500Eチェック2017年05月28日 01:58

500Eチェック
 

3日ほど、夜中に500Eを転がしている。

先日、墓参りのために、年に1度もやらない洗車をしたところ、ディストリビューターの不調をきたし、エンジンにばらつきが出てしまった。

30分ほど走らせたら症状は消えたが、その後、雨上がりに同じ症状が2度出た。

今日は、雨は降らず、それで出るかどうかの確認で走る。

もちろん、症状は出ない。

うーん、納得・・・。

ディストリビューターの結露は、対策品で解消することが分かっている。

これが、いつ出るかという予測が立たないところが困るんだがな。

なんと、雨の日に出たことは一度もないのだ。

うーん、納得いかない・・・。

まあ、どうでもいいんですが。

深夜のドライブは、浮沈子の趣味の一つだ。

窓という窓を全開にして、もちろん、サンルーフも開け放って、漆黒の闇を切り裂いて走る。

500Eというクルマの、生の音を聞く。

300Eを乗っていた時にも感じたんだが、ベンツの乗用車って、決して静かなクルマじゃない。

エンジンとか、足回りの音を、徹底的に遮音して、室内の静けさを演出しているだけだ。

まあ、それでいいんですが。

夜中に、窓全開にして、クルマの立てるありとあらゆる音に耳を澄ませながら走ることを想定して作られたクルマじゃない。

エアコン利かせて、窓閉め切って、高速道路を200kmでブッ飛ばすのが正しい使い方だ。

もちろん、我が国では、正しい使い方の半分くらいしかできないけどな(そういうことかあ?)。

で、アクセル全開じゃなくって、窓全開にして、ゆるゆると回るV8エンジンの呼吸音とか、タイヤが路面を捉える音とか、風切り音とかに耳を澄ませながら走らせる。

夜は、音がよく聞こえるような気がする。

そして、振動とかにも敏感になる。

ハンドルに伝わって来る振動や、シートを通して感じる振動とか。

視覚からの情報が制限される分、その他の感覚が研ぎ澄まされているのを自覚する。

それだけなのかどうか。

窓を閉めれば、音も遮断された分、振動には、さらに敏感になれるかもしれないしな。

ともあれ、良く動く足の良さを実感する。

街道を流している分には、十分な動きをしてくれる。

今時のタイヤ(レグノ履いてますが)は、何でも履きこなしてしまうだろう。

いい足だと感じる。

エンジンも、今日はぐずらずによく回っている。

踏めば踏んだだけのトルクを生み出し、ぐいぐいと1.7トンの車体を加速してくれる。

穏やかなアクセルワークに徹すれば、それなりの加速。

ペタンと踏むと、とんでもない中間加速を披露することになる。

大人気ない・・・。

雨が降らず、今夜の湿度80パーセント程度では、デスビの結露と思われるエンジンの不等着火による振動は、全くなかった。

駐車場に戻ってから、サンルーフや全開にした窓を閉める。

エンジンの音が遮断され、排気音も消える(これも、結構勇ましい)。

アイドリングの振動だけが、かすかに感じられて、合計5リットルの燃焼室に、たっぷりとガソリンが送られているのが分かる(アイドリング燃費、最悪です・・・)。

大丈夫、燃焼のばらつきはない・・・。

エンジンを切ると、本当の静寂が訪れて、さっきまでの静寂が、かりそめのものであったことを思い知る。

締めきっていても、実はそれほど静かなクルマではない。

もう、25年も前のクルマだしな。

今風の、アイドリングストップなどという裏ワザはない。

現代のベンツの乗用車に乗れば、やはり現世利益ではそっちの方が上回るのは当然だ。

チャライ仕掛けは、テンコ盛りで付いているしな。

最新のベンツが最良のベンツであることは間違いなかろう。

便利で使いやすく、同じ仕事を少ないガソリンでこなす。

それは、絶対の正義だからな。

太刀打ちできない。

乗り味とか、剛性感とか、振動の特性とか、満足感、安心感とか言うワケワカの指標では、クルマは売れない。

データで示し、オーナーの財布で証明するしかない。

このクルマが、21世紀の道路を走っていること自体が一つの奇跡だ。

クラシックカーとかじゃなく、実用的に不満のないふつーのクルマとして。

データで示すことも、ガソリンスタンドにおいて、財布で証明することも出来ないけどな。

クルマを降りて、ちらっと振り返る。

20世紀の奇跡の一つが、ここにある。

金属とゴムとガラスと樹脂とで出来た、機械の王国の奇跡だ。

絶妙な乗り味と剛性感と人肌にあった振動特性を持ち、オーナーに至上の満足感と安心感を与える奇跡だ。

たまに、デスビの結露でエンジンがブルってしまうことがあったとして、それが何だというのか?。

うーん、やっぱ、対策品に替えようかなあ・・・。

雨の金曜日2017年05月26日 10:52

雨の金曜日
 

天気予報が今日の雨を伝えていたし、低気圧の通過で確実に降ることが分かっていたので、夕べ遅い時間に疎開先から03ボクスターを回収してきた(雨の日に乗ると、濡れた車体カバーをトランクに入れなくっちゃならんからな)。

83タルガを予定入院させて、ファンベルトの交換と、ボディの歪みの再チェック。

その間、折角だから、少し乗ってやるかと手元に置くことにする。

で、今日は雨・・・。

夜更かしして、さっき目が覚めたが、頭はボーっとしているし、身体もだるい(いつものことですが)。

せっかく復帰したフィットネスも、雨が止むといわれる夕方以降だな(で、結局サボる)。

無理せずに、気の向いた時に通うことにしよう。

昨夜は、湿った空気の中を、オープンにして走った。

湿度90パーセント、温度18度。

少し肌寒いが、シートヒーターで十分暖を取れる程度。

前後にクルマがいなかったこともあり、ゆっくりと、制限速度以下で走る。

水平対向6気筒エンジンのつぶやき、ロードノイズ、風のささやきを聞きながら、夜気との対話を楽しむ。

目くじら立てて、シャカリキに走るだけがポルシェじゃない。

時間のトンネルを、ワープせずに通り抜ける。

そんな感じだ。

屋根を開け放ち、外界と繋がっているにもかかわらず、夜の闇の中で、クルマとその周囲の時空だけが、宇宙から隔絶しているかのような錯覚・・・。

浮沈子は、こういう時間が好きだな。

最近の流行りで、都内にも拘らず、ハイビームにする。

すれ違うクルマが現れると、ロービームに切り替える。

正しい運用だ。

光の中に照らされたものだけが見えるが、音は、四方から聞こえてくるという映画館のような状態。

それが、どこまでも続く無限の時空を錯覚させる。

信号に引っかかり、ようやく現実の時空に帰って来る。

やれやれ・・・。

真夜中の幻想は終わった。

街道を走りだすと、いつもの感覚に戻る。

03ボクスターも、耳を澄ませば、饒舌なクルマだ。

83タルガのように、これでもかと語り合うクルマではないけどな。

手元にある間、少し、静かに聞き耳を立ててやろうか。

雨の金曜日。

明日は、神田のお店に行って、少し話をしてこようと思っている(南アの事故について)。

お店だからな。

本来、器材を買ったり、メンテをお願いに行くところだが、浮沈子にとっては情報収集の場と化している(すんません・・・)。

今日は、ちょっと一休みというところか。

雨だしな。

梅雨時のように、しとしとと降っている。

気持ちが落ち着いて、穏やかになる。

ざわついていた心が、洗い流されて静謐になる。

明鏡止水とまではいかないけどな。

そろそろ、飯でも食いに行こうか・・・。

自然吸気+大排気量=神2017年05月23日 20:01

自然吸気+大排気量=神
自然吸気+大排気量=神


(フェラーリ新型、史上最大800馬力 ハイテク後輪駆動)
http://www.asahi.com/articles/ASK5R4SN2K5RUEHF00L.html?iref=pc_rellink

「6.5リッターV型12気筒エンジンを積み、同社市販モデル史上最大となる800馬力」

「現代的なハイブリッド機構は用いず、往年のスーパーカーらしい大排気量の自然吸気エンジンにこだわった。」

もちろん、現代的な味付けもある。

「同社初の電動パワーステアリングや、電子制御による挙動制御や後輪操舵(そうだ)システムといったハイテクを採用。」

しかし、スマホにモーターとタイヤ付けて自動車と名乗っているような時代に、何たる潔さ!。

「エンジン前置きの後輪駆動ならではの古典的なロングノーズ・ショートデッキのスタイリングをベースに、「365GTB/4」(1968年)を思わせる丸目4灯のテールランプなど過去の名車のディテールも盛り込んだ。」

ノスタルジーをくすぐるディテイルにも抜かりはない。

そうはいっても、このクルマにだって、電子制御はテンコ盛りのはずだ。

ふつーのドライバーが800馬力を乗りこなせるはずはない。

要所要所で、上手に介入して、そう簡単には破たんしないような仕掛けになっている。

ターボや電気モーターを一切使わずに、地球の大気圧と素のエンジンだけで、この手の市販車を作ることが出来るのは、フェラーリとランボルギーニ位になった。

そういう意味でも、貴重な1台だろう。

4せんまんえんと、いいお値段が付いていて、浮沈子とは無縁のクルマだ。

神と崇めるほかはない。

「812スーパーファスト」

年内にデリバリーが始まるようだが、ベルリネッタとどこが違うかが、良く分からないんだがな・・・。

(フェラーリ・812スーパーファスト)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BB812%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%B9%E3%83%88

「2017年はフェラーリ創業70周年」

「2017年5月23日に日本で初公開された」

(800psの「フェラーリ812スーパーファスト」が日本上陸)
http://www.webcg.net/articles/-/36441

「フェラーリ史上最もパワフルかつ最速のロードゴーイングカー(ミドエンジンおよび限定車を除く)とうたわれる。」

「基本的なプロポーションはF12から受け継いでいるが、リアスポイラー後端が30mm高くなったハイテール、より彫刻的なサイドビューなどによって、一段とアグレッシブな印象を受ける。」

「2720mmのホイールベースはF12ベルリネッタと同じ。全長×全幅×全高=4657×1971×1276mmというスリーサイズはわずかに大きいものだが、1525kgの乾燥重量はF12ベルリネッタと変わらない。」

パッと見じゃあ、区別が付かないんじゃね?。

火星探査車2017年05月23日 12:53

火星探査車
火星探査車


人類が火星に行くなどもってのほか!。

そう公言してはばからない浮沈子も、SF映画とかで宇宙人が出てくるとドキドキするし、今回の記事のように、火星で人間が操縦する(たぶん)探査車が登場すると、興奮してしまう!(たんじゅん・・・)。

人の作りし物の、どうしようもない魅力には勝てない!。

(未来の火星探査は「バットモービル」で? NASAの見学施設内に探査車が登場)
https://www.businessinsider.jp/post-33538

しかもだ、このバットモービル(!)は、前後に2分割されるという。

「NASAは探査車の特徴に関していくつかのパラメーターを与え、さらに「宇宙飛行士4人で、調査、探索、テストサンプル採取を行える程度の小型偵察車」もしくは「完全な研究室」という2つの考え方を示したという。」

「2つの目的を両方叶える車を思いついたんだ。中央で区切られていて、後方部分は完全な研究室、前方部分は偵察に出るための操縦室。研究室の部分は切り離すこともでき、そのまま独自に研究を続けられる。そうすれば探査車は軽くなるので、燃料をあまり消費せずに任務を行える。後で戻ってくればいい」

ちなみに、火星の大気は薄いので、コウモリは飛ぶことが出来ない。

もちろん、二酸化炭素だけの100分の1の大気圧では、生きることも出来ない。

でもな、そういうことは、どーでもいーのだ。

頼むから、自動運転だけはやらないでくれ!。

人間が操縦する探査車であって欲しいな。

黄昏のオープンカー2017年05月21日 23:14

黄昏のオープンカー


別に、屋根を取っ払って走れるクルマが売れてないとか、そういう話じゃないんだがな。

陽が落ちてから、03ボクスターを疎開先へ移動、代わりに、83タルガを手元に持ってくる。

入れ替えというやつ。

今週中に、懸案のファンベルトの交換(予定)。

エンジンを乗せ換えているので、実車がないと出来ないそうだ。

で、持ってきたわけだな。

ついでに、ボディの歪みをチェックしてもらうことに。

ちょっと引っ張るかもしれない。

大出費だが、それで治れば上等だ。

ああ、それにしても、マニュアルの83タルガは、走っているだけで面白いな。

クルマとお話ししながら運転しているような気分だ。

濃密な会話を楽しむ。

03ボクスターは無口だ。

走っていて、クルマのことを意識することがない。

オートマだし・・・。

パワステだし・・・。

エアコンあるし・・・。

幌は電動だし・・・。

そんなもんは、なんもついていない83タルガは、いろいろ手間を掛けないと、思うように動いてはくれない。

それが、またいい。

癒しの03ボクスターと、やんちゃな83タルガ。

でもなあ、そうでもないんだよなあ。

空冷エンジンのスムーズなふけ上がりとかは、83タルガも負けてはいない。

昨日は、墓参りに500Eを転がしたから、2日で3台を乗ったことになる。

半世紀以上お世話になった石材店が廃業して、更地になっていたっけ。

事前に紹介されていたお店に、初めて顔を出して、今後のことを少し話した。

既に亡くなった恩師が言ってたっけ。

人間、歳取ると、墓の話と病気の話しかしなくなるって・・・。

まあ、どうでもいいんですが。

あと、何年生きられるか分からないが、浮沈子の乗るクルマは、確実に浮沈子よりも長生きしそうだな。

人の作りしものだからな、いつかは壊れて動かなくなるが、その前に作った人の方が動かなくなる・・・。

まあいい。

人もまた、人の作りしものだからかあ?。

夜風に当たって、少しひんやりする。

それでも、20度は超えている。

北朝鮮からミサイルが飛んできたり、米軍の空母が2隻も日本海に入ったり、きな臭い様相だ。

(韓国軍 北朝鮮発射ミサイルは「北極星2型」か)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170521/k10010990111000.html

「北朝鮮は21日夕方、西部から弾道ミサイル1発を東に向けて発射し、ミサイルは高度560キロまで上昇して、500キロ余り離れた日本海に落下しました。」

(米空母 日本海で異例の2隻展開へ)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170519/k10010988341000.html

「原子力空母カール・ビンソンに加えて、ロナルド・レーガンを近くの海域に向かわせ、空母2隻による合同の演習を計画していることが国防総省の当局者の話でわかりました。」

複数の空母が展開しているということは、臨戦態勢を敷いていることになる。

演習という名目だが、一触即発だな。

もう1隻、太平洋側に配置されれば、開戦ということになる。

いや、それは既に常時展開しているわけだしな。

(訪米時の中曽根康弘元首相「不沈空母」発言を記録)
http://www.sankei.com/world/news/170112/wor1701120029-n1.html

「1983(昭和58)年1月に訪米した中曽根康弘首相が、米紙ワシントン・ポスト社主との朝食会で「日本列島を不沈空母のように強力に防衛する」と述べたと記録されていた。」

国内の米軍基地が北朝鮮のミサイルの標的になっているのも、当然の話だ。

毎回のように、我が国に向けてミサイルを発射しているわけだからな。

報道では、「東に向けて」とか言って、胡麻化しているがな。

たまには、西に向けてぶっ放して欲しいな。

そしたら、中国も、もう少し真剣に考えるだろうしな。

いい気分の初夏の宵だったのにな。

ぶち壊しだ。

変な国が隣にあると、気が滅入るな。

韓国の人々は、もっと大変だろう。

親北政権が誕生したのに、これじゃあ話にも何もならんからな。

国家は、人の作りしものだ。

そして、それはいつか壊れて動かなくなる。

長いか、短いかの差しかない。

83タルガと、どっちが持つかな・・・。