朝のボクスター2017年12月02日 11:01

朝のボクスター
朝のボクスター


土曜の朝に、早起きしてボクスターで第三京浜を流す。

もちろん、オープン。

久々だなあ・・・。

冷え冷えとした空気を切り裂いて進む。

シートヒーターと暖房全開。

屋根は明けたが、サイドウインドウは閉めて走った(軟弱・・・)。

このクルマ、走らせることにかけては、何のストレスもない。

るるるるるるるるるうううううぅぅぅぅーーーーー・・・・・。

遠くで聞こえる排気音も、心なしかさぶそうに聞こえる。

12月だからな。

もう、冬といっても誰も反対はしない。

今年は、どこかへ行ってしまった秋の名残を求めて走る。

保土ヶ谷でUターンして、ちょこっとJ-AUTOに寄って帰ってきた。

保土ヶ谷での朝飯は、カツカレー(朝っぱらからあ?)。

ドリップのコーヒーを飲みながら、EVの急速充電気を見学したりする。

保土ヶ谷は、まだ、1台分だけで、30分が充電時間の限度だ。

時代は、まだ、EVじゃない。

いいとこ、PHVまでだな。

それも、見栄で乗るクルマだ。

個人がふつーに乗るクルマで、新車価格の差を、ガソリン代で取り戻せるHVも存在しない。

どーせ、国産の普及車両は、10年経ったら廃車にする使い捨て商品だからな。

ガソリン車(HV含む:もちろん、ノートeパワーも含む)で沢山だ。

特に、国内の道路事情を考えたら、軽自動車がちょうどいいのではないか。

新車販売の半分は軽らしいからな。

消費者は、ちゃんと分かっているのだ・・・。

J-AUTOからの帰りも、途中から屋根を開けて走る。

やっぱ、オープンだな。

まあ、だからといって、コペンとかS660にする気はない。

「人はパンのみにて生くるにあらず」だ。

(誤用の聖書知識:誤用3参照)
http://www2.biglobe.ne.jp/remnant/045goyouno.htm

「人が生きるのは、物質的なものだけによるのではない。人は神の御言葉に養われて、初めて本当の意味で生きることができる、というのがこの聖句の意味なのである。」

03ボクスターは、散文である。

その中に、神の御言葉がちりばめられているようには思えない。

しかし、ひょっとしたら、小さく聞こえる排気音の中に隠されているんじゃないかと、屋根を開けて耳を澄ませる。

るるるるるるるるるうううううぅぅぅぅーーーーー・・・・・。

限りなく透明に近いブルーの空の下を、神の啓示を求めて、ひたすらに走る・・・。

やっぱ、だめだなあ。

(縁なき衆生は度し難し)
http://kotowaza-allguide.com/e/ennakisyujyou.html

「「縁」とは、仏教とのつながり、仏縁の意。
「衆生」とは、すべての生物のこと。
「度す」は、仏が悟りの境地に導くという意。」

「すべての生物に慈悲深い仏であっても、仏の教えを聞く機会がない者、信じようとしない者は救うことができないことから。」

聞く耳を持たないものには、どんな宗教も効き目はない。

悟りを啓くのは潔く諦めて、ただひたすらに、走らせることだけを楽しもう。

このクルマに乗っていられるのも、そう長くはないのだから・・・。

PHV対EV2017年12月01日 22:45

PHV対EV
PHV対EV


昨日、近所のトヨタと日産の販売店をハシゴして、プリウスPHVとリーフを試乗した。

前々から乗りたかったが、ちょっと忙しかったりして、機会がなかったしな。

トヨタは、数日前から予約してたが、日産は当日の試乗申し込みで乗った。

まずは、PHVから。

といっても、試乗車はたっぷり充電してあって、エンジンは1回転もしていないから、トヨタ製のEVに乗っただけだな。

タイヤは、ネット上の試乗記ではボロクソに書かれてる17インチではなく、ノーマルの15インチだ。

グレードは、Sに若干のオプションが付いている程度。

試乗した感じは、やはり重さを感じないわけにはいかないが、下道走る試乗コースでは、何の問題もない。

アクセルやブレーキに気を使うこともない。

トランクルーム下にバッテリーをしこたま(120kg)積んでいる関係で、高さのある荷物を積むことは出来ない。

インスピレーションの箱は積めない。

まあ、後席に押し込んじまえばいいだけの話だ。

その後席は2人掛け。

拘る方は拘るところだ。

乗り出し価格で、400万円のクルマだからな(屋根の太陽電池付きで、一応、見積もり出してもらいました)。

そんだけ出すなら、新型のカムリ買った方がいい。

(カムリ試乗)
http://kfujito2.asablo.jp/blog/2017/08/21/8652801

PHV5年間乗ったら、下取り価格は100万円を切る。

バッテリーは使い物にならないしな。

ひょっとすると、エンジンなんて、回ることはないかもしれない。

カタログ上は、満充電して、60km以上走るそうだ。

話半分として、都内を走り回って、行った先で充電できれば、電気自動車として使うことが出来る。

まあ、実際に買う気はないし、一応試乗してみただけ。

せっかくだから、乗り比べたくなって、日産に電話して、いつも試乗しかしない客と見透かされているので、遠慮なく申し込む。

先代のリーフ、ノートeパワー、今回の新型リーフと試乗している。

(ノート e-POWERに試乗)
http://kfujito2.asablo.jp/blog/2016/11/26/8260831

乗り出してすぐに、PHVより、こっちの方がいいと感じた。

乗り心地、加速感、クルマの挙動、全てが洗練されていて、比較の対象にならない。

航続距離がカタログ上で400kmになったので、都内を走り回るなら、充電の心配をしなくてもいいし、充電環境も、徐々に整ってきたので、行った先でもなんとかなる可能性は高い。

名古屋日帰り往復とかは、さすがに考えてしまうけど(往復750kmくらい)、東伊豆くらいなら行けるだろう。

気のせいか、座面が高くて、ゆすられ感を感じた。

従来と同じくらいの電池(300kg)を床下に積んでいるはずなので、重心は十分低いはずなんだがな。

ドラポジは、PHVの方が自然に感じる(プリウスと同じだしな)。

リーフは、着座姿勢が立っている感じだ。

まあ、慣れの問題だろう。

航続距離400kmといったって、エアコン使ったり、それなりに活発に走れば、せいぜい250kmだし、3年も乗っていれば、すぐに200kmも走らなくなることは分かっている。

荷物をしこたま積んで、アクセルをスイッチのようにペタンと踏み込んで走っていれば、すぐになくなる(まあ、電気自動車だから、スイッチで間違いないんですが)。

クルマとしての評価なら、断然リーフだろう。

積載量も、全く問題ない。

5人乗りだしな。

どういう風にクルマと付き合っているかによる。

こっちの値段も出してもらった。

同じく400万円。

マトモな電気自動車としては、破格な値段だ。

もちろん、5年後の下取り価格は期待してはならない。

400万円の値段のうちの、300万円は電池の値段だからな。

5年乗ったら、電池交換するしかない。

下取り価格は、当然、100万円を切ることになる。

まあいい。

そういうことを考えて乗るクルマじゃない。

5年経ったら、乗り捨てるクルマだ。

現世利益を追求して乗る。

来世のことは考えちゃならねえ・・・。

400万円で、見栄張って乗る。

まあ、どっちも、見栄張る程のクルマじゃないけどな・・・。

電動トラック2017年11月26日 17:45

電動トラック


浮沈子の近所にも、電動トラックが走っている。

もう、何年も前から。

別に夢を見ているわけじゃない。

三菱製のミニキャブが、宅急便を積んで走り回っている。

しかし、テスラが発表したのは、ドデカイトレーラーヘッドだからな。

(テスラが発表した電動トラックは、イーロン・マスクにとって「大きな賭け」になる)
https://wired.jp/2017/11/19/tesla-truck-revealed/

巨大なバッテリーを積んで走るトラック(トレーラー)。

浮沈子は、このクルマが成功するのは難しいだろうと考えている。

その理由は2つ。

1つは、バッテリーの重量だ。

詳細は分からないが、例えば日産リーフには、300kgのバッテリーが積まれている。

テスラのトラックが、どの程度の重量のバッテリーを積むことになるかは分からないが、800km走行可能なモデルでは、少なくとも10トンは必要になるだろう。

そして、バッテリーが減って空になっても、その重量は変わらない。

無駄な荷物を、ずっと積み続けている。

それは、構造的な欠陥になるだろう。

もう一つは、相変わらず充電時間だ。

急速充電すればいいというが、そんなことばっかりやっていたら、あっという間にバッテリーがヘタってしまう。

商業トラックの場合、イニシャルコストと共にランニングコストが重要だし、運用の自由度が制限される充電時間というのはネガティブな要素だ。

このシステムを成功させるためには、それを補って余りあるメリットがなければならない。

公共による規制もその後押しをするだろう。

電気自動車でなければ、施設に入れないような排除をすれば、そうせざるを得ないしな。

一定割合だけ、ゼロエミッションを導入するということでは、効果は限られる。

まして、世界的に展開するなどというのは来世紀の話になる。

所詮、実験的に導入されて、性能が伴わず消えていく運命にあるんだろう。

こんな話もある。

(三菱ふそうの電動トラック「eCANTER」をセブン-イレブンとヤマト運輸に導入)
https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1087251.html

「1回の充電あたり100km以上走行できる」

これが、電動トラックの現実的な性能だ。

バッテリーの重量は問題だな。

「1個あたりの容量は11kWhで重量はケース込みで約120kg。車両のフレーム両端に2個ずつ4個、ディーゼル車ではエンジンがあったキャブ下後方に2段重ねで2個の計6個を搭載している。」

3トン車のトラックで、バッテリー重量だけで720kg。

ディーゼル車の場合では、燃料タンクは100リッターだからな。

運用上、充電時間がネックになるかどうかは知らない。

それは、たぶん、ディーゼル車でカバーすることになるんだろう。

しかし、住宅街を深夜早朝走り回ることがあるデリバリー車両を電動化する意義は大きい。

そういう点では、ラストワンマイルを電動化していく流れはある。

回生エネルギーによるメリットも発揮しやすい。

しかしなあ、長距離トラックの電動化は、話題性はあっても実用性はどうかな。

現状は、その運用を支援するインフラはゼロだからな。

テスラ内部の需要を賄って、以上終わりにならないか、マジで心配になる・・・。

718ボクスタースパイダー2017年11月26日 03:13

718ボクスタースパイダー


うーん、718を出した時に、4気筒というダウンサイジングを飲ませるために、古い記号(718は、基本4気筒のレーシングマシンだからな)を引っ張り出してきたはずなのにな。

その記号をそのままにして、GT3のエンジン積むのは、いくら何でもマズいんじゃね?。

(718ボクスター・スパイダー ターボを選ばず?)
https://www.autocar.jp/news/2017/11/22/250520/

「その心臓部には、最新型911GT3のフラット6自然吸気エンジンが搭載される見込みだ。」

「ポルシェのカスタマーは自然吸気に想い入れがあります」

「自然吸気の高回転型エンジンなら、どんなターボユニットよりも、スロットル・レスポンスと応答性の面で有利だと考えています」

718が出た時に、エンジン前方には余裕のスペースがあった。

まあ、想定の範囲内とはいえ、露骨な対応だな。

GTSを買った人は、恨んでも恨みきれまい・・・。

(ポルシェ、718 GTSシリーズの日本での価格発表。993万円から)
https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1092303.html

「新開発のインテークダクトと最適化したターボチャージャーを採用する水平対向4気筒 2.5リッターターボエンジンを搭載し、最高出力は269kW(365PS)、最大トルクは430Nm/1900-5000rpmを発生。」

4気筒で、いくら弄っても、6気筒の魔力には勝てない。

あのGT3のエンジン積んでこられちゃ、勝負にならんでしょう?。

(次期ポルシェ(718)ケイマンGT4は自然吸気エンジン継続、PDKも選択ができる模様)
http://intensive911.com/?p=93183

(ポルシェ ケイマン 史上最強「718 RS」、400馬力で2018年発売か)
https://response.jp/article/2017/07/18/297524.html

GT3のエンジンをデチューンして、MRポルシェのトップモデルに押し込むという、安易で美味しい方法だな。

そもそも、911のターボモデルというのは、ボディ後部の張り出しを大きくして、ぶっといタイヤを履かせてエンジンの強大なパワーを受け止めるようにしたものだ。

現行では、それだけでは足らずに、全て4輪駆動にしている。

が、しかし、基本的なところはノーマルモデルと変わらない。

バリエーションなわけだ。

こういう使い回しのうまさは、P社の得意とするところで、GT3のエンジンを押し込むことくらい、わけはないだろう。

それにしても、アコギなやり方に見えるのは、浮沈子だけなのかあ?。

自然吸気6気筒水平対向エンジンという、ポルシェにとってはレジェンドなエンジンを搭載したモデルをトップに持ってくる手法を、いつまで継続するつもりなのか。

どこかで4輪駆動にして、6気筒ターボモデルを突っ込むのか。

早くしないと、みんな電気自動車になって、6気筒ってなーに?的状況になっちまうかもよ・・・。

詩と散文2017年11月25日 23:46

詩と散文


83タルガに乗って、夜のしじまを突いて走る。

疎開先の03ボクスターと入れ替える。

2か月近く放置していたけど、かろうじてバッテリーは生きていて、エンジンが嫌々掛かった。

あぶねー・・・。

ボッシュのディープサイクルバッテリーの有難みを噛み締める。

ポルシェは、2台ともそれにしてある。

一応、ジャンプコードは持ち歩いているから、上がっていれば始動させることは可能だが、ディープサイクルでないと、その後の充電ができない(確認済み!)。

まあ、こまめに回してやるのが一番いい。

今日は、所有する3台を一気乗りした感じだが、ビジネス文書の500Eの後に83タルガを乗ると、ポエムチック(ポエティック?)な気分に浸れる。

間違いない、これは詩だ・・・。

実用にはならないが、心を豊かにする走りだ。

リッター7kmを切るしょうもない燃費や、癖のあるハンドリング(パワステなんてものは付いてないしな)、重いクラッチに、もそもそしたシフトレバー、エアコンはないし、エンジン載せ替えてあるゲテモノだ。

しかし、そのカレラの3.2リッターエンジンは滑らかに回り、気分を高揚させる。

チープな足回りは、簡単に破たんするので追い込んだりしてはいけない。

浮沈子の技量では、コントロールできないからな。

ドアンダーのまま、転がすしかない。

それでも、軽やかな回転に身を委ねていると、心が洗われるような気がする。

機械の神様に愛でられたエンジンだ。

二度と作られることがない空冷水平対向6気筒エンジンの、とろける様な乗り味を楽しむ。

歌うようなその響きを聞きながら、このクルマだけは手放せないとつくづく思う。

このクルマから降りる時は、自動車から降りる時だ。

終(つい)のクルマだな。

疎開先の駐車場で、03ボクスターのエンジンを温め、乗り替えて走り出す。

もちろん、オープン!。

何かと我慢を強いられる83タルガと異なり、オートマ、パワステは当たり前、エアコンもビンビンに効くし、シートヒーターまで付いていて、至れり尽くせり。

エンジンはもちろん水冷水平対向6気筒。

最近のエンジンのように、なんちゃってターボで加給とかしていない、地球の大気圧に依存する自然吸気エンジンだからな。

Sじゃないノーマルのボクスターだ(SじゃないけどMでもないぞ!:子供は分かんなくていいです!)。

228馬力のエンジンは、必要にして十分なパワーだ。

しかしなあ、滑らかなだけで、パンチが利いていないことも確かだ。

シュンシュン回るだけで、怒涛のパワーはそこにはない。

回せば回しただけのパワーを出すが、それでおしまいだ。

情緒に欠ける。

パッションがない。

盛り上がらないのだ・・・。

散文と形容する由縁だな。

理詰めで、納得はするが、心を癒す力はない。

もちろん、フルオープンにして走らせるだけでも、気持ちはなごみ、心に効く走りを味わえることは確かだが、癒しまではいかないな。

カタルシスがないのだ。

MRだからかもしれない。

ハンドリングは素直で、運転が上手くなったと錯覚する。

単に、クルマに乗せられているだけなんだがな。

限界が低い分、安心して乗っていられる。

いいクルマだ。

何処にも欠点はない。

つまらないとは言わないけど、飽きが来ることは確かだ。

いろいろ弄れば、それなりに楽しいかもしれないが、そういう趣味はない。

吊るしのクルマで十分だ。

このクルマは、乗って走ることを目的化してはいけないんだろう。

道具として、使い倒さなければならない。

デートカーとしては、最高かもな。

一応、ポルシェだしな。

オープンだし・・・。

エアコン効くし・・・。

次のオーナーがどういう乗り方をするかは分からないが、それなりに楽しめる素材だ。

散文か・・・。

誤解のないように書いておくが、悪いクルマではない。

浮沈子的には、欠点らしい欠点は見いだせない。

しいて言えば、それが欠点ということになる。

優等生的にちんまりと纏まって、破たんがない。

83タルガとは対極にありながら、ポルシェの衣を纏っている・・・。

アクセルを踏んだ時の力の掛かり方、ハンドルを切った時の反応、ブレーキを蹴とばした時の利き具合は、間違いなくポルシェの文法に則っている。

スポーツカーを作り続け、スポーツカーの基準を示し続けているメーカーの、それは意地のようなもんだろう。

パワートレインが何であれ、ハンドルのアシストがどうであれ、ドライバーの血管にアドレナリンをぶち込む術を心得ている。

今夜の走りは、そういう走りではない。

穏やかに、初冬の夜風をやり過ごしながら、エンジンやタイヤの音に耳を傾け、静かに語り合う時間を過ごしただけだ。

詩と散文。

ビジネス文書とは異次元の世界。

浮沈子とポルシェが綾なす、幽玄の世界・・・。