テクニカルダイビングあれこれ2018年04月28日 03:33

テクニカルダイビングあれこれ


行きがかり上、なぜかテクニカルダイビング「関連」(ここ、重要です!)の講習ばかり受けている浮沈子・・・。

んでもって、肝心のリブリーザーはそっちのけになっていて、オープンサーキットばかり吸っている。

レクリエーショナルのCCRメインで、スキルアップのためにテクニカルレベルのトレーニングをしながら、リブリーザーのインストラクターを目指すというのが当初の構想だったんだがな。

本末転倒も甚だしい。

しかもだ、テクニカルダイビングにしても、まあ、PADIのテック40は受けたが、TDIのイントロテックにしても、今回チャレンジするGUEのファンダメンタルズにしても、それ自体はテクニカルダイビングのプログラムではない(テックサイドマウントも同じ)。

もちろん、そのための事前準備というか、イメージ作りというか、そういう役割のプログラムではあるが、テクニカルダイビングそのものを教えるコースではない。

浮沈子は、その入り口辺りで右往左往しているわけだな。

もちろん、バリバリのテクニカルダイビングを始めるだけのスキルがないということもある。

やるかやらないかという、主体的な選択ではなく、やれるかやれないかという、そもそも論的な状況なわけだ。

それに加えて、やろうかどうしようかと迷っている部分がある。

浮世の雑事があるために、ダイビングで事故とか起こすわけにはいかないからな。

あまり、リスキーなことはできない。

新しいことにチャレンジしたり、自分のスキルを向上させるためのトレーニングはやぶさかではないんだが、その先に、リスキーなダイビングをするという選択肢はないのだ。

で、入り口辺りでうろうろする・・・。

もちろん、インストラクターがいて、安全管理もしている状態なら、まあ、自己責任の部分があるとしても安心して潜れる。

ふつーのダイバーと同じ環境で、トレーニングダイブしたりするのもかまわない。

慣れないドライスーツで、じたばたしていたりしてもだ。

まあ、なんとかなる。

しかし、実際のテクニカルダイビング(減圧ダイビングとか、閉鎖環境とか)を行って、高いリスクを受け入れるというのはできないな。

人様に物を教えるという立場を目指すなら、教える内容以上の経験をどれだけ豊富に持っているかが重要だ。

まして、ややっこしいCCRなんていう器材を使うとしたら、ガスのことや大深度潜水のことを深く広く知っておくに越したことはない。

いろいろな環境で潜ることも重要だしな。

そういう、いわば引き出しの豊富さが、講習内容に反映して、いいダイバーを生み出すもとになるんだろう。

少なくとも浮沈子なら、そういうインストラクターに習いたいと思うけどな。

もちろん、それだけが選択の要件じゃない。

逆に、これから経験を積んでいく若いインストラクターを育てるための一助として、生徒になるということもある。

浮沈子が活動できる時間は限られている。

いくら頑張っても、あと20年くらいしかない。

若いインストラクターは、これから長い期間を活動して、後進を育てることができるからな。

そういうことも考えて、いろいろ悩むわけだ。

時間との戦いは、既に始まっている。

複合的な要素が絡み、行動の選択肢は限られていく。

テクニカルダイビングのインストラクターになる気はサラサラない。

そういうのは、もっと適当な方がいるに違いない。

また、これからテクニカルダイビングを極めるというのも選択肢にはない。

経験を積むという意味で、練習はするけど、それをメインとして潜ることはない。

浅く、明るく、暖かいダイビングがいいわけだな。

テクニカルダイビングの講習を受けないというわけではない。

今回だって、たまたま縁があって受けることになったが、GUEファンダメンタルズは、誰に聞いても受けた方がいいといわれる。

しかし、その先のテック1とかは、多分受けないだろう。

分からんけどな。

CCRの方は、もう少し深潜りしたいから、ヘリウム混合ディリュエントはやりたいけどな。

まあ、その際のベイルアウトは、まんまオープンサーキットで上がってくる話になるわけだから、ややっこしい話は別にして、オープンサーキットでやっておくに越したことはない。

どの指導団体でどこまでやるかは、これからの話だが、少なくとも今はダメだ。

暫くは、通常以上のリスクを負わないダイビングの中で、スキルを上げてくれる講習を受けたり、トレーニングダイブしたり、自主練習したりする程度か。

今年の目標として、ファンダメンタルズを選んだのは、その意味では正解だったかもな。

やる以上は、充実した講習にしたいからな。

出来る範囲で予習するし、受かった後も、身に付くまでは習った範囲でのダイビングを繰り返す必要がある。

そういう機会がなかなかないのが問題だがな。

幸い、いろいろな縁で、練習環境は整えられてきた。

先のことは分からない。

今、出来ることに集中して、確実に身に着けていくしかないだろうな。

それにしても、CCR吸ってないな。

禁断症状が出てきて困る。

ダブルタンク背負うと、インスピを思い出すということもある(重さ的には同じくらいか)。

フラッシュバックするような感じかあ?。

國富に、ダブルタンクと両方持って行って、丸1日浸かっていたい気分だ・・・。

ダブルスチール?2018年04月23日 05:23

ダブルスチール?
ダブルスチール?


といっても、野球の盗塁じゃあない。

竹内さんのお誘いで、生まれて初めて、スチール製のダブルタンクを背負う(んじゃあ、スチールダブルか?)。

14リッターと12リッターのどっちがいいかを選択させられたんだが、迷わず12リッターにする(なんじゃく・・・)。

水中でのバランスが悪く(ケツが浮く)、次回は14リッターにチャレンジだな。

大瀬館前で背負い、砂浜を歩くが、インスピと同じくらいの感じか。

歩けないということはない。

14リッターでも歩けそうだ(ホントかあ?)。

筋トレの効果を感じる(気のせいじゃね?)。

水中では、慣れないドライスーツに苦労する。

中性浮力がうまく取れない。

前後のバランスが悪くて、足が動いてしまう。

仕方なく、着底してスキルの練習。

ベーシック5、Sドリル、フロートアップ。

バルブには、手が届かない。

やれやれ・・・。

ファンダメンタルズの時は、ウエットスーツなので、たぶん届くだろう。

お借りしたアルミのダブルタンクを國富に持ち込んで、確認してみよう。

スービックで潜った時とは、ハーネスもプレートも違うからな。

潜る前に、陸上で確認した時には届いた。

えーと、ドライスーツ着ないでやったからな。

人は手が届かないと、ドライスーツのせいにする・・・。

まあいい。

2本目は、ウエイト1kgを、ウエストベルトに括りつけてみた。

初めは安定していて、スキルも中層で出来たんだが、ガスが減ってきて、残圧30くらいになったらトータルの浮力がプラス(浮く状態)になった。

足が上がって、逆立ちになる。

ゲーターもアンクルウエイトも付けている。

やっぱ、バランスが悪い。

14リッターの方がいいというので、次回は是非ともチャレンジしたい(歩けんのかあ?)。

まあ、やるっきゃないな。

お借りしたアルミのダブルは充てんされていたので、そのままプールに持ち込んで練習できる。

ややっこしいスキルも、数をこなせば何とかなりそうな気がしてきた(うーん、これも気のせいか)。

ご一緒させていただいたダイバー達は、一人はインスピ、もう一人は、ダブルタンクの他に、11リッターのアルミタンク4本携行というヘンタイばっか(失礼!)。

浮沈子の怪しげなSドリルに付き合っていただいたりして、お世話になりっぱなし。

今日は、水中で1回咳き込んだが、何とか耳も抜けたし、1本目より2本目の方が余裕も出てきたりと、充実感があった。

3時半起きして、大瀬崎まで来た甲斐があった。

周りがヘンタイダイバーばかりなので、浮沈子的には気楽な感じ(自分が一番まともに思える:そうなのかあ?)。

コード付きの水中ライトを使ったのも初めてなら、スチールのダブルを担ぐのも初めて。

ネオプレンのドライスーツでダブルタンクを担ぐのも初めて。

大瀬館を使うのも初めてじゃないかあ?。

インストラクターカードを提示して、メンバー登録をしていただいた。

これで、ソロで来ても潜らせてもらえる・・・。

まあ、当分はトレーニングダイブで来るだけだけどな。

帰りは例によって、沼津駅近くのビジネスホテルに泊まる。

ガス抜きと、疲労対策、筋肉痛対策だ。

夕食を爆食して、泥のように眠る(この表現は、実に的確だな)。

(泥のように眠る、の泥のようにとはどういう意味)
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1212450572

「「泥(デイ)」という想像上の生物が海の中に住んでいるんだそうです。この「泥」、海の中にいるときは元気なんですが、海から外に出ると途端にダラ~~~となって動かなくなってしまうんだそうです。」

「そこから「疲れてしまって、ダラ~~~と寝てしまっている状態」を「泥のように眠る」と言うのです。」

海から上がった浮沈子も、泥(デイ)のようにダラーっと眠ったわけだ・・・。

夜中に目覚めて、コンビニにコーヒーを買いに行く(絵に描いたような薬物探索行動・・・)。

今日は、脱水対策で、コーヒーをセーブしていたからな。

何となく、何とかなりそうな気分になれただけでも、ストレスが減った気がする。

一人では、とてもやる気にならない。

魔界に引き込まれるというか、ブラックホールに落ちるというか。

文字通り、深みにはまっていくのか、その手前で留まるのか。

まあ、どうでもいいんですが。

いろいろやらさせる芸当(!)は、ヤバい時には頼りになるからな。

ダイビングの安全性の向上のためにも、練習しておくに越したことはない。

ちゃんと数えていないけど、ドライスーツを使うのも、今日で25本くらいにはなっただろう。

何事も経験だからな。

そのなかで、適切に修正を加えて、快適さと安全性を向上させていくことが出来ればいい。

筋トレ効果を感じられたのも嬉しい(ホントかどうかは別にして)。

フィットネスでの励みになる。

それにしても、ガス吸い過ぎだな。

合計2時間くらいのダイビングで、12リッター2本分、ほぼ吸いきったからな。

いい運動だな・・・。

ふつーのダイビング2018年04月14日 21:27

ふつーのダイビング
ふつーのダイビング


朝4時起きして、身支度を整え、クルマに器材を積んで東伊豆の富戸に行く。

今日は、訳ありのダイビングだったが、まあ、どちらかというと、ふつーのダイビングだ。

器材はシングルタンクのバックマウント、プレートじゃないふつーのBC。

ネオプレンのドライスーツ、マレスのオープンフットのフィン、ウエイトベスト、ゲーター(この辺りはふつーじゃないかも)。

ウエイトは、ベストに2kg(1kg×2)、ウエイトベルトに8kg、アンクルウエイト(0.5kg×2)で、合計11kg。

メタリコンタンク(10リッター)だしな。

フード被って、手袋はめて、ジャパニーズスタンダードスタイルだ(講習じゃないので、スノーケル省略)。

浅場で30分ほどで上がったが、100バールも吸っちまった。

1本だけ潜って、クラブハウスでカレーライスをご馳走になって帰ってきた(カレー食ったついでに潜ったのかあ?)。

体調が万全ではなかったのと、明日、予定があるので、早めにお暇した。

耳抜きにやや苦労した。

水中では平気だったが、陸上では、まだ咳き込む。

水中で咳が止まらないとヤバいからな。

そういう時は、潜らないというのが正しい選択だ。

良い子は、正しい選択をすべきだな。

マネしない方がいい。

久しぶりのヨコバマだったような気がする。

ふつーのダイバーとふつーのダイビングを楽しむ。

幸せだ・・・。

こういうダイビングが、ジャパニーズスタンダードなわけで、それが30年以上続いているのだ。

もう、それでいいような気がするんだがな。

漁協の前には、スントとかマレスとかアクアラングとかその他いろいろの器材屋さんが、出店を出して宣伝していた。

冷やかしだけだが、ダイビングの前と後とに、覗いてみる。

スントが、テクニカルでも使えるダイコンの新型を出してたな。

(Suunto EON Core)
http://www.suunto.jp/ja-JP/Dive-Collections/suunto-eon-collection/

「耐水性80 m(262フィート)」

完全な後継機種ではないようだな(SUUNTO EON STEELは150m、電池の持ちも2倍の40時間)。

廉価版というところか。

多少、小さくはなっている。

「CCR(fixed point)」

セットポイントを変える芸当はできないようだな(新旧どちらも)。

まあいい。

どーせ、こいつをCCRのバックアップにはしないだろう・・・。

日本語表記と、天地を逆にして表示できる機能がある。

左右どちらの腕に付けても、ボタンの操作性を犠牲にせずに、適正な表示が可能だ。

ワイヤレストランスミッターで、タンクの残圧がチェックできるんだが、トランスミッターのバッテリーの管理は当然できるんだろうな。

(SUUNTO TANK POD)
http://www.suunto.com/ja-JP/Products/dive-computers-and-instruments/Suunto-Tank-POD/

「数秒後に、シリアル番号、バッテリーの状態、およびタンク圧力を表示するメニューがポップアップします。」

出来るみたいだな。

詳細は分からないけど、どーしてもヘンタイダイビングの方に気を取られてしまう。

まあ、ポセイドンの残圧管理も、電気信号だからな(有線ですが)。

世も末だな・・・。

昔懐かしい、ふつーのダイビングも、どんどんヘンタイに近づいているのかもしれない。

来週は、ファンダメンタルズの自主トレで潜る。

周りはヘンタイダイバーだらけだ(たぶん・・・)。

今日も、ステンレスプレートで、シングルタンク仕様のブラダー付けて潜ろうかと思ったんだが、しばらくはふつーのダイビングができなくなるので、今生の思い出に(!)、敢えてドノーマル仕様で潜った。

幸せだ・・・。

周りにいるダイバーと同じに見える・・・。

バックキックしたり、ヘリコプターターンとか練習してたり、死んでもトリム崩さなかったり(崩すと、ドライスーツのエアが抜けちゃうんで)、よく見ると、BCのパワーインフレーターに、中圧が繋がっていなかったり(中圧のポートが足りなくて、ドライだけで浮力調整)、あんまふつーじゃないところもあるけどな。

水面待機の時には、BCにオーラルで給気してたしな。

まあ、どうでもいいんですが。

これで、思い残すことなく、ファンダメンタルズのトレーニングに入ることができる。

明日は、用事が済んだら器材をばらして、ダブルタンク用に組みなおそう。

神田に持ち込んで、チェックしてもらわなければならない。

体調も、何とかして元に戻しておかないとな。

少なくとも、水中で動き回れる健康体でなければ、ヘンタイダイビングはできないからな。

ふつーのダイビングでも、十分な気がするんだがなあ・・・。

神田初詣2018年01月21日 02:29

神田初詣


少々ズレた年末年始のお休みで、昨日から新年の営業となったEXスクーバに初詣した。

例によって、我が国のテクニカルダイビングを憂える会(会員2名)を一くさりやって、ついでに、世界のCCRダイビングを憂える会までやった。

まあ、新年だからな。

いいことにしよう。

話の中で、JJ-CCRが出てきた。

浮沈子が、固体酸素センサーの話を振った関係で出てきた(先日見た映像で、追加のセンサーのアダブターが出てきたから)。

(スウェーデン語?)
http://kfujito2.asablo.jp/blog/2018/01/14/8769549

「JJやAPユニット(APDのCCR?)に対しても、追加のセンサーとしての適用を考慮している」

JJはシンプルだが、専用の酸素センサーとゲージの確認に難がある。

うーん、ちょっとなあ。

慣れの問題(つーか、運用思想?)が絡むからな。

そこを理解できていないと、取っ付きで引っかかるかもな(ゲージなんて、水中では見ない!?)。

訳が分かっているCCRダイバーが使う分には、いいかも知れないけどな。

もちろん、改造して、ゲージを確認しやすくすることは可能だ。

セルは、仕方ないから、諦めるしかない。

専用品は、それなりに考えられているようだし。

ちっと、初めてのCCRダイバーに勧める機種ではないような気がした。

実際に使ったことはないので、あくまでも聞いた話に対する感想。

(JJ-CCR 2014 CE-EDITION)
http://www.jj-ccr.com/the-jj-ccr/rebreather-2014-ce-edition.aspx

まあいい。

ついでに、キャニスターライト(電池式)の取り寄せをお願いしてきた(個人的)。

ケーブルの付いた奴は初めてだからな。

練習用ということで、初めから高いライトを買って、断念して手放すのももったいないような気がしたから、使用実績があるやつを買ってみることにした。

電池式のキャニスターライトは、ネットで見ると星の数ほどあるが、使えるかどうかは分からないからな。

LEDが普及し、高性能ライトが簡単に手に入るのはいいが、リチウムイオンの充電式の場合、容量がデカイので、空港で引っかかる可能性がある(まあ、しばらく関係ないけどな)。

周りで、苦労している話が多いので、電池式にすることにした。

光量は、十分確保できる。

運用時間、耐圧も十分だ。

手に入れたら、また報告する。

フィンキックの話とか、ウエイトのバランスの話もした。

ちゃんとしたテクニカルダイビングのトレーニングを続けないと、いつまで経っても先に進めない気がする。

まあ、進まなくてもいいんですが。

とりあえず、今年は国内でのダイビングを始める(!)ことに集中しよう。

日帰りエリアに、せっせと通う。

スキルを維持するためにも、機会を増やそう。

動けない時こそ、動ける範囲では積極的に動こうとしなければならない。

去年は、結構頑張ったからな。

その位は、パワー出して頑張らないとな・・・。

センサーの寿命2018年01月15日 02:26

センサーの寿命
センサーの寿命


ユーチューブの字幕の自動翻訳が、どんな仕掛けになっているのかは知らない。

しゃべり出す前に字幕が出るので、録画から機械的に文字起こしして、翻訳エンジンに通しているんだろう。

文字起こしには、人間のチェックも入っているかもな(未確認)。

ポセイドンの固体酸素センサーのビデオの字幕を写していて、センサーの寿命の話が出てきた。

(スウェーデン語?)
http://kfujito2.asablo.jp/blog/2018/01/14/8769549

「And the lifetime is about the same as a divers lifetime, about 30-40 years, we are not sure.」(生涯はダイバーの生涯とほぼ同じです。約30〜40年ですが、わかりません。:自動翻訳のまま)

開発を始めてから5年、実際の使用環境に近い製品テストは2年くらいのようだから、まだ寿命は見えないんだろう。

何かの色素が酸素に反応して近赤外線の強さが変わるという代物だ。

(個体酸素センサーの仕組み)
http://kfujito2.asablo.jp/blog/2018/01/14/8769277

「原理:赤色光励起センサー色素は、近赤外(NIR)での発光を示し、酸素レベルの増加とともに減少します。」

ダイバーの生涯と同じ寿命か・・・。

一生もんということだな。

キャリブレーションの度にドキドキし、水中でも、何時落ちるかとびくびくしながら潜っていられるのも今のうちかもな。

まあ、どうでもいいんですが。

これからのCCRダイバーは、酸素センサーを消耗品とは考えなくなるわけだ。

昔は、キャリブレーションを手動でやっていたという話を聞いた。

ネジかなんかを回していたらしい。

浮沈子は、ビジョンになってからのインスピレーションからしか知らないから、キャリブレーションというのは、自動でやるもんだと思っている。

プレパッキングされた二酸化炭素除去剤が登場したのは、浮沈子の時代だ。

二酸化炭素センサーの導入も、最近の話だな。

ポセイドンは、まだ導入していないが、そのうち入れるかもしれない(未確認)。

何でも自動化され、それを支えるセンサーが導入されていく。

人間は呼吸するだけでいいわけだが、そのうち、呼吸さえしなくても良くなるかもしれない。

えーとですねえ、人工呼吸器と違って、リブリーザーの場合は、肺の換気は人間が行う必要がある。

呼吸回路を使うリブリーザー(市販のやつは、全部そうですが)では、回路内のガスを循環させる動力も人間が提供しているわけだ。

ここは、自動化されていない。

そこを強制的あるいは、半強制的に呼吸させるようなリブリーザーの登場だってあるかもしれない。

人によっては、呼吸抵抗が気になる場合があるからな。

抵抗を減らすためのアシストくらいは、想定の範囲内だ。

マウスピースのワンウエイバルブにセンサーが付いて、呼吸のタイミングを検知し、AIが制御する換気ポンプが、必要な流量だけアシストする。

流量の検知もセンサーが行う(カルマン渦とか、ホットワイヤーとかあ?)。

陸上で普通に呼吸するのと全く変わらない吸い心地・・・。

制御装置のAIの出来不出来が、CCRを選択する重要な要素になったりするんだろうか。

まあ、どうでもいいんですが。

電気仕掛けが派手になっていくのは、持ち込める電力が大きくなってきたからに違いない。

今時、気の利いたCCRは、リチウムイオンバッテリーになってきている。

最近は、デバイス側(腕に着けるモニター)が、独自の電源を持つようなタイプもある。

アナログ信号をやり取りしていたのはついこの間までで、CANなどという、自動車に使われているネットワークバスが導入されたりしている・・・。

光ファイバーで、デジタル通信するようになるのも、時間の問題だなあ。

水中に電気仕掛けを持ち込んで、命預けるなんてもってのほかとか言っていた時代は、完全に過去になるのかもしれない。

それでも、壊れないCCRなんて、当分先の話だろうから、電気が全滅した時の対応を練習するのはしばらくは続くわけだ。

ベイルアウトの携行も欠かせない。

そのびくびく度が、多少下がることはあっても、ゼロでない限りは予備を携行しなければならない。

何事もなければ、快適な水中散歩が楽しめたとしても、何か起こった時に慌てずに対処するのは人間の仕事だ。

AIは、その時には逝っちゃってるからな。

電気仕掛けが壊れれば、センサーの寿命がいくら長くても役に立たないのは当然だ。

対応できないダイバーは、命の終わりということになる。

まあ、だからといって、それがセンサーの寿命がダイバーの寿命と同じだという意味ではなかろう(マサカね)。

技術の進歩は留まるところを知らない。

ちょっと目を離した隙に、とんでもないことになっているということはある。

(どろろ)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%A9%E3%82%8D%E3%82%8D

「誕生した赤ん坊は身体の48箇所を欠損した状態で生まれ、母親と引き離されて化け物としてそのまま川に流され、捨てられてしまう。」

「成長した赤ん坊は百鬼丸と名乗り、不思議な声に導かれるままに自分の身体を取り戻す旅に出る。」

「魔物を倒す度に、奪われた48箇所の身体は1つずつ復活していく。」

医師でもあった手塚治虫の猟奇的な設定だな。

浮沈子には、次々と新しいデバイスを獲得し、複雑精緻になっていくリブリーザーが、百鬼丸のような気がしてならない。

そう、CCRは、新たな機能を獲得しているのではなく、欠損していた機能を取り戻しているのかもしれないのだ(マジかよ!?)。

本来、人間が生きることが出来ない水中に、僅かのガスを持ち込み、長時間の滞在を可能とする潜水器。

人間が吐き出す二酸化炭素を食い、酸素を吐きだす妖怪のようなもんだな。

それは、限りなく進化を続け、人間を補完する究極の存在になるのかもしれない。

水中だけでなく、地底から宇宙空間まで、既にリブリーザーは進出している。

将来、地球の大気が汚染され、直接呼吸することが出来なくなった時、人間は生まれた時からリブリーザーで呼吸するようになっているかも知れないのだ(ヒエーッ!)。

換気能が衰えたジジババは、リブリーザー装着して散歩してたりしてな(在宅酸素療法じゃダメなのかあ?)。

当然、歩行支援機能とかもオプションで設定されるわけだ。

そして、ある日、人間に装着されないリブリーザーが登場する。

自走するリブリーザーだ。

単なるロボットではなく、呼吸する機械だ。

心臓はなくても、心拍センサーとかついてるしな。

何かブキミーな感じだな。

息切れしながら、よたよた歩いていると、後ろから抱き着かれて、マウスピース押し込まれちまうかもしれない。

まんま、妖怪だ・・・。

運動不足だったりすると、歩行支援じゃなくて負荷を掛けてきて、強制的に筋トレやらされるとかな。

おう、水泳教室とか、任せてくれ!。

バタフライだって、なんだって、お手の物だ。

AIだからな、泳法とかは、オリンピック選手並みだ。

出自がCCRだからな。

潜水1000mとか、楽勝だろう!!。

まあいい。

このくらいにしとくか。

酸素センサーの寿命が、ダイバーの寿命と同じになって、一生もんのリブリーザーが出来上がる時代になった(そうなのかあ?)。

それどころか、2代、3代受け継がれるようになるかもしれない。

我が家の家宝・・・。

今夜は、妄想が際限なく溢れてくるような気がする。

もしかしたら、浮沈子は、CCRという妖怪に憑りつかれているのかもしれない・・・。