アルパインスタイル2017年10月14日 08:40

アルパインスタイル
アルパインスタイル


(Rebreather diving:Disadvantages)
https://en.wikipedia.org/wiki/Rebreather_diving#Disadvantages

「Some rebreather divers prefer not to carry enough bailout for a safe ascent breathing open circuit, but instead rely on the rebreather, believing that an irrecoverable rebreather failure is very unlikely.」(再暴食者の中には、安全な上昇呼吸回路のために十分な救済措置を講じることを好まず、代わりに回復不能のリブリーダーの失敗が起こりそうもないと信じているものがある。:自動翻訳のまま。以下、同じ。)

再暴食者(浮沈子の事かあ?)って、なに?。

「This practice is known as alpinism or alpinist diving and is generally maligned due to the perceived extremely high risk of death if the rebreather fails.」(この練習は、アルピニズムまたはアルピニズムダイビングと呼ばれ、リブリーダーが失敗した場合に死亡の危険性が非常に高いと認識されているため、一般的に悪用されます。)

malignは、有害なとか、悪意のあるという意味だからな。

やっちゃならん、ということになる。

アルピニズムは山登りだが、ここで言われているのはいわゆるアルパインスタイルの登山の事だろう(たぶん)。

(アルパインスタイル)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%91%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AB

「ヒマラヤのような超高所や大岩壁をヨーロッパ・アルプスと同じような扱いで登ることを指す登山スタイル」

「大規模で組織立ったチームを編成して行う極地法とは異なり、ベースキャンプを出たあとは一気に登り、下界との接触は避ける。また、サポートチームから支援を受ける事もないし、あらかじめ設営されたキャンプ、固定ロープ、酸素ボンベ等も使わない、装備に極力頼らず、登る人の力にのみ頼ることを最重要視して行う登山スタイルである。」

浮沈子は、山登りは東京近辺の高尾山しか経験がなく(しかも、ケーブルカー利用!)、そういう趣味もないので全く詳しくない。

山登りをする輩は、みなヘンタイに見える。

酸素の薄いところに、なぜ好き好んで行くのか・・・。

「国際山岳連盟(UIAA)の定義:
・クライマーは6人以内。
・酸素ボンベは持たない。
・固定ロープを使用しない。
・高所ポーターやシェルパの支援を受けない。」

アルパインスタイルで登山するなんざ、大ヘンタイだな。

しかし、まあ、登山については、明確なメリットもあるといわれている。

「利点は登山期間を短縮できることで、それにより天候の悪化や雪崩に巻き込まれるリスクを低減できる。また、遠征にかかる費用を低く抑えることができる。」

その一方で、当然、リスクは高くなる。

「欠点としては登攀時に所持する食料や燃料を必要最小限に切り詰めるため長期間の停滞には不向きであり、想定外の悪天候などにより停滞を余儀なくされた場合に脱水状態や飢餓のリスクが増大」

登山家というのは、ヘンタイの中のヘンタイと言わざるを得ない。

凍傷になって指がなくなるとか、そういう、浮沈子が苦手なはなしがゴロゴロある。

(ラインホルト・メスナー)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9B%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%A1%E3%82%B9%E3%83%8A%E3%83%BC

「1986年に人類史上初の8000メートル峰全14座完全登頂(無酸素)を成し遂げたことで知られる。」

イカレテる・・・。

「1980年には途中、一度クレバスに転落する事故を乗り越えてエベレスト無酸素単独登頂の偉業を成し遂げた。」

登山の世界では、そういうアホな行為が「偉業」として尊敬されるわけだ・・・。

「現在はトレンティーノ=アルト・アディジェ州の名誉市民となり、自身が所有する13世紀頃に建築された城で生活している。」

まあ、どうでもいいんですが。

CCRでの大深度潜水を、アルパインスタイルで行うことは、愚の骨頂だと浮沈子は考えているが、十分なベイルアウトガスを持たずに潜水するダイバーもいる。

ベイルアウトガスどころか、BCに吸気するためのガスさえ十分でない場合もあるという(論外ですな)。

PADIのリブリーザーコースにおいては、レクリエーショナルレベルの初級コースでは、オンボードのディリュエントで全てを賄う。

水深18mまでという条件下ではあるけれど、緊急スイミングアセントを想定しているわけだ。

CCRにトラブルが起こり、BOVでディリュエントガスでのオープンサーキットに切り替えて浮上しようと思ったら、BCに給気するガスも無くなっていて浮上できなかったらどーする?。

一応、ダイビング中は、中性浮力を保っていることになっているからな。

その状態でフィンキックすれば、浮上できるという理屈なんだろう。

そもそも、浮上の際にBCに給気するという手順はない・・・。

給気してるけど・・・。

CCRだからな。

息吸っても浮上しないしな。

ADV作動させるにも、ディリュエントが残ってなければダメだしな。

グダグダ書いているのは、ベイルアウトガスをアウトボードで携行しないCCRダイビングは、言ってみればアルパインスタイルでのダイビングだということになるからだ。

もちろん、高尾山に登るのに、酸素ボンベはいらない。

(高尾山)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E5%B0%BE%E5%B1%B1

「東京都八王子市にある標高599mの山」

アルパインスタイルは、ヨーロッパ・アルプスと同じ装備などで、ヒマラヤなどを登ることだから、ヨーロッパ・アルプスを登ることについては問題はないのだ。

つまり、環境に応じた装備などの選択という話になる。

指導団体が定める基準は、当然、その点を考慮している。

なんのトラブルもなければ、CCRはディリュエントガスが対応する深度まで、簡単に行けてしまう。

ああ、浮上することを考えなければな。

そして、トラブルは、一定の確率で必ず発生する。

その時の対応を考えて、必要な器材を携行するのは当然ということになる。

浮沈子だって、10m位までなら、そして、オープンウォーター環境なら、ベイルアウトタンクを持たずに行くこともあるかもしれない。

それ以上の水深なら、まあ、持ってった方が無難だな(保守的な運用:アドバンスドリブリーザーの講習必要ですが)。

ディリュエントガスは、浮力調整にも使われるので、意外に減る。

上がったり下がったり(浮上・潜降)が多いプロファイルのダイビングでは、酸素よりも消費量が多かったりする。

1日のダイビングを、全てオンボードで賄うことを考えたら、ディリュエントが十分かどうかを考慮する必要があるかもしれない。

重要なことは、ヨーロッパ・アルプスの範囲内に留まるということだ。

テクニカルレベルの運用が可能になれば、手動でのCCR運用が出来るようになるが、それだって万能じゃない。

大体、トラブル発生とかそういう状況下で、脳みそが正常に働くかどうか、身体がまともに動くかどうかは保証の限りじゃない。

CCRの故障によって、脳や神経、筋肉に、影響が出ている可能性がある状況で、手動運用が出来ると考える方が不自然だろう。

ベイルアウトで一旦逃げて、正常な状態を回復してから、故障の原因を特定し、対応可能ならCCRに戻って手動運用するという方法はあるだろうが、浮沈子の経験上、運用精度はCCR搭載のコンピューターには敵わない(下手なだけじゃね?)。

ガスの消費量が増えることや、コントロールの精度の甘さによって、新たなリスクを負うことになる。

手動運用に過度に依存するダイビングは、人間のスキルに頼っている。

それは、水中では損なわれることが想定される、管理されるべきリスクの一つだ。

極端に寒かったりすれば、もう、集中力どころではないかもしれないしな。

探検に属するダイビングでは、常にそういう事態(ダイバーのスキルが使い物にならない事態)が想定される。

十分なベイルアウトガスを携行するということは、その事態に対応する方法の一つだ。

サポートダイバーを付けて、途中の深度に待機してもらうという方法もあるが、はぐれてしまったら終わりだからな。

実施できる環境は限られている。

まあ、サポートダイバーを置くということ自体、既にアルパインスタイルではないだろうけどな。

水中は、ある意味では、ヒマラヤよりも過酷な環境だ。

そんなところでアルパインスタイルで潜っても、誰も褒めてはくれない。

お城に住むことも出来ないしな。

CCRは、十分複雑な機械で、トラブルの原因は、その構成全てに及んでいる。

水中で不具合が発生した場合、原因を特定することが出来ないかもしれない。

そうなれば、ベイルアウトするしかないのだ。

そのガスが不十分だったら?。

我々が行うダイビングは、探検ではない。

非日常的環境に身を置いて、気分転換を図るための遊びだ。

命懸けであることに違いはないが、リスクを低減することには、積極的であるべきだろう。

無茶、無謀を誇って、えらそーにしているのは、アホ以外の何ものでもない(おまえに言われたくない!)。

アルパインスタイルでのCCRダイビングは、もちろん、メリットが皆無ではない。

少ないベイルアウトタンクの携行は、流れがあったり、移動が多いダイビングでは、水中における抵抗を減らすことに繋がる。

しかし、その場合はDPV(いわゆる水中スクーター)の使用を検討してもいいかも知れない。

要は、そのダイビングに最適な器材の選択という話になる。

器材を増やせば、増やした器材のリスクの増大も付いてくる。

なるべくシンプルな構成で、しかも安全を考慮したものにしなければならない。

その熟慮の中でのアルパインスタイルであるなら、それはそれで選択肢の一つである。

浮沈子的には、10mくらいまでかなあ・・・。

逆転の発想?2017年10月12日 10:32

逆転の発想?


イタリア協奏曲の記事を書いて(おでんの記事じゃなかったっけ?)、ちょっと調べていたら、気になる記述があった。

(コンチェルタート)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%88

「通奏低音の上で、器楽グループまたは声楽グループが一つの旋律を共有して、たいてい交互に奏でる(歌う)ような演奏様式または曲種のこと。」

「コンチェルタート様式は、16世紀後半のヴェネツィアにおいて、聖マルコ大聖堂の特異な音響空間(バシリカ)で活動した、ガブリエーリ一族の作品を通じて発展をみた。」

ここからの記述は、実に興味深い。

「この聖堂内では、別々の聖歌隊ないしは合奏団が、筋向いに相対することになる。」

「一般的に一方から他方への響きのディレイ効果のために、また音響的に言うと「ライヴ」空間のために、完全なユニゾンは困難だったので、作曲家はいわばステレオの原理で聖歌隊が互いに歌い交わすように作曲することにより、すばらしい効果のある音楽ができることに気づいたのである。」

「このようにして交唱様式を用いた聖マルコ大聖堂の合唱様式は、「コーリ・スペッツァーティ」様式と呼ばれた」

「コーリ・スペッツァーティの楽曲は、本来ア・カペラの合唱曲として作曲されたが、楽器を加えた演奏が行われるようになり、さらにジョヴァンニ・ガブリエーリによって、この原理を用いて器楽曲を作曲したり、あるいは声楽と器楽からなるアンサンブルのために作曲する習慣が確立され、単純な交唱ではなく、対比や競合の原理をそなえた「コンチェルタート様式」へと段階的に発展した。」

「さらに、通奏低音とモノディが導入されると、それまでの器楽と声楽の対比や、音色の異なる楽器同士の対比に加えて、独唱・重唱・合唱も対比や競合の選択の可能性を広げた。」

「ヴェネツィアで作曲された楽曲は、すぐさまその他各地で演奏されたため、新たな「コンチェルタート」様式は急速にヨーロッパ各地に(最初に北部イタリアで、次いでドイツと中部・南部のイタリアで、その後は徐々に残りのヨーロッパ大陸に)浸透した。」

浮沈子は、音楽史には詳しくないので、詳細は分からないが、要するにサンマルコ大聖堂の音響空間そのものの特性が、新しい音楽の流れを生み出したといってもいい(そうなのかあ?)。

(サン・マルコ寺院)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%B3%E5%AF%BA%E9%99%A2

「当時のヴェネツィア、とりわけサン・マルコ寺院は、ローマと並んでイタリア・バロック音楽の中心地の一つであった」

バロック音楽については、地域によって様々な特性があるようだが、イタリアの影響は大きいようだ。

(バロック音楽)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E9%9F%B3%E6%A5%BD

まあ、どうでもいいんですが。

演奏されるホールの特性が、作曲家に影響を与え、その形式が踏襲拡散されていったわけで、出来上がった音楽を近所のホールで聴いて楽しむしかない現代の聴衆というのは、そういうダイナミズムとはかけ離れたところにいるのかもしれない。

浮沈子が興味を持ったのは、ダイビングとの関連だ。

器材とダイビングスポットの適合を考えた時、この器材ならここで潜るのは最適だというマッチングってのがある。

最近のダイビングでは、小笠原の宮之浜でのダイビングがそうだ。

あすこは、最適な器材は、おそらくシュノーケルではないかと思うけど、少なくともCCRでないことは確かだな。

ミズンの群れを、着底して長時間見続けるというのなら別だけど、水深2mくらいで、サンゴの上を中性浮力保ちながらじっくり楽しむなら、サイドマウントがお薦めだ。

100mの水深で、ある程度の時間留まりたいなら、CCRがベストだろう。

どんな器材で、どんなダイビングするかというのは、ケースバイケースだ。

しかし、器材の特性に合わせたダイビングスポットを選んで、最適なダイビングを計画するというアプローチがあってもいい。

CCRのように、どこででも潜れるという状況にない器材を使うということになれば、そうせざるを得ないような気もする。

それを、ぼやいたり嘆いたりするだけではなく、積極的に捉えて、CCRに最適なスポットやダイビングスタイルを作り上げていってもいいのではないか。

音楽とダイビングは、似たところがある。

時間芸術である音楽は、時間の流れの中での音楽空間を楽しむレジャーだ。

ダイビングも、まあ、似たようなところはある。

その中で、楽器やホールが器材、聴衆はダイバーということになるんだろうか。

ダイビングスポットや、その潜り方が楽曲ということになるのかもしれない。

演奏されるホールが作曲家に影響を与え、新しい時代の音楽の流れを生み出すというのは、新しい器材であるCCRの普及にも通じるところがあるに違いない。

楽器とかの特性に合わせて、作曲が行われるという話はよく聞く(つーか、ふつーそうだろう)。

同じような話なのかもしれないけどな。

CCRは、流れが少なく、まったりと長時間潜れるようなところがいいな。

浮沈子は、浅く明るく暖かいダイビングがいいな。

まあ、オープンサーキットでもいいんですが。

そういうダイビングを、聴衆であるダイバーが求めているかどうかが問題だ。

水中世界の魅力を、余すところなく味わうことが出来るCCR(問題は、陸上での取り扱いだな)。

手間が掛からず、手っ取り早いレクリエーションを求めるなら、ダイビングは不向きかもしれない。

現代人は、スマホでチャットして、それで満足なんだろう。

映画も、ドライブも、ダイビングも、廃れる一方だからな。

世も末だな(結局、ぼやきじゃん!?)。

ディフェンダーなど2017年10月11日 05:35

ディフェンダーなど
ディフェンダーなど


夜中に目覚めて眠れなくなる。

子供とジジババにありがちなパターンだな。

明け方まで、無理して横になっていてもいいんだが、起き出してしまう。

小笠原で実物を見てから、気になって仕方ないCCRがあって、ちょこっと調べていたら興味深い構成になっていた。

(DEFENDER CCR)
https://ccr.sub-gravity.com/defender-ccr/

「Why Choose the Defender CCR?:
・All of the electronics are contained in the primary handset so if you suffer an electronics failure in the field, you can simply plug in an alternate handset and BOOM! - You’re back in business!」

「Sealed lithium rechargeable battery in the primary handset to lesson possibility of floods」

詳しいことは分からないが、全ての電子回路や電池が(プライマリー側の)ハンドセットに入っているという。

本体の方には、ソレノイドバルブなどのデバイスしかない。

エレクトロニクスの調子が悪ければ、ハンドセットごと交換しろという。

同じ会社(サブグラビティ)からは、X-CCRという機種も出ているが、真逆のコンセプトだ。

(X-CCR)
https://ccr.sub-gravity.com/x-ccr/

「Head / Electronics:
・Main controller board built in a hermetically sealed compartment in the head」

電池の防水には配慮しているようだ。

「・Two independent batteries in separate compartments located on the head, outside the loop」

タンクの圧力を、デジタル化してハンドセットに送る仕掛けもある。

「・Digital high pressure sensors giving digital tank pressure readouts on Shearwater controller (software update coming summer 2017)」

しかし、まあ、同じ会社から、異なるコンセプトの電子回路配置の機種が併売されるというのも面白いな。

迷っているのか、進化なのか。

ユーザーが選択できるから、良心的なのかあ?。

まあいい。

そういえば、こんなのもあったな。

(Liberty CCR:Control system)
https://www.ccrliberty.com/45-control-system/

「The handsets do not control the solenoids, nor do they perform decompression calculations. They serve only as the terminal devices of the control units. 」

こっちは、ハンドセットは、操作・表示用のデバイスとしてだけ機能する。

電池も演算装置もない。

本体内蔵のデュープレックス化されたコントロールユニット(CU)が、全てを司っている。

色々な方式の中から、どれを選択して構成するかというのは、目的に応じて、或いは、コストとかを勘案して決めるんだろう。

ディフェンダーのような、ハンドセットに全部押し込んで、ハンドセットごと交換という発想は新鮮だな。

どちらかといえば、リバティのように、外出ししないで、表示や入力のデバイスとして機能させる方が主流なのかと思っていた。

本体の蓋に内蔵されたヘッド部分とハンドセットは、信号線や電力線で繋がっているわけだから、どちらにどれだけの機能を持たせるかというだけの話ではある。

残存性を考えれば、本体側に最低限の機能を残しておくというのが合理的な気もする。

サブグラビティの製品は、ディフェンダーにしてもX-CCRにしても、本体側の呼吸回路をシンプルにして、10年使わせるというのが基本のようだ。

まあ、そのくらいは、どの機種であれ使えるだろうけど。

電子機器周りは、進歩(変化?)が速いので、交換可能にしておく方がユーザーには優しい。

APDみたいに、アップグレードしていくと、いつの間にか、買った時とは異なる部品だけになってしまう(つまり、別のCCRになっちまう)という方法もある。

お値段も、もう1台買うのと同じくらい掛かるしな。

メーカーとしては、顧客を引き留めておくための有効な手段だ。

まあ、機能がアップして、顧客にとってもメリットはあるけど。

他の機種を選択しにくくなるというデメリットもある。

まあ、どうでもいいんですが。

ディフェンダーやX-CCRは、本体の構造、ホースの接続方法、蓋の取り付けなどに工夫があって、インスピレーションやポセイドン使っている浮沈子から見れば、進んでいると感じる。

次世代のCCR感、満載だな。

CCRも、TPO考えて、選ぶ時代になってきたのかもしれない。

どこで、どういう潜り方をするかで、最適な選択を行う。

オープンサーキットだって、テクニカルレベルになれば、情況に応じて、レギュレーターとか、コンフィギュレーションを変える必要があるからな。

複数所有して、最適なCCRを選んで使う。

贅沢な話だが、もう、ただCCRで潜れればいいという時代じゃないのかもしれない。

なぜ、その機種を使うのかを、明快に説明できる必要があるな。

まあ、みんなが使ってるからというのも、立派な理由だろうけど。

そこを通り過ぎて、この状況では、このCCRという選択が出来るのがベストな感じだ。

うーん、まだまだ先は長いな・・・。

セブ準備中2017年10月10日 13:48

セブ準備中


航空券とホテルの予約、空港送迎の手配を終える。

上田さんとスコッティーズに連絡して、とりあえずホッとする。

後は、インスピのバランス調整(3mmシーガル+ラッシュガード)だ。

おっと、國富の予約しなくっちゃ。

(予約完了)

去年パラオで調整済みだから、その確認ということになる。

念のため、アルミシリンダーでも、確認しておこう。

前回は、5mm+フードベストだったからな。

とっかえひっかえ、着たり脱いだりしなければならない。

コンフィギュレーションを変えたシングルタンクのドーナツブラダーの具合も、ついでに確認する。

まあ、これはすぐに終わるからな。

器材2つに、ウエット1着、ドライ1着。

CCRタンク脱着とディリュエントの移充填。

忙しいな。

ドライスーツでのバランスも見なくっちゃならない。

3時間で収まるかどうか。

CCRメインで、その他は後日でもいいか。

酸素タンクは、点検に出すことにする。

行くまでに、インスピで何回か潜っておこう。

慣れは必要だからな。

昨日はフィットネスで850m(半端な・・・)泳ぐ。

体調を考えて、徐々に増やしていく。

小笠原プロジェクトが終わって、モチベーションが下がっている。

2000m泳いでた自分が、信じられない。

600m位で、休みたくなる。

で、休むわけだな。

そうすると、もう、上がりたくなってしまう。

まあ、コンスタントに1000m泳ぐ習慣を身に付ければいい。

毎日ではなく、隔日程度でいいのだ。

当然、今日はサボリだ。

自転車こいで、五反田のHIS行ったからいいや(軟弱・・・)。

ダイビングも、隔月で旅行を入れて、それに向かってトレーニングする感じでいいか。

11月のセブ、1月のラジャアンパットといった感じか。

それ以降の予定は、今のところない。

7月から9月は、毎月だったからな。

少し、ペースを落として、体力作りに励もう。

今日は、サボるけどな。

明日は、水泳教室だから、余力を残しておかないとな・・・。

ノッチ2017年10月10日 04:28

ノッチ


パラオの島々の中に、水面上に抉れたような地形を有するものがある。

この抉れを、ノッチというんだそうだ。

鉄道関係者の中には、違うもんを想像する方がいるかも知れない。

(ノッチ)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%83%E3%83%81

「ノッチ (鉄道車両) - 列車の速度を制御するマスコンや電気指令式ブレーキハンドルの刻み(段)のこと。」

英語的には、窪みや刻み目のことを意味する。

(波食窪)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B3%A2%E9%A3%9F%E7%AA%AA

「英語由来の「ノッチ (notch)」、「波食ノッチ」という表現で言及されることもある」

パラオの場合は、生物食による原因でノッチが形成されたようだ。

で、このノッチが、水深112mのところにもあるという。

2万年前の、水面がそこにあったという証拠になる。

(8月31日19:30〜「体感!グレートネイチャー」BSプレミアムで放送です!)
http://daydream-dive.com/2013/08/32123550.html

残念ながら、4年前の話だ。

再放送の予定はない。

デイドリームの全面協力(コーディネーターは秋野さん)で、ソンソロール島や、ヘレン環礁にも出張っている。

112mのノッチは、ショートドロップオフで撮影されたようだ。

竹内さんから頂いた資料映像の中に、その番組が入っていた。

浮沈子のCCRインストラクターである豊田さんも潜っている。

遠藤さんが元気だったころの映像で、ちょっとドキッとする。

浮沈子は一時期、100mダイビングに憧れていたけど、今はそうでもない。

スキルアップのために、次の目標として60mをおいているだけだ。

ああ、早くヘリウムが手に入らないかな。

まあ、どうでもいいんですが。

来月にはセブ(マクタン島)で、インスピで潜る。

40m未満のファンダイブ。

1年ぶりのインスピレーションでの海ダイブになる。

電池もセンサーも新品だからな。

問題ない。

スコッティーズでも、100mまでの講習が可能だ。

たぶん、テック40CCRは、IANTDの40mswと同等と見做して、いきなりテック60CCRをやらせてくれるんじゃないかと思うんだがな。

なんか、芸を披露しないとダメなんだろうか?。

まあいい。

今回行ったら、その辺のところも併せて聞いてみよう・・・。