ソフノダイブ注文2017年08月09日 15:13

ソフノダイブ注文
ソフノダイブ注文


小笠原用のソフノダイブを注文する。

5箱(1箱2本入りなので、10本)。

インスピが動かないときのことを考えて、全部ポセイドンでも対応できる体制を取る。

逆もあるしな。

インスピ用のソフノライムは、神田で入手可能だ。

20kg一缶あれば十分だろう。

着々と進む準備。

酸素とディリュエント以外は、タンクも含めて全て持ち込む。

ベイルアウト用のタンクは用意してくれるようだ。

考えてみれば、もう、来月の話になっている。

タイから帰ってきたら、速攻で荷物を送らなければならない。

くそ暑い中、今日は電車でフィットネスに行った。

最高気温は12時過ぎに37.1度を記録したという。

べらぼーめ・・・。

午後2時の気温は、少し下がって(!)35.2度だそうだ。

表にいると、頭がボーっとしてくる(まあ、いつものことですが・・・)。

水泳教室では、バタフライのキックを徹底的に練習する。

第一キックと第二キックは、形は同じだがタイミングと体勢が違うと教わる。

大塚センセのお手本では、第二キックは、相当遅いタイミングで打っている。

上半身が浮上体勢になって、足が下に下がった時に打つ。

手が付くと、そのタイミングで浮上できるわけだな。

浮くためのキック。

関節の自由度がない初心者向け(つまり、ジジババ向け)の教え方になる。

第二キックのタイミングと、手の回し方のタイミングをシンクロさせないと、空中を腕がブン回ることはない。

今日は、まだ、手は付かなかったが、意識はさせられていた。

来週は、いよいよ手が付くことになる(たぶん)。

蝶は、華麗にはばたくことができるのか、芋虫のまま、水中をはいずり回るだけになるのか。

今日の感じだと、第二キックの後、完全に頭が出るところまで行ったから、腕で搔いていれば、肩が水面に出ることは間違いない。

そこから腕が回るかどうか。

左肩の痛みが、今年の春先から続いていて、寝返りを打つたびに目が覚めている。

平泳ぎならそうでもないが、クロールは用心しながら掻いている。

バタフライの手は、両手で同時にクロールしてるようなもんだからな。

鍵穴のような形を水中に描かなければならない。

陸上でやろうとすると、肩がゴリゴリと音を立てる(実際に音はしませんが)。

まあいい。

それは、来週の話だ。

涼しいレストランで、暑さを避けながら書いている。

天井に反射して、離れた席の話し声がハッキリ聞こえる。

高らかな笑い声、にぎやかな会話・・・。

素敵な時間を過ごしているに違いない。

そろそろ部屋に戻って昼寝でもしようか。

水泳教室の後、少し泳いだ。

平泳ぎとクロールだけ。

ゆっくり、確認するように泳ぐ。

ババ達は、浮沈子の水着が変わったことは気にも留めなかったようだ(ホッ)。

今日は、生徒さんは8人。

人数が多いから、少しは楽が出来るかと思ったが、全員やる気満々で、消費カロリーはいつもと同じだ(水泳教室用の活動量計を着けている)。

450kcal。

脈拍だけ見てるからな。

たぶん、テキトーだ。

普段の水泳で、どのくらい消費しているかは分からないが、たぶん同じくらいかもしれない。

少なくとも、倍は消費したいんだがな。

体重は、1kg戻ってしまった。

水分補給をこまめにしていたから、その程度の誤差は出る。

運動で減る分など、僅かなものだ。

今朝はハムエッグ朝食。

割引券とセットメニューで、410円で暖かいドリンクバーも付ける。

しかしなあ、ハムエッグに味付け海苔とみそ汁というのはなあ・・・。

ご飯だし・・・。

まあ、どうでもいいんですが。

食後にカフェモカ啜りながら、今日の英気を養った。

バタフライか。

夏の泳ぎだな。

まだ、芋虫のままだけどな・・・。

トンボ2017年08月06日 16:33

トンボ


以前に書いたような気もするし、今日、初めて意識したような気もする。

CCRと電動アシスト自転車は似ている・・・。

そう思ったきっかけは、古い宮田のママチャリを漕ぎながら、ふと空を見上げると、青い空に白い入道雲を背景に、1匹のトンボがいつまでも浮沈子の頭上を飛んでいたのを見たことによる。

これ、CCRでダイビングしてた時の、チョウチョウウオと同じなのではないか。

日陰を求めて、浮沈子の身体の下を、ずーっと泳ぎ続けていたっけ・・・。

電動アシスト自転車は、いわゆるふつーの自転車に電気仕掛けを施したハイブリッドの自転車だ。

電気仕掛けがあることはCCRと共通しているけど、呼吸ガスを水中でミックスして製造するという仕掛けは、一定のガスをタンクに詰めて、水中で吸うだけというオープンサーキットとは異なる仕様だ。

もちろん、減圧弁とマウスピースは別途付いているから、仕掛けが壊れても少しの間ならオープンサーキットとしてベイルアウト用のガスを吸うことは出来る。

電池が切れた時の電動アシスト自転車も、メチャ重いふつーの自転車として漕ぐことは出来る(何度、そういう目に会ったことか・・・)。

似てると言えば似ているが、まあ、こじつけに近い。

それでも、バイクとかと違って、静かに移動するその姿を見て、トンボが何かと勘違いした可能性はある。

(トンボ)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%9C

「空中で静止(ホバリング)することもできる。」

「自分の体重分の採食を30分で行うことができる。」

いくら大食いといっても、浮沈子はそれ程豪快には食えないな。

「小さな石を糸の両端に結びつけ、これを投げ上げる方法も伝えられている。トンボが小昆虫と間違えて接近すると糸が絡まって落ちてくる、というものである。」

試したことはないけど、複数のページで紹介されている。

電動アシスト自転車で走るのを見て、まさか、獲物とは思わないだろうが、ひょっとしたら留まるところを探していたのかもしれない。

「脚は捕獲するために使用されるが、歩行するのには適していない。トンボは枝先に留まるのに脚を使う他は、少しの移動でも翅を使って飛ぶことが多い。」

(赤とんぼ (童謡))
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%A4%E3%81%A8%E3%82%93%E3%81%BC_(%E7%AB%A5%E8%AC%A1)

「夕やけ、小やけの、
赤とんぼ。
とまっているよ、
竿の先。」

別に、浮沈子が変なものを出していたわけではない(子供は、分かんなくていいです!)。

夏の空にトンボが飛んで、電動アシスト自転車に乗って、それを見上げてCCRを連想するというのは、十分にヘンタイだがな・・・。

テクニカルダイビングとリブリーザー2017年08月03日 07:45

テクニカルダイビングとリブリーザー
テクニカルダイビングとリブリーザー


昨年、名古屋のダイビングプールでリブリーザーの体験会に参加した話は、既に書いた。

(リブ体験会)
http://kfujito2.asablo.jp/blog/2016/10/23/8234731

「TDIでは、リブリーザーたるものは、全て、テクニカルレベルで扱う」

ややっこしい機械だし、テクニカルダイビングをベースにしている指導団体だから、そういう区分けもアリかもしれない。

PADIのように、レクリエーショナルダイビングを推進してきた指導団体では、従来からテクニカルに限らずにリブリーザーを使わせてきた(ドルフィンなどのSCRですが)。

2012年からはCCRを改造して、酸素のマニュアルインフレーションをさせない仕様にしたり、BOVを必須にするなど、安全性を向上させて導入もしている。

フルスペックのCCRとの差別化で、リスクマネージメントを行ったわけだ。

その分、教えることも簡略化して、いいとこ取りをしたことになっている。

しかし、トラブルは同じ機械だから公平に出るわけで、その際の対応としてはベイルアウトというスキルで凌ぐことになる。

リブリーザーの場合は、呼吸回路という浮力体が余分についているから、BCやドライスーツに加えて、もう一つの浮力コントロールが加わることになり、難易度は上がる。

なんだかんだいっても、ややっこしい器材であることに変わりはない。

ダイビングにある程度習熟していなければ、扱い切れる器材でないことは確かだ。

それに加えて、リブリーザー特有の知識、経験、スキルを要求される。

TDIがテクニカルダイビングとして位置付けているのも分かる気がする。

レクリエーショナルレベルでの使い勝手がいいかどうかは、潜る環境を踏まえて、総合的に考えるしかないけど、あっさりオープンサーキットで潜ってしまうのが正解かもしれない。

ナイトロックス詰めて、サイドマウント2本差しして、酸素の小瓶を持って、軽い減圧停止を行うことを前提としたテクニカルダイビングの方が、気軽だし、潜水時間も十分長くとれるし、酸素吸って上がってくれば身体にも優しい。

泡が出ないとか、湿った暖かい呼吸ガスとか、無限圧潜水時間が長いとか、未来の潜水器とかいう宣伝文句はあるけれど、浅く明るく暖かい海でのちょっとしたレクリエーショナルダイビングでは、それ程の違いはないだろう。

そもそも、CCRに特化したダイビングサービスを提供してくれるところが、まだまだ少ないということもあるしな。

3時間潜りっぱなしとか、泡吐くと逃げちゃうターゲット狙いのダイビングとか。

そういうダイビングサービスが増えてくれば、もっとCCRが普及してくるかもしれない。

そんなコアなダイビングでなくても、CCRで潜ると、水中世界が違って見えることは確かだ。

周りの生き物たちは、たぶん、ダイバーとはみなしていないに違いない。

ちょっと大きめの魚か、丸太くらいに思っているんだろう。

十分慣れたら、深度を維持してゆっくり泳ぎ続けて、ディリュエントの消費少なく、綺麗なプロファイルのダイビングを楽しめるようになる。

もちろん、酸素の消費については、全く問題ない。

ディリュエント側については、いろいろ対策もあるしな(ベイルアウトからBCに給気しちゃうとかあ?)。

まあいい。

トリムをちゃんと取れるように、ウエイトやBCを調節、選択して、フィンキックでごまかさなくてもいいようにしておくことは、極めて重要だ。

酸素やディリュエントの消費にも影響する。

ミニマムループボリュームを維持するように、習慣づけておくことも大切だしな。

そういうことは、しかし、ダイバーが重大なリスクを負うことを納得した上で行うテクニカルダイビングとは異なる。

単に、ややっこしい器材を操るスキルの問題だ。

そして、レクリエーショナルダイビングの大前提である無限圧潜水、直上浮上可能な環境であれば、そのリスクは同等になる(全く同じではない)。

うーん、浮沈子的には、レクリエーショナルダイビングでの普及を期待したいんだがな。

ふつーのスペシャルティ(パディ語)かといわれれば、それとはちょっと違うような気もするしな(サイドマウントも同じですが)。

ヘンタイダイバー御用達(ごようたし)の洞窟潜水とか、本格的なペネトレーションを行うレック(沈没船など)潜水とも異なる。

ダイビングの多様性の中の、一つのカタチ。

メリットも、デメリットもあり、それらを踏まえて楽しむダイビングの新しい形だ。

ふつーのダイビングとは、ちょっと異なる世界を覗いてみたい、扱いづらさや価格の高さを承知で、その独特の水中世界を楽しみたければ、テクニカルダイビングに伴うリスクを負うことなく、ややヘンタイダイビング(意味不明)を行うことが出来る。

ハッキリ言って、重くて、高くて、めんどくさくて、手軽ではないけど、使いこなせれば、その自由度はハンパない。

その意味でも、器材を持ち歩かないで済むレンタルとかが普及して欲しいな。

メンテナンスをきっちりしてある、信頼のおけるレンタルシステムが世界中に出来れば、そこに行ってチェックしてプレブリージングして潜るだけでいい。

そういうシステムとか、陸上での取り回し(着たり、脱いだり、プレブリージングする際の環境含めて)の整備が望まれるところだ。

激流の中を必死で獲物を求めて泳ぎまわったり、減圧停止ギリギリまで粘るようなディープなダイビングには向かない(まあ、個人の好みもありますが)。

浅く、明るく、暖かい、流れの少ないところでの、まったりとしたダイビングがいい。

11月のセブでのダイビングが楽しみだな・・・。

グアム雑感2017年08月01日 07:20

グアム雑感
グアム雑感


日本に帰ってきてから、グアムの事を思い出す。

昨日のことのように・・・。

まあ、昨日帰って来たんですが。

数々の失敗と、それをフォローしていただいたことだけが、反省として残る。

一人では、何もできない浮沈子。

でも、それは仕方ない。

徐々に経験を積んで、独り立ちしていくしかないのだ。

その期間が終わるのと、ダイビング人生が終わるのと、どっちが先か。

それが問題だがな・・・。

不味かった点:
・デジカメの充電コードを忘れたこと
・電気髭剃りを忘れたこと
・ビーチダイビング用のブーツを忘れたこと(オープンヒールのフィンを含む)
・マニュアルインフレーターホースの整備を怠っていたこと(ディリュエント側)
・ブラダーのバンジーを点検していなかったこと
・その他もろもろ

良かった点:
・いろいろ試して、3mmシーガルでのベストバランスを確認できたこと(ウエイトベストに2ポンド玉を4個、タンク頭頂部に2ポンドずつ:フルフットフィンの場合)
・デジカメの充電を3DAで出来たこと
・ペトレルを回収できたこと
・ミニマムループボリュームの感覚を取り戻せたこと
・ブラックチップシャーク、ウミガメ、マダラトビエイを見ることができたこと
・陸上で、土砂降りの雨がやんでからホテルに戻ることが出来たこと
・その他もろもろ

その他もろもろの中には、ホテル近くのサブウエイがなくなって、ベトナム料理の店が新しくできたこともある。

水族館でのクイズは、1問だけ間違えた(タツノオトシゴの産卵は、メスだけです:オスが子供を産むのは、何て言うんだあ?→産出)。

ミクロネシアモールからの帰りのルートを発見。

南回りではなく、ショッピングモール間を巡回するシャトルがある(白い、小さなバス)。

1日券(12ドル)を買うと、乗り放題。

帰ってから荷物のパッキングをしなければならなかったので、何度も乗れなかったけど。

GPO(グアムプレミアムアウトレット)から帰って来る時には、土砂降りの雨がやんでいてラッキーだった。

傘を持たずに、雨季のグアムをうろつくのは考え物だな。

パッキングは、部屋からロビーまでは4分割にして下ろし、ロビーで詰め替えて2個にした(上げる時に、階段から落ちたからな)。

23kg(50ポンド)オーバーでもOK(ビジネスクラス)だったので、均等になるように詰め替える。

空港で計ったら、両方とも60ポンド未満だった。

今回は重いケースに入れていったからな。

次回は、新規で調達した軽量のバッグに詰めてみよう。

いろいろ細かい話はあったけど、穏やかなグアム旅行だった。

昨日は、さすがにフィットネスに行く元気はなく、秋葉原から帰ると、そのまま寝てしまう。

次回はいつになるんだろうか?。

上田さんとは、11月にフィリピンでのダイビングを約束して別れた。

スコッティーズは2年半ぶりになる。

楽しみだな・・・。

OISTダイビング事故に思う2017年07月31日 19:40

OISTダイビング事故に思う
OISTダイビング事故に思う


この事故については、すでに書いた。

(事故と向き合う)
http://kfujito2.asablo.jp/blog/2017/06/11/8591342

研究を支援する作業ダイビングの世界の話だが、リブリーザーの使用ということもあって、関心を寄せていた。

OSITの広報に、メールを送ってみたりもした。

当局の事故調査とは別に、外部委員会を設けて独自の事故調査も行っていたが、その内容が公表されていた。

(OISTダイビング事故:今後の歩みについて)
https://www.oist.jp/ja/news-center/news/2017/7/11/31238

(報告書全文はこちら)
https://groups.oist.jp/ja/cpr/disclosure

「報告書の閲覧
電子メールアドレスを入力して下さい。」

報告書の全文が閲覧できるが、メールアドレスを打ち込むようになっている(浮沈子は、それ以前にメールで問い合わせをしているので、あまり抵抗はなかったけど、ちょっと違和感がある)。

それでも、関心が高かったので読んでみた。

結局、水底で何が起こったのかは解明されていない。

肝心のところは、結局分からなかったということだ。

それに繋がる背景の中で、安全軽視やバックアップの備えが不十分だったこと、体制に問題があることなどが指摘されているが、浮沈子の関心はそこにはない。

行方不明のまま、既に死亡が確定している事故で、勝手な推測は慎むべきだろうし、当事者の様々な問題も絡んでくる。

しかし、63mの水底で何かが起こり、一人は帰らぬ人となった。

重い話なのだ・・・。

「正確な事故原因及び行方不明のダイバーが水面に浮上できなかった理由は、いまだ判明しておりません。」

「ダイビング機材は、当該作業に適しておらず、事故に関わったスタッフは、機材を使用するためのトレーニング基準を満たしていませんでした。」

「調査委員会は、マリンサイエンスサポートセクションが、スタッフ不足、スタッフの体調不良及びハラスメントの苦情といった問題を抱えていたにもかかわらず、OISTの管理職員がこれらの問題に適切に対応していなかったと判断しました。」

報告書の中身には、かなり生臭い話が出てきて、読んでいて気分が悪くなる。

それでも、どこかに何か浮沈子自身のダイビングに参考になる点はないかと、何度も読み返した。

シーラカンスプロジェクトの件といい、このところ、暗い話が続いている。

起きてしまったことを、なかったことには出来ない。

時は元には戻らない。

残された者たちは、そこから何らかの教訓を汲み取って、生かしていくより他はない。

浮沈子が今日したのは、グアムからの帰りの足で神田のお店に寄って、吹いてしまったマニュアルインフレーターの中圧ホースを整備してもらったこと。

正しい器材、正しいメンテは、スキル以前の話だからな。

例の、ベイルアウトタンクからのBCへの給気の件も話題にしてみた。

あっさりと、そういうのもアリなんじゃないかという意見も出た。

その際には、オンボードから取っている中圧ホースを外して、エントリー前にベイルアウトタンクと繋いでから潜降するという方法も提案される。

水中で、中圧ホースがプラプラしているのは良くないから。

うーん、オフボードからだけかあ・・・。

まあ、ドライスーツの吸気をどーするとか、そういう話もあるしな・・・。

いずれにしても、もう少し考えてみてからにしよう。

小笠原の話もした。

器材の整備、トレーニングダイブ、ダメ出し、改善、確認、習熟・・・。

その繰り返しの中でしか、問題の解決は出来ない。

自分だけで思い込んでいるだけではなく、他の方の意見も聞いたり、テキストを読み直して原点に返ったりを繰り返す。

そして、それはあくまでも遊びで行うダイビングの世界だ。

93ページに渡る事故報告書の中には、こんな一文がある。

「潜水作業者B(減圧症にかかったダイバー:浮沈子注)のダイバーとしての資質は、リクリエーションの領域で単独で冒険するには問題ないであろうが、作業潜水者としては不適格」

そうか、リクリエーションの世界は、そんなヤバイ世界なのか・・・。

ちょっと誤解もあるようだ。

最近ソロダイビング(セルフリライアント?)が話題になっているとはいえ、リクリエーショナルダイビングでは、バディシステムが原則だし、そもそも63mも潜るようなテクニカルレベルのダイビングでは、チーム潜水が原則だしな。

それに依らない冒険としてのダイビングは、どんな指導団体でも推奨はしていないだろう。

問題ないと言い切ってしまうのは、いかがなものか。

まあ、どうでもいいんですが。

資料ページの20ページには、ベイルアウトガスとして空気を使用したという記述もある。

その運用が正しいかどうかは、浮沈子には分からない。

少なくとも、そんな深度で空気を吸って浮上し出すこと自体にリスクがあるだろう。

他のリスクとの兼ね合いだが、通常の選択とは思えない。

まあいい。

様々な出来事が立て続けに起こり、避け得たかもしれない事故は起こってしまった。

この件は、グアム旅行中に見つけて、書こうかどうしようか迷ったが、帰ってきてから早速書いた。

浮沈子は、潜水計画とか、組織の対応とか、作業潜水の態勢とかいったもっともらしい話ではなく、全く別の理由で起きた事故かもしれないとさえ思ってしまった。

それを、ここで書くわけにはいかない。

それは邪推だし、妄想に過ぎない。

現実の世界で起きた事故を、ヨタ記事であしらうようなマネは出来ない。

そんなことを考えた自分自身が恥ずかしいし、情けない気もする。

M氏のご遺族の方の気持ちを思うと、やりきれない気がする。

「僕が海から戻ってこなくても、悲しまないで」

帰省した際に母親に語った言葉が胸に刺さる。

・・・。

ちょっと、これ以上書けなくなった・・・。

今日はここまでにしよう。

この件は、機会があれば、また書く。