聖職の碑2017年03月29日 19:06

聖職の碑


(顧問「絶対安全と判断」=8人死亡で謝罪-栃木スキー場雪崩)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017032901047&g=soc

雪山に入って雪崩にあったということだが、学校行事によって8人の死者を出したことから大きく報道されている。

スキー場で雪崩というのは意外だったが、既に営業期間を終えていたことと、ゲレンデからは外れていたことなどが重なり、ただの雪山での冬期登山になっていたようだ。

しかも、半日足らずで30cmを超える新雪が積もり、表層雪崩の危険が予想される中で、ラッセル訓練を実施していたという。

「絶対安全だと判断した」

その根拠や判断された方の経験値は分からない。

絶対に雪崩は起きないと考えていたことは確かだ。

その危険が想定されるときの装備がなかった。

そもそも、その認識があれば、登山は行わなかったに違いない。

ちょっと痛ましい事故になってしまったので、余りヨタ記事に取り上げるのは気が進まなかったんだが、ダイビングのリスク管理とも絡む話で、一応整理しておきたかった。

ビーコンという装置についても、参考になる。

漂流した際に身に着けていれば、発進場所を特定して救助してくれるという優れものだそうだ。

元々の計画を変更して、絶対安全と思われる訓練に切り替えたという。

その設定にミスがあったということなんだが、今後、どういう総括がなされるかは分からない。

浮沈子は、登山とか雪山には完全な素人なので、何が問題だったかも良く分かっていない。

思い出したのは、若いころに観た聖職の碑という映画のことだ。

(聖職の碑)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017032901047&g=soc

「中央アルプスの木曽駒ヶ岳における山岳遭難事故(木曽駒ヶ岳大量遭難事故)を題材とした新田次郎の山岳小説および、それを原作とした鶴田浩二主演の映画」

「(これから登山に行くのに、恐ろしい遭難シーンがあるため)子供たちが怖がるので見せないで欲しい」

今風だな。

2時間半を超える大作だが、興行的には失敗作だったらしい。

まあ、遭難して幼い子供が死んじまう映画だからな。

娯楽として楽しむという類ではない。

この中でも、綿密な計画を練り、周到な準備をして臨んだにもかかわらず、想定外の事象が発生し、事故は起こった。

危険を伴う訓練という点では、共通のものがあるが、同列に考えていいかどうかは良く分からない。

起こってしまったことを元に戻すことは出来ない。

再び、このようなことが起こらないようにするしかない。

それは、高校生の冬期登山を禁止することなんだろうか?。

それとも、他の方策を見出す努力をすることなんだろうか?。

(半径5メートルくぼ地に9人=顔たたき「眠るな」-8人死亡雪崩事故・救助隊証言)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017032900182&g=soc


「若者の死に顔を見るのは忍びない。」

「ここまで悲惨な現場はなかった」

やりきれない思いだな。

核の矛、核の盾2017年03月28日 14:16

核の矛、核の盾
核の矛、核の盾


核兵器を法的に規制するためには、核兵器保有国がその気にならなければ実現はしない。

もちろん、国連では、核保有国参加なしに合意を得ることは出来ない。

だからといって、核保有国が核兵器の非合法化に賛成するとは思えないしな。

(核兵器禁止条約交渉 日本は不参加を表明)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170328/k10010927011000.html

「現実的になるべきだ。北朝鮮がこの条約に同意すると信じる人がいるだろうか」

米国は、その北朝鮮に核開発を放棄するように働きかけてきたが、それは形だけだったと自ら明らかにしたわけだな。

核兵器を禁止する国際条約がないわけではない。

(核拡散防止条約)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A0%B8%E6%8B%A1%E6%95%A3%E9%98%B2%E6%AD%A2%E6%9D%A1%E7%B4%84

「5か国以外の核兵器の保有を禁止する条約」

「北朝鮮は2003年1月、再度NPT脱退を表明」

当初は加盟していたという方が驚きだな。

結局、この条約の枠組みでは、核拡散や廃絶はおろか、削減すら実現できなかった。

米国の政権が変わり、核兵器保有の拡大を唱えていることから考えると、非核保有国の不満は募るばかりだ。

ここは、非核保有国で新たな枠組みを作り、核保有国に突きつけるしかないと考えても不思議はないだろう。

韓国や我が国は、核の傘によって守られているという事情もある。

(先制不使用と核武装)
http://kfujito2.asablo.jp/blog/2016/08/08/8147922

「核保有国は、こう言うのだ・・・。
我々のマネをしてはならない、我々の言うとおりにせよ。 」

インドやパキスタンは面白くないといって、止めてしまった。

核の傘を受けている国は、準核保有国だからな。

武力の保有は、法的手段によって国家の安全が保障されないから行われるわけだから、その禁止を法的手段で行うというのもいささかの困難を伴う。

みんな、分かってやっている。

人類史上、ただ1国、核兵器を戦争で使用した米国は、北朝鮮に対してバンカーバスターの使用を具体的に検討し始めている。

(北朝鮮をめぐる“危険” 米は武力行使まで言及も「日本も無傷では済まない」 内部崩壊の可能性も)
http://www.sankei.com/west/news/170328/wst1703280004-n3.html

「グアムや米大陸から出撃するステルス爆撃機B-2は約2・8tのEGBU-28「バンカーバスター」特殊爆弾を最大8発搭載可能だ。」

もちろん、核兵器の使用も視野に入っているだろう。

(B61 (核爆弾))
https://ja.wikipedia.org/wiki/B61_(%E6%A0%B8%E7%88%86%E5%BC%BE)

「投下後、地中に数m貫入し、その後に爆発する。これにより、地下施設を破壊する。」

核兵器の使用を検討中に、それを法的に禁止する話に乗れるわけがない。

東洋の黄色いサルに核兵器を使うことなど、米国は何とも思っていないに違いない。

米国は、核兵器を使うつもりだろう。

バラクオバマは、先制不使用を画策したが、実現は出来なかった。

それに代わる手段を同盟国に提示できなかった。

核抑止は、実際に先制使用することでしか機能しない。

産経の記事にあるように、我が国も無傷では済まない。

米軍基地が攻撃対象である以上、東京も狙われている(横田基地は東京都内)。

(横田飛行場)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%AA%E7%94%B0%E9%A3%9B%E8%A1%8C%E5%A0%B4

「沖縄県以外の日本国内では最大のアメリカ空軍基地」

ここは司令部とかもあるからな。

狙ってくるのは間違いない。

朝鮮戦争は、形の上では継続中(休戦中)だしな。

その当事者である国連軍の後方司令部も横田だ。

核兵器を開発し、弾道ミサイルを我が国に向けて打ち放し、国民を拉致し、覚せい剤を密輸し、潜入を企て、デズニーランドに来ようとした異母兄弟を手に掛ける国家に対して、米国は戦争を仕掛けようとしている。

グアムのアンダーセンから飛んでくれればいいんだがな。

横田からも嘉手納からも上がるに違いない。

つーことは、当然狙われる。

航続距離は十分だし、戦術効果も期待できる。

まあ、核攻撃はないだろうが、絶対ないとは言い切れない。

通常爆弾による被害は想定しておかなくっちゃな。

後顧の憂いを断つためにも、攻撃を受ければ徹底的に反撃すべきだろう。

んで、その跡地には中国人民軍が進駐するのかあ・・・。

タッチマウスポインター2017年03月20日 21:19

タッチマウスポインター
タッチマウスポインター


ウインドウズタブレットを3枚も買ってしまって、途方に暮れている浮沈子(7インチ:ケイアンWinTab7、8インチ:ケイアンKBM85-B、10インチ:シンクパッド10:既存)。

シンクパッド10に続き、8インチのケイアンKBM85-Bにも、このソフトを入れる。

(TouchMousePointer(タッチマウスポインタ))
http://www.lovesummertrue.com/touchmousepointer/ja-jp/index.html

個人で限られた性能だけを使う分には無料のようだ(未確認)。

浮沈子の所に、金を払えという請求が来たことはない。

要するに、バーチャルポインターなわけだな。

画面をシコシコ擦ると、ポインターがピッピと動いて、タップするとクリックになるという(全画面モード)。

設定によって、タッチパッド風のエリアを表示させて、あたかもノートパソコンのそれのように、ブラウザーをスクロールさせたり、コピペしたりできる。

タッチパッド付きの折り畳み式キーボードを買ってしまった浮沈子は、まあ、そっちを使えばいいということになるが、持ち歩くガジェットを制限されているときなどは重宝する。

モバイルWi-Fiルーター、モバイルバッテリー、スマホ、キーボード、そして本体。

ノートパソコンより、重いんじゃないかと思うんだが、画面は所詮8インチだ。

やっぱ、10インチ以下というのはキビシー。

老眼鏡なしでは、とても使い物にはならない。

(製品情報 / KBM85-B)
https://www.keian.co.jp/products/kbm85-b/

「【お詫び】
製品パッケージ記載の商品サイズに誤りがございました。
誤)241.5×125.2×7.2mm
正)214.5×125.2×7.2mm
皆様にご迷惑をおかけしたことをお詫びし、訂正いたします。」

すいません、パッケージの記載なんて、小さすぎて見えませんでした・・・。

まあ、どうでもいいんですが。

メールも使えるように設定したので、暫く持ち歩いてみようと思っている。

キーボードは、必須だがな。

この大きさで打つのは拷問に等しい。

ブルートゥースの普通のやつを持っていこうかな。

タッチパッド付きも、徐々に慣れてきたので、あれでもいいか。

いろいろ持ち歩くことを考えると、結局、ノートパソコンになる。

バックアップの外付けハードディスクとかもあるしな。

正副予備の3系統を持ち歩くというのは、やはり辛い。

大概の方は、スマホとクラウドストレージで済ませている。

それが使えないところには行かない。

それが、正解だろうな。

人間は、この星のどこででも生きられるわけではないのだ。

スマホが使えるところで生きるというのも、立派な生き方だろう。

そして、スマホを抱いて寝るのだ・・・。

好ましからざる人物2017年03月06日 03:23

好ましからざる人物


(ペルソナ・ノン・グラータ)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9A%E3%83%AB%E3%82%BD%E3%83%8A%E3%83%BB%E3%83%8E%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%BF

杉原千畝について調べていた時にも、この言葉は出てきた。

ウイーン条約については、以前にも調べたことがある。

もう、はるか以前で、ブログなどを始める前だ。

(外交関係に関するウィーン条約)
https://ja.wikisource.org/wiki/%E5%A4%96%E4%BA%A4%E9%96%A2%E4%BF%82%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%B3%E6%9D%A1%E7%B4%84

第9条には、こうある。

「第九条:
1 接受国は、いつでも、理由を示さないで、派遣国に対し、使節団の長若しくは使節団の外交職員である者がペルソナ・ノン・グラータであること又は使節団のその他の職員である者が受け入れ難い者であることを通告することができる。」(前段)

「その通告を受けた場合には、派遣国は、状況に応じ、その者を召還し、又は使節団におけるその者の任務を終了させなければならない。」(中段)

「接受国は、いずれかの者がその領域に到着する前においても、その者がペルソナ・ノン・グラータであること又は受け入れ難い者であることを明らかにすることができる。」(後段)

「2 派遣国が1に規定する者に関するその義務を履行することを拒否した場合又は相当な期間内にこれを履行しなかつた場合には、接受国は、その者を使節団の構成員と認めることを拒否することができる。」

外交文書は、コンピューターのプログラムのようなもんだから、勝手に区切ったりしてはいかんのだが、まあ、どーせ日本語訳は正文じゃないからいいか。

日本語訳には、官報掲載時に誤植があったと言われている。

(外交関係に関するウィーン条約:備考)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%96%E4%BA%A4%E9%96%A2%E4%BF%82%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%B3%E6%9D%A1%E7%B4%84#.E5.82.99.E8.80.83

「上記誤りは、2008年7月9日に官報の正誤訂正欄で印刷誤りとして字句訂正が行われた」

ウィキソースは、訂正後の日本語訳を載せていることになるな。

まあいい。

マレーシアと北朝鮮のつばぜり合いは、とうとうペルソナ・ノン・グラータの発動にまで発展した。

まあ、事件に関する国家関与はともかく、行った先の国の刑事捜査について、国を代表する立場で言いたい放題言ったんだから、そのくらいの覚悟は出来ているんだろう。

本人が気にしているのは、本国に帰国してからの処分だけだ。

マレーシア政府が何と言おうと、そんなの関係ない!。

帰国したら、やっぱあれかな、粛清されちゃうのかな。

ヤバイと思って、第三国経由で帰国することにして、そこから亡命するのかな。

条約(第4条)では、アグレマンという言葉も出てくる。

「第四条:
1 派遣国は、自国が使節団の長として接受国に派遣しようとする者について接受国のアグレマンが与えられていることを確認しなければならない。」

「2 接受国は、アグレマンの拒否について、派遣国に対し、その理由を示す義務を負わない。」

業界用語だな。

部外者には、なんのことやらさっぱりだ。

解体新書を翻訳している、杉田玄白の心境だな。

(杉田玄白・本居宣長~江戸の学問~)
http://www2.nhk.or.jp/school/movie/outline.cgi?das_id=D0005120230_00000

「scene 04 困難をきわめた翻訳作業
玄白は仲間たちと『ターヘル・アナトミア』の翻訳(ほんやく)を開始します。しかし辞書もなくオランダ語がわからないため、作業は困難をきわめました。」

「玄白は語ります。「鼻は顔の中でフルヘッヘンドしたもの」という文章がありました。しかしその「フルヘッヘンド」がわかりません。ある本には、「木の枝を切り取るとそのあとがフルヘッヘンドとなる」、また「庭をそうじするとごみが集まりフルヘッヘンドする」とあります。」

「うず高く」という訳語を当てることになるのだが、よく知られた話だ。

(アグレマン)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%9E%E3%83%B3

「外交用語の一つ。フランス語で「同意」「承認」「承諾」。外交関係に関するウィーン条約における規定であり、接受国が派遣されてくる人物に対し、外交使節の長として承認すること。」

NHKつながりで、ニュースと解説を見ておこう。

(マレーシア 大使に国外退去求めるも 北朝鮮の反応なし)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170305/k10010899631000.html

「もしも派遣国側が国外退去を拒否した場合などには受け入れ国側は、さらに、「アグレマン」と呼ばれる外交官を受け入れる同意を取り消すことができます。その場合その人物は、外交官とは認められず、それまで与えられていたすべての外交特権を失うことになります。」

「仮に北朝鮮が、カン・チョル大使の国外退去を拒否し、マレーシア国内に駐在させ続ければ、マレーシア側の対応しだいでは、大使としての外交特権を失う可能性もあります。」

さて、大変なことになってきたな。

たかがマレーシアとなめてかかったんだろうが、東南アジアにおける重要な拠点を失いかねない事態だ。

「15人という外交官の数は、隣国のタイの北朝鮮大使館の8人と比べ、2倍近くで、マレーシアが北朝鮮にとって重要な対外活動の拠点」

銃殺、間違いなし!。

決まりだな(そうなのかあ?)。

(国外追放 北朝鮮大使、動きなく...)
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00351617.html

「日が暮れてからは、大使館では1部屋だけ明かりがともっているが、国外追放の通告に対し、ひっそりと沈黙を保っている。」

かわいそうに。

一人で遺書でも書いてるんだろうか?。

「今後の対応次第では、国交断絶まで発展する可能性も出ている。」

浮沈子には、マレーシアがそこまでやるとは思えないし、北朝鮮も戦略的に東南アジアとの関係は保っておきたいだろう。

ここは、大使の首と引き換えに、ことを収めるに違いない(あくまでも、予想)。

それとも、クララルンプールめがけて、弾道ミサイルぶっ放すのか。

届かないけど。

それはないな。

とすれば、銃殺の線は、ますます濃厚だ。

(マレーシア、北朝鮮との断交に現実味)
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM05H3E_V00C17A3FF8000/

「夜にはわずかに開けた大使館のカーテン越しに屋内で館員らがビリヤードらしき遊びを楽しむ姿を見せる」

ありゃあ?、遺書書いてんじゃないのかあ?。

「すでに北朝鮮籍者の入国ビザ(査証)免除の停止を決め、大使の国外追放という厳しい措置も取った。残るのは国交断絶だけだ。北朝鮮はかつて爆弾テロを主導したとしてビルマ(現ミャンマー)に断交されたことがある。」

まあ、国交断絶なんて、屁でもないんだろう。

ほとぼりが冷めれば、またどうにでもなると思っているのかもしれない。

そうすると、あれかあ、大使は銃殺じゃなくて、祖国の英雄になれるかもしれないなあ。

非難を顧みず、断固として最高尊厳を守ったとかなんとか。

胸には銃弾ではなく、勲章ということになる。

まあ、コストはあまり変わらんしな。

材料も、安いもんだ。

銃弾は、売れれば外貨獲得になるが、勲章は国外じゃ売れないしな・・・。

それにしても、事件の解明は進まない。

せっかく逮捕したスリーパーは釈放しちゃうし、実行犯の女性2人は、たぶん何も知らずに雇われただけだろうし。

死亡者の親族からは、何の音沙汰もないし。

科学分析の最終結果と、今までの捜査で得られた証拠で、立件するしかなくなる。

証拠不十分、真犯人は分からず、遺体は結局大使館に引き渡されて、幕引きになる。

マレーシアも、時が経てば、北朝鮮との国交を再開するに違いない。

魚心あれば水心。

水清くして魚住まず。

「俗用:
英語では、職場の部署で村八分に遭った職員を指す用法もある」(ペルソナ・ノン・グラータより)

なんかなあ、暗い思い出が蘇ってきそうだな。

この惑星の移ろい2017年03月05日 19:54

この惑星の移ろい


空ばかり見上げて、ロケットだとか、火星だとか、冥王星だとか、人工衛星ばかり追いかけている今日この頃。

気が付けば、季節は移ろい、浮沈子が棲息するこの惑星の北半球でも、春が進んでいる。

今日は啓蟄。

(啓蟄)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%95%93%E8%9F%84

「陽気地中にうごき、ちぢまる虫、穴をひらき出ればなり」

ちぢまる虫とは、浮沈子の事かあ?。

風邪をひいては、治りかけ、治りかけてはまたひき直しを繰り返している。

先週の水泳教室には、なんとか復帰したが、その後は引きこもり状態。

久々に、500Eのエンジンをかけ(一発ですな)、車検が近いことを確認する。

やっべ!。

まあいい。

このクルマだけは、いつでも稼働可能な状態にしておかなければならない。

車検期間中は、03ボクスターを待機させるが、あれで遠出は避けたいところだ。

一応、車検は通してあるし、いつでもフル稼働可能にはしてある。

やれやれ・・・。

明日はJ-AUTOが休みだからな。

火曜日に、忘れずに連絡して、調整しなければならない。

ロタツアーに行くのに、成田まで頑張ってもらわなければならないからな。

まあ、最悪、03ボクスターでもいいし、何なら電車でもいい。

シングルのサイドマウントで、荷物も少ない。

キャリーバッグも買ったしな。

電車で行こうかな。

春だしな。

穴から出て、うごめくのもいい。

でもなあ、混む時期だからなあ。

少し考えて決めよう。

いずれにしても、83タルガと03ボクスターを入れ替えておなかければならない。

理想は、両方手元に置きたいんだがな。

そんな贅沢は許されない。

1台は、疎開先だ。

「啓蟄のことを日本以外の漢字文化圏では驚蟄と書く。また日本でもそう書く場合がある。」

皇帝の名前だったからということだが、一時期元に戻ったらしい。

が、使い慣れていたということで、驚蟄に再度変わったという。

「二十四節気の名称のうちで日本と中国で異なっているのはこれだけである。」

ほほう・・・。

知らなかったな。

「啓蟄の期間の七十二候は以下の通り。

・初候:
・・蟄虫啓戸(ちっちゅう こを ひらく):冬蘢りの虫が出て来る(日本)
・次候:
・・桃始笑(もも はじめて わらう):桃の花が咲き始める(日本)
・末候:
・・菜虫化蝶(なむし ちょうと けす):青虫が羽化して紋白蝶になる(日本)

・初候:
・・桃始華(もも はじめて はなさく):桃の花が咲き始める(中国)
・次候:
・・倉庚鳴(そうこう なく):山里で鶯が鳴き始める(中国)
・末候:
・・鷹化為鳩(たか けして はとと なる):鷹が郭公に姿を変える(中国)

せっかくなので、日本と中国で纏めてみた。

中国は、啓蟄(驚蟄)なのに、虫に関する記述がなく、花と鳥なところが面白い。

日本で、桃の花がはじめて笑うというのも、なるほどと思える表現だな。

単に咲き始めるというよりは、人の心を映している。

ものごとは、目で見るだけではなく、心で見る。

厳しい冬の季節を乗り越え、春の訪れにウキウキする人の心を、的確にとらえているような気がする。

桃笑う スモモもモモも モモのうち(浮沈子)

おそまつ・・・。