ないかも。

11月後半から、緊張の連続だったが、一段落したので、緊急出動用のボクスターを下げ、道楽用のタルガを手元に。

帰りの運転が、楽しくて仕方ない。

やっぱ、このクルマは手放せないな・・・。

よーく暖気してから乗り出す。

古い機械を動かす時の鉄則だ。

人間に一番近いポルシェ・・・。

まあ、それを言ったら、キャブレター仕様のヤツとかになるんだろうが、浮沈子は、Kジェトロでいい。

35年前のクルマが、気持ちよく走る。

走るだけで楽しい!。

天気は快晴、気温は低いが、爽やかな感じだ。

ボクスターだって、悪いクルマじゃない。

乗って安心、走って楽ちん。

21世紀のクルマだからな。

水冷エンジンで、オートマで、ABSも、パワステも、エアコンも付いている。

タルガは、何にも付いていない。

空冷エンジンで、マニュアルで、ABSも、パワステも、エアコンもない。

それでも、乗って楽しく、走って嬉しい。

楽ちんではないかもしれないが、いろいろ工夫しながら走るのが苦にならない。

据え切りとかできないハンドルも、少し動かしてやれば、それ程力は必要ないし、慣れないと苦労するクラッチも、アイドリングで繋いでやることさえできるようになれば、緩い坂道ならサイドブレーキを使わないで発進できる(急坂とかは、ちゃんとサイド引いてます)。

ギア鳴りさせないで、スムーズに入れたり、回転を合わせて変速ショックを押さえてシフトダウンしたり。

楽しい!!。

踏めば、それなりに加速し、スピードが乗ればさらに楽しいが、下道をふつーに流れに乗って走らせていても、何の苦痛もない。

今日は、道が空いていたしな。

中途半端な時間に出かけて、中途半端な時間に帰る。

これに限るな・・・。

次に、いつ乗ることになるか分からないので、とりあえず、バッテリーのキルスイッチを回しておく。

落ち込んだときとか、何か気分が晴れない時に、静かに転がしてやるだけでいいのだ。

機械のためにも、その方がいい。

鉄と、ガラスと、ゴムと樹脂とで出来た機械。

AIもなければ、自動運転もない。

人間が動かしてやることを大前提した機械だ。

手足の延長であり、目と耳と肌と匂いで感じるクルマ。

暖かくなったら、屋根開けて走ってやっからな・・・。

300km2017年12月20日 18:23

300km


本日は、諸々の用事をこなしに千葉方面へ。

足は、さんざん迷った挙句、03ボクスター。

久しぶりに引っ張り出して、鞭をくれる。

外房方面にも足を延ばし、帰りは湾岸で帰ってきた。

夕方の渋滞につかまって、ちょっと難儀だったが、オートマなので楽ちんだ。

距離は300kmくらい。

ガソリンは半分くらい使った。

満タンだと、600kmくらい走ることが出来る計算だ。

燃費はリッター9km位か。

優秀な燃費だな。

浮沈子が乗っているクルマの中では、最もいい。

寒空の下、シートヒーターを強にして、エアコン全開でオープンにして走った(アホか・・・)。

高速では、さすがにサイドウインドウを立てたが、下道では完全オープン。

気持ちのいいドライブだったな。

しかし、やはり楽ちんさという意味では、500Eには敵わない。

ロリンザーサウンドが轟いていたとしてもだ。

大きな声では言えないが、100kmを超えれば風切り音などが卓越して、気にならなくなる。

だからといって、常時その速度でブッ飛ばすわけにはいかない。

下道では、1500回転以下しか使わないしな。

まあいい。

03ボクスターのエンジン音(排気音)は、実に静かだ。

流れに乗って走っている分には、全く気にならない。

音質的にも、不快ではない。

まあ、ギンギンに回したからといって、気持ちのいい音が出るわけでもない。

華がないのだ・・・。

回せば回しただけのパワーは出るし、躾けのいい加速は回転計にリニアに反応する。

ビュンとかいってパワーが乗ることはない。

今日は内緒で少しだけ回した。

やっぱ、いいな・・・。

足回りを少し固めてやれば、いい感じで高速走行がこなせるだろう。

今は、ちょっとフワついている感じだ。

このクルマに手を掛ける気はない。

次の車検の前に手放すかもしれない。

21世紀のポルシェのカタチ。

水冷ミッドシップの軽やかなエンジン。

追い込めば、きっと限界を掴むことはたやすいだろうが、そんな気にならない中性的な味付け。

富士の駐車場でドリフトさせて遊んだときは、楽しかったな。

夕暮れの中を、駐車場に戻して、カバーを掛ける。

あと何回、この儀式をしてやれるか。

冬のボクサーエンジンは、絶好調だった。

その記憶だけが残ることになるのかもしれない・・・。

朝のボクスター2017年12月02日 11:01

朝のボクスター
朝のボクスター


土曜の朝に、早起きしてボクスターで第三京浜を流す。

もちろん、オープン。

久々だなあ・・・。

冷え冷えとした空気を切り裂いて進む。

シートヒーターと暖房全開。

屋根は明けたが、サイドウインドウは閉めて走った(軟弱・・・)。

このクルマ、走らせることにかけては、何のストレスもない。

るるるるるるるるるうううううぅぅぅぅーーーーー・・・・・。

遠くで聞こえる排気音も、心なしかさぶそうに聞こえる。

12月だからな。

もう、冬といっても誰も反対はしない。

今年は、どこかへ行ってしまった秋の名残を求めて走る。

保土ヶ谷でUターンして、ちょこっとJ-AUTOに寄って帰ってきた。

保土ヶ谷での朝飯は、カツカレー(朝っぱらからあ?)。

ドリップのコーヒーを飲みながら、EVの急速充電気を見学したりする。

保土ヶ谷は、まだ、1台分だけで、30分が充電時間の限度だ。

時代は、まだ、EVじゃない。

いいとこ、PHVまでだな。

それも、見栄で乗るクルマだ。

個人がふつーに乗るクルマで、新車価格の差を、ガソリン代で取り戻せるHVも存在しない。

どーせ、国産の普及車両は、10年経ったら廃車にする使い捨て商品だからな。

ガソリン車(HV含む:もちろん、ノートeパワーも含む)で沢山だ。

特に、国内の道路事情を考えたら、軽自動車がちょうどいいのではないか。

新車販売の半分は軽らしいからな。

消費者は、ちゃんと分かっているのだ・・・。

J-AUTOからの帰りも、途中から屋根を開けて走る。

やっぱ、オープンだな。

まあ、だからといって、コペンとかS660にする気はない。

「人はパンのみにて生くるにあらず」だ。

(誤用の聖書知識:誤用3参照)
http://www2.biglobe.ne.jp/remnant/045goyouno.htm

「人が生きるのは、物質的なものだけによるのではない。人は神の御言葉に養われて、初めて本当の意味で生きることができる、というのがこの聖句の意味なのである。」

03ボクスターは、散文である。

その中に、神の御言葉がちりばめられているようには思えない。

しかし、ひょっとしたら、小さく聞こえる排気音の中に隠されているんじゃないかと、屋根を開けて耳を澄ませる。

るるるるるるるるるうううううぅぅぅぅーーーーー・・・・・。

限りなく透明に近いブルーの空の下を、神の啓示を求めて、ひたすらに走る・・・。

やっぱ、だめだなあ。

(縁なき衆生は度し難し)
http://kotowaza-allguide.com/e/ennakisyujyou.html

「「縁」とは、仏教とのつながり、仏縁の意。
「衆生」とは、すべての生物のこと。
「度す」は、仏が悟りの境地に導くという意。」

「すべての生物に慈悲深い仏であっても、仏の教えを聞く機会がない者、信じようとしない者は救うことができないことから。」

聞く耳を持たないものには、どんな宗教も効き目はない。

悟りを啓くのは潔く諦めて、ただひたすらに、走らせることだけを楽しもう。

このクルマに乗っていられるのも、そう長くはないのだから・・・。

PHV対EV2017年12月01日 22:45

PHV対EV
PHV対EV


昨日、近所のトヨタと日産の販売店をハシゴして、プリウスPHVとリーフを試乗した。

前々から乗りたかったが、ちょっと忙しかったりして、機会がなかったしな。

トヨタは、数日前から予約してたが、日産は当日の試乗申し込みで乗った。

まずは、PHVから。

といっても、試乗車はたっぷり充電してあって、エンジンは1回転もしていないから、トヨタ製のEVに乗っただけだな。

タイヤは、ネット上の試乗記ではボロクソに書かれてる17インチではなく、ノーマルの15インチだ。

グレードは、Sに若干のオプションが付いている程度。

試乗した感じは、やはり重さを感じないわけにはいかないが、下道走る試乗コースでは、何の問題もない。

アクセルやブレーキに気を使うこともない。

トランクルーム下にバッテリーをしこたま(120kg)積んでいる関係で、高さのある荷物を積むことは出来ない。

インスピレーションの箱は積めない。

まあ、後席に押し込んじまえばいいだけの話だ。

その後席は2人掛け。

拘る方は拘るところだ。

乗り出し価格で、400万円のクルマだからな(屋根の太陽電池付きで、一応、見積もり出してもらいました)。

そんだけ出すなら、新型のカムリ買った方がいい。

(カムリ試乗)
http://kfujito2.asablo.jp/blog/2017/08/21/8652801

PHV5年間乗ったら、下取り価格は100万円を切る。

バッテリーは使い物にならないしな。

ひょっとすると、エンジンなんて、回ることはないかもしれない。

カタログ上は、満充電して、60km以上走るそうだ。

話半分として、都内を走り回って、行った先で充電できれば、電気自動車として使うことが出来る。

まあ、実際に買う気はないし、一応試乗してみただけ。

せっかくだから、乗り比べたくなって、日産に電話して、いつも試乗しかしない客と見透かされているので、遠慮なく申し込む。

先代のリーフ、ノートeパワー、今回の新型リーフと試乗している。

(ノート e-POWERに試乗)
http://kfujito2.asablo.jp/blog/2016/11/26/8260831

乗り出してすぐに、PHVより、こっちの方がいいと感じた。

乗り心地、加速感、クルマの挙動、全てが洗練されていて、比較の対象にならない。

航続距離がカタログ上で400kmになったので、都内を走り回るなら、充電の心配をしなくてもいいし、充電環境も、徐々に整ってきたので、行った先でもなんとかなる可能性は高い。

名古屋日帰り往復とかは、さすがに考えてしまうけど(往復750kmくらい)、東伊豆くらいなら行けるだろう。

気のせいか、座面が高くて、ゆすられ感を感じた。

従来と同じくらいの電池(300kg)を床下に積んでいるはずなので、重心は十分低いはずなんだがな。

ドラポジは、PHVの方が自然に感じる(プリウスと同じだしな)。

リーフは、着座姿勢が立っている感じだ。

まあ、慣れの問題だろう。

航続距離400kmといったって、エアコン使ったり、それなりに活発に走れば、せいぜい250kmだし、3年も乗っていれば、すぐに200kmも走らなくなることは分かっている。

荷物をしこたま積んで、アクセルをスイッチのようにペタンと踏み込んで走っていれば、すぐになくなる(まあ、電気自動車だから、スイッチで間違いないんですが)。

クルマとしての評価なら、断然リーフだろう。

積載量も、全く問題ない。

5人乗りだしな。

どういう風にクルマと付き合っているかによる。

こっちの値段も出してもらった。

同じく400万円。

マトモな電気自動車としては、破格な値段だ。

もちろん、5年後の下取り価格は期待してはならない。

400万円の値段のうちの、300万円は電池の値段だからな。

5年乗ったら、電池交換するしかない。

下取り価格は、当然、100万円を切ることになる。

まあいい。

そういうことを考えて乗るクルマじゃない。

5年経ったら、乗り捨てるクルマだ。

現世利益を追求して乗る。

来世のことは考えちゃならねえ・・・。

400万円で、見栄張って乗る。

まあ、どっちも、見栄張る程のクルマじゃないけどな・・・。