神田初詣2018年01月21日 02:29

神田初詣


少々ズレた年末年始のお休みで、昨日から新年の営業となったEXスクーバに初詣した。

例によって、我が国のテクニカルダイビングを憂える会(会員2名)を一くさりやって、ついでに、世界のCCRダイビングを憂える会までやった。

まあ、新年だからな。

いいことにしよう。

話の中で、JJ-CCRが出てきた。

浮沈子が、固体酸素センサーの話を振った関係で出てきた(先日見た映像で、追加のセンサーのアダブターが出てきたから)。

(スウェーデン語?)
http://kfujito2.asablo.jp/blog/2018/01/14/8769549

「JJやAPユニット(APDのCCR?)に対しても、追加のセンサーとしての適用を考慮している」

JJはシンプルだが、専用の酸素センサーとゲージの確認に難がある。

うーん、ちょっとなあ。

慣れの問題(つーか、運用思想?)が絡むからな。

そこを理解できていないと、取っ付きで引っかかるかもな(ゲージなんて、水中では見ない!?)。

訳が分かっているCCRダイバーが使う分には、いいかも知れないけどな。

もちろん、改造して、ゲージを確認しやすくすることは可能だ。

セルは、仕方ないから、諦めるしかない。

専用品は、それなりに考えられているようだし。

ちっと、初めてのCCRダイバーに勧める機種ではないような気がした。

実際に使ったことはないので、あくまでも聞いた話に対する感想。

(JJ-CCR 2014 CE-EDITION)
http://www.jj-ccr.com/the-jj-ccr/rebreather-2014-ce-edition.aspx

まあいい。

ついでに、キャニスターライト(電池式)の取り寄せをお願いしてきた(個人的)。

ケーブルの付いた奴は初めてだからな。

練習用ということで、初めから高いライトを買って、断念して手放すのももったいないような気がしたから、使用実績があるやつを買ってみることにした。

電池式のキャニスターライトは、ネットで見ると星の数ほどあるが、使えるかどうかは分からないからな。

LEDが普及し、高性能ライトが簡単に手に入るのはいいが、リチウムイオンの充電式の場合、容量がデカイので、空港で引っかかる可能性がある(まあ、しばらく関係ないけどな)。

周りで、苦労している話が多いので、電池式にすることにした。

光量は、十分確保できる。

運用時間、耐圧も十分だ。

手に入れたら、また報告する。

フィンキックの話とか、ウエイトのバランスの話もした。

ちゃんとしたテクニカルダイビングのトレーニングを続けないと、いつまで経っても先に進めない気がする。

まあ、進まなくてもいいんですが。

とりあえず、今年は国内でのダイビングを始める(!)ことに集中しよう。

日帰りエリアに、せっせと通う。

スキルを維持するためにも、機会を増やそう。

動けない時こそ、動ける範囲では積極的に動こうとしなければならない。

去年は、結構頑張ったからな。

その位は、パワー出して頑張らないとな・・・。

センサーの寿命2018年01月15日 02:26

センサーの寿命
センサーの寿命


ユーチューブの字幕の自動翻訳が、どんな仕掛けになっているのかは知らない。

しゃべり出す前に字幕が出るので、録画から機械的に文字起こしして、翻訳エンジンに通しているんだろう。

文字起こしには、人間のチェックも入っているかもな(未確認)。

ポセイドンの固体酸素センサーのビデオの字幕を写していて、センサーの寿命の話が出てきた。

(スウェーデン語?)
http://kfujito2.asablo.jp/blog/2018/01/14/8769549

「And the lifetime is about the same as a divers lifetime, about 30-40 years, we are not sure.」(生涯はダイバーの生涯とほぼ同じです。約30〜40年ですが、わかりません。:自動翻訳のまま)

開発を始めてから5年、実際の使用環境に近い製品テストは2年くらいのようだから、まだ寿命は見えないんだろう。

何かの色素が酸素に反応して近赤外線の強さが変わるという代物だ。

(個体酸素センサーの仕組み)
http://kfujito2.asablo.jp/blog/2018/01/14/8769277

「原理:赤色光励起センサー色素は、近赤外(NIR)での発光を示し、酸素レベルの増加とともに減少します。」

ダイバーの生涯と同じ寿命か・・・。

一生もんということだな。

キャリブレーションの度にドキドキし、水中でも、何時落ちるかとびくびくしながら潜っていられるのも今のうちかもな。

まあ、どうでもいいんですが。

これからのCCRダイバーは、酸素センサーを消耗品とは考えなくなるわけだ。

昔は、キャリブレーションを手動でやっていたという話を聞いた。

ネジかなんかを回していたらしい。

浮沈子は、ビジョンになってからのインスピレーションからしか知らないから、キャリブレーションというのは、自動でやるもんだと思っている。

プレパッキングされた二酸化炭素除去剤が登場したのは、浮沈子の時代だ。

二酸化炭素センサーの導入も、最近の話だな。

ポセイドンは、まだ導入していないが、そのうち入れるかもしれない(未確認)。

何でも自動化され、それを支えるセンサーが導入されていく。

人間は呼吸するだけでいいわけだが、そのうち、呼吸さえしなくても良くなるかもしれない。

えーとですねえ、人工呼吸器と違って、リブリーザーの場合は、肺の換気は人間が行う必要がある。

呼吸回路を使うリブリーザー(市販のやつは、全部そうですが)では、回路内のガスを循環させる動力も人間が提供しているわけだ。

ここは、自動化されていない。

そこを強制的あるいは、半強制的に呼吸させるようなリブリーザーの登場だってあるかもしれない。

人によっては、呼吸抵抗が気になる場合があるからな。

抵抗を減らすためのアシストくらいは、想定の範囲内だ。

マウスピースのワンウエイバルブにセンサーが付いて、呼吸のタイミングを検知し、AIが制御する換気ポンプが、必要な流量だけアシストする。

流量の検知もセンサーが行う(カルマン渦とか、ホットワイヤーとかあ?)。

陸上で普通に呼吸するのと全く変わらない吸い心地・・・。

制御装置のAIの出来不出来が、CCRを選択する重要な要素になったりするんだろうか。

まあ、どうでもいいんですが。

電気仕掛けが派手になっていくのは、持ち込める電力が大きくなってきたからに違いない。

今時、気の利いたCCRは、リチウムイオンバッテリーになってきている。

最近は、デバイス側(腕に着けるモニター)が、独自の電源を持つようなタイプもある。

アナログ信号をやり取りしていたのはついこの間までで、CANなどという、自動車に使われているネットワークバスが導入されたりしている・・・。

光ファイバーで、デジタル通信するようになるのも、時間の問題だなあ。

水中に電気仕掛けを持ち込んで、命預けるなんてもってのほかとか言っていた時代は、完全に過去になるのかもしれない。

それでも、壊れないCCRなんて、当分先の話だろうから、電気が全滅した時の対応を練習するのはしばらくは続くわけだ。

ベイルアウトの携行も欠かせない。

そのびくびく度が、多少下がることはあっても、ゼロでない限りは予備を携行しなければならない。

何事もなければ、快適な水中散歩が楽しめたとしても、何か起こった時に慌てずに対処するのは人間の仕事だ。

AIは、その時には逝っちゃってるからな。

電気仕掛けが壊れれば、センサーの寿命がいくら長くても役に立たないのは当然だ。

対応できないダイバーは、命の終わりということになる。

まあ、だからといって、それがセンサーの寿命がダイバーの寿命と同じだという意味ではなかろう(マサカね)。

技術の進歩は留まるところを知らない。

ちょっと目を離した隙に、とんでもないことになっているということはある。

(どろろ)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%A9%E3%82%8D%E3%82%8D

「誕生した赤ん坊は身体の48箇所を欠損した状態で生まれ、母親と引き離されて化け物としてそのまま川に流され、捨てられてしまう。」

「成長した赤ん坊は百鬼丸と名乗り、不思議な声に導かれるままに自分の身体を取り戻す旅に出る。」

「魔物を倒す度に、奪われた48箇所の身体は1つずつ復活していく。」

医師でもあった手塚治虫の猟奇的な設定だな。

浮沈子には、次々と新しいデバイスを獲得し、複雑精緻になっていくリブリーザーが、百鬼丸のような気がしてならない。

そう、CCRは、新たな機能を獲得しているのではなく、欠損していた機能を取り戻しているのかもしれないのだ(マジかよ!?)。

本来、人間が生きることが出来ない水中に、僅かのガスを持ち込み、長時間の滞在を可能とする潜水器。

人間が吐き出す二酸化炭素を食い、酸素を吐きだす妖怪のようなもんだな。

それは、限りなく進化を続け、人間を補完する究極の存在になるのかもしれない。

水中だけでなく、地底から宇宙空間まで、既にリブリーザーは進出している。

将来、地球の大気が汚染され、直接呼吸することが出来なくなった時、人間は生まれた時からリブリーザーで呼吸するようになっているかも知れないのだ(ヒエーッ!)。

換気能が衰えたジジババは、リブリーザー装着して散歩してたりしてな(在宅酸素療法じゃダメなのかあ?)。

当然、歩行支援機能とかもオプションで設定されるわけだ。

そして、ある日、人間に装着されないリブリーザーが登場する。

自走するリブリーザーだ。

単なるロボットではなく、呼吸する機械だ。

心臓はなくても、心拍センサーとかついてるしな。

何かブキミーな感じだな。

息切れしながら、よたよた歩いていると、後ろから抱き着かれて、マウスピース押し込まれちまうかもしれない。

まんま、妖怪だ・・・。

運動不足だったりすると、歩行支援じゃなくて負荷を掛けてきて、強制的に筋トレやらされるとかな。

おう、水泳教室とか、任せてくれ!。

バタフライだって、なんだって、お手の物だ。

AIだからな、泳法とかは、オリンピック選手並みだ。

出自がCCRだからな。

潜水1000mとか、楽勝だろう!!。

まあいい。

このくらいにしとくか。

酸素センサーの寿命が、ダイバーの寿命と同じになって、一生もんのリブリーザーが出来上がる時代になった(そうなのかあ?)。

それどころか、2代、3代受け継がれるようになるかもしれない。

我が家の家宝・・・。

今夜は、妄想が際限なく溢れてくるような気がする。

もしかしたら、浮沈子は、CCRという妖怪に憑りつかれているのかもしれない・・・。

スウェーデン語?2018年01月14日 15:16

スウェーデン語?
スウェーデン語?


検索したら出てきた動画。

(Poseidon solid state sensor - Swedish Dive fair 2017)
https://www.youtube.com/watch?v=S4nri8tKrP4

「2017/03/20 に公開:
Poseidon has created a rebreather oxygen sensor that outperforms galvanic sensors in lifetime and accuracy.」(ポセイドンは寿命と精度においてガルバニセンサーより優れたリブリーザー酸素センサーを開発しました)

注目したのは、防滴については配慮されているということと、JJやAPユニット(APDのCCR?)に対しても、追加のセンサーとしての適用を考慮している点だ(CEの手続き中?)。

C-PODという、CAN(ネットワークバスの仕様)に接続するセンサーホルダーの他社製品への接続用試作品(?)も出てくる。

残念ながら、コネクターは、従来品(3ピン)と同様、平ピン仕様だ(4ピン)。

ポセイドン用のC-PODでは、新旧どちらか一方と接続できるように、コネクターは両方ついている(画像参照)。

英語の字幕だと、たぶん、原語(スウェーデン語?)に忠実に翻訳しているんだろう。

まあいい。

英語の字幕見ながら、大体の意味が分かればいいのだ(日本語字幕にすると、かえって分かり辛い)。

前にも書いたかもしれないが、市場として規模が大きいのは、工業分野や医療分野だろうな。

特に、医療分野は要求水準は高いが、利益率も高いので美味しいところだろう。

たまたま、CCRの酸素センサーとして最初に商品化されたに過ぎない。

ポセイドンの株とか、買えないかな(うーん、先立つものが)・・・。

<以下、ビデオの字幕の筆起こし(テキトーです)>

We are here at the swedish dive fair 2017 and we are visiting Poseidons stand

Do you have anything new interesting this year?

Hi, my name is Richad Swartling and I will show you our new system with the M28 dive computer connected to a solid state oxygen sensor.

The computer we just started to sell and the sensor will be on the market in about one month.

For the system to work we have the M28 dive computer and something that we call a "c-pod" that basically is a holder for the sensor, with a digital interface.

And finally the sensor has basically the shape of a traditional galvanic sensor on the market today but is completely digital and electronic.

The advantage with this is that the sensor dose not need calibration, it is factory calibrated during manufacturing and it will always give 100% accurate readings during its lifetime.

And the lifetime is about the same as a divers lifetime, about 30-40 years, we are not sure.

but it is long compared to the galvanic sensors that lasts anything between 2 weeks and 1.5 years as best.

This product is quite unique right?

Yes, there is no other working solid state sensor on the market today that we know of we have a huge interest from both the dive industry and other markets.

Oxygen sensors are used in all kind of application around the world.

Can we have some details of how it works, what is the difference to a galvanic sensor?

A galvanic sensor is basically, as soon as you manufacture it, it starts to die.

It delivers a current in millivolts on the back and you read the current that is equal to a partial oxygen pressure of the gas that is passed on in front of the sensor.

This works completely different, if you look at the area where the gas passes we have a hydrophobic membrane and behind that we have our "magic" layer that changes its light reflecting characteristics depending on the oxygen partial of the gas so we basically shoots a laser beam that is reflected down to a sensor, and the amount is dependent on the partial pressure of in the gas.

This makes it completely insensitive to moisture, there have been other solid state sensors where tests has been conducted, but there has been problems with moist and heat in the loop.

but here we don't send the laser beam through the gas so it doesn't matter, we can completely fill this with water and it will start reading the PO2 within the water and as soon as you start removing it.

and have a small area of gas it will start reading the partial pressure from there instead.

So it is not at all sensitive to moist?

No, not at all.

We have been testing the sensor now for two years and found no failed reading at all.

Can you add this to a standard Poeidon rebreather or is an extra module needed?

No, as the system is today you need the entire system that is this "c-pod", the sensor and the computer.

It is a completely electronic product, it delivery an encrypted signal that goes down to this small circuit board down here where it then gets translated to our can-bus system then it goes by cable to computer that gives the reading on the screen.

We could try to blow on to this cell later just to show how much faster it responds then a galvanic sensor changes in partial pressure that is.

How will the possibilities be to later put this into other machines?

That you can do now as we start to deliver this next month, as I said the "c-pod" I needed and what sits next to it is basically plumbery, here is an adapter for JJ and here is one for an AP unit.

so all that you need is this connection that fits the rebreather you are using and then you are able to read the gas from the attached, it will not however control gas injection.

so this has to be done manually in a situation where you want to trust the solid state sensor.

One of our goals is that other manufacturers will integrate this system in their rebreathers but it is long process as you will have to re-certify the unit, for CE-certification.

and of course it will be a integration project as we will need to learn how to open other solenoids.

Our own, Se7en, will get this solution sometime this autumn/winter as we will modify the unit so that you can choose if you want a solid state or galvanic sensors.

So you will be able to have several of the solid state sensors in your machine?

We have a two sensor solution in our machine as we always have.

You will be able to put two solid state sensors in it, two galvanic, or one of each.

There is a safety aspect in having two different systems so I think if your intentions are deep dives.

you would probably choose to have one galvanic and one solid state sensor mounted in the module and then maybe a third, solid state, sensor to a redundant computer system.

like this one?

Yes exactly like this.

Very interesting, thank you very much.

しかしなあ、「se7en」とかは仕方ないが、「rebreather」がスペルチェックで引っかかるのは、憮然とするしかないな・・・。

個体酸素センサーの仕組み2018年01月14日 02:26

個体酸素センサーの仕組み
個体酸素センサーの仕組み


「ダイビングの聖杯」とまで言ってのけた、ポセイドンのソリッドオキシジェンセンサー。

その仕組みを図解したページを見つけた。

(Poseidon Fixes Closed Circuit Rebreather Diving Weakest Link)
https://www.deeperblue.com/poseidon-fixes-closed-circuit-rebreather-diving-weakest-link/

「“The diving community has waited for many years for a sensor like this and the solid state sensor is considered as one of the “holy grails” of diving. The fact that the sensor is factory calibrated and absolute gives the diver advantages that previously weren’t available in terms of rapid and reliable readings of the breathing gas.”」("ダイビングコミュニティは、このようなセンサーのために何年も待っていたし、固体センサーはダイビングの"聖杯 "の一つと考えられている。センサが工場で較正され、絶対的であるという事実は、呼吸ガスの迅速で信頼性の高い測定値では利用できなかったダイバーの利点をもたらします。":自動翻訳のまま:以下同じ)

仕組みについては、図のキャプションに、ちょこっとだけ書かれている。

「Principle: red light excited sensor dye shows luminescence in the near infrared (NIR), which decreases with increasing oxygen levels.」(原理:赤色光励起センサー色素は、近赤外(NIR)での発光を示し、酸素レベルの増加とともに減少します。)

この記事には、ちょっと気になる記述もある。

「Most experienced CCR divers consider the current crop of oxygen sensors as the weakest link in the oxygen control system.」(最も経験豊富なCCRダイバーは、現在の酸素センサの作物を酸素制御システムの中で最も弱いリンクとみなしています。)

そのために冗長化や、動的キャリブレーションしたり、機種によっては、温度による特性を考慮したりして、運用面でカバーしてきている。

実際のダイビングに当たっては、センサーだけではなく、様々なトラブルに対応するためのバックアップを携行し、その運用についてのトレーニングも行う。

センサーが、事実上、メンテナンスフリーになったからといって、CCRの運用が根本的に変わるわけではない。

消耗品的には、プレパッキングされたソフノダイブの単価の高さもあるしな・・・。

が、まあ、ちっとは気楽になることは確かだ。

多数決方式のCCRで、ディリュエントでキャリブレーションしたりして、生きてるセンサーはどれだろうとか、考えなくてもいいしな(ポセイドンは、勝手にやっちゃいますけど)。

まあいい。

リチャードパイルのコメントも書いてある。

「“This is the most exciting development in rebreather technology I’ve seen in years! I think it represents a real game-changer. The thought of never needing to replace or calibrate an oxygen sensor ever again is simply mind-blowing.”」(これは私が数年前に見たリブリーザー技術の中で最もエキサイティングな開発です!私はそれが本当のゲームチェンジャーだと思う。酸素センサーを交換したり較正したりする必要がないという考えは、まさに心を吹かれています。)

えーと、mind-blowingの訳が気になるが、まあ、刺激的なとか、夢のようなとか、そんな感じか。

もう、2年前の記事だからな。

ポセイドンからは、メインのセンサーで使えるようになったというリリースは、まだ出ていないようだ。

信号の仕様の違いもあるしな(未確認)。

このセンサーについては、以前にも記事にしている。

(個体酸素センサー)
http://kfujito2.asablo.jp/blog/2017/11/05/8721222

今回の図の中のセンサーダイというところで反射したダイオードの光(近赤外線)が、酸素が多くなると暗くなるというところがミソだな。

図を見ると、なんか、こう、衝撃とかに弱そうなデバイスの作りだが、ちゃんと樹脂で固めるとかして、耐衝撃性とか防滴性とかに配慮してもらいたいもんだな。

コネクターが、平ピン式(4ピン?)みたいに見えるのも気になる。

接点の腐食が心配だ(メッキしろよお!)。

これで、聖杯とか言われてもな・・・。

まあ、どうでもいいんですが。

早くメインで使えるようにならないかなあ・・・。

受動喫煙とCCR2017年11月28日 13:41

受動喫煙とCCR
受動喫煙とCCR


まあ、いつかは書くことになる話だがな。

さっき、いつものレストランの喫煙席で、ボーっとしていたら、突然ひらめいた。

受動喫煙防止に、CCRは使えないのか?。

吐いた煙を循環させれば、周りに迷惑を掛けずに済む。

煙草は、もちろん、電子タバコだ。

(電子たばこ)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E5%AD%90%E3%81%9F%E3%81%B0%E3%81%93

「禁煙団体ASHは、非喫煙者が電子たばこからの蒸気によって悪影響を受ける可能性があるという証拠はわずかであるため、公共空間での禁煙法案に電子たばこを含めることに反対した」

都知事も条例の制定に当たって、電子タバコを除外するとしている。

(都、加熱式は規制除外も=受動喫煙防止条例で)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017112700966&g=spo

「受動喫煙防止条例について、加熱式たばこを規制対象から除外する検討に入った。」

まあ、どうでもいいんですが。

喫煙者も含めて、なるべく健康被害や依存が生じない方がいい。

CCRとの関連性から言えば、水タバコも候補になるが、こちらもいろいろ問題があるようだ。

(水タバコ)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E3%82%BF%E3%83%90%E3%82%B3

「イギリス保健省などの調査によると、水タバコ一回分の吸引によって体内で発生する一酸化炭素の量は、紙巻きたばこ1本分で発生する量の約4~5倍にものぼり、これによる脳などへの重大な影響が懸念される」

いずれにしても、受動喫煙対策としての循環式呼吸器は一考の余地がありそうだな。

まあ、ちょっと考えただけでも、問題点は多々ある。

嵩張るし、大げさだし、重いし、見た目悪いし、めんどくさいし、値段も高い。

循環呼吸を行うわけだから、当然、二酸化炭素除去と酸素の添加、それをコントロールするための酸素センサーは必須だ。

タール分を除去された電子タバコの場合は、ヤニ対策とかは必要ないかもしれないけど、酸素センサーは、たぶん、タバコの煙を想定して設計されていないだろうしな。

ミニマムボリュームを保つために、鼻から排気することも出来ない。

まあ、別に、ミニマムボリュームを保つ必要はないけどな。

オーバープレッシャーバルブには、何等かのフィルターは必須だろう。

燃焼させない加熱式の場合は、一酸化炭素の吸引による健康被害はないはずだからな。

温度管理をしっかりしたり、空焚きしたりしないようにしなければならない。

しかしなあ、鼻つまんで神妙な顔をして、プレブリージングもどきの喫煙というのも、冴えない話だ。

費用的にもいかがなものか。

CCR周りだけでも、1日数千円のソフノライム、酸素センサーや本体の減価償却費、消費する酸素代が掛かることになる。

もちろん、電子タバコ代は別途だ。

SCRは、排気が出てしまうので不適用だ。

電源は、リチウムイオン電池を、電子タバコと共有すればいい。

数十キロになる本体を持ち運ぶための道具も必要だろう。

小型軽量化して、せめて10kgは切ってもらいたい。

ディリュエントは、大気圧なので、特に高圧タンクは必要ない。

ワンウエイバルブからの手動注入等で沢山だ。

メンテナンスは面倒だな。

考えたくない。

小型軽量化がキモだが、使用に当たっては十分なトレーニングを積まなければならない。

ハイポキシア、ハイパーオキシア、ハイパーカプニア。

呼吸回路内への浸水はないだろうから、排水とかベイルアウトのトレーニングは要らない。

その代わり、PO2の管理はシビアになるな。

加熱部分の温度センサーとかも、加わるだろうしな。

酸素吹いて異常加熱したら、目も当てられない(カチカチ山かあ?)。

ここまで書いてきて、あまりのアホさに、これ以上書き続けるのが苦痛になってきた。

しかし、逆に考えれば、本物のCCRに加熱タバコ仕込んで吸えるようにすれば、普及に貢献できるのではないか。

それこそ、本末転倒だが、ダイバーの中には、タバコ吸いたさに、いの一番にボートに上がる方もいるからな。

水中でゆっくり吸って上がっていただきたい。

タバコへの依存なのか、CCRへの依存なのか。

いずれにしても、周囲に迷惑をかけることなく、喫煙を楽しんでいただけるわけだ。

水中の場合には、ミニマムボリュームの維持や、マスククリア、浮上の際に排気して、若干のご迷惑をかけることになるが、水中で他のダイバーが、その排気を吸い込むことはない。

水面で、地球大気で十分に希釈されるだろう。

それともあれかな、条例とかで、水面喫煙禁止になって、CCRでの潜水を規制しようとか言う話になるとまずいな。

呼気を循環させて、受動喫煙を防止するのが本来の趣旨だからな。

あくまで、陸上で、大気圧での運用に限るな。

PO2は、0.2のままでいい。

そこで欲をかくと、薬事法に抵触する恐れがある。

つーか、ニコチンを吸引させるだけで、当然引っかかるけどな。

酸素タンクは、1リッターもあれば十分だろう。

アタッシュケースの中から、おもむろに蛇腹ホースを引き出して、マウスピースを口にくわえてスイッチオン・・・。

おっと、酸素センサーのキャリブレーションと、プレブリージング(必要かあ?)を、お忘れなく・・・。