続く海難事故2017年11月24日 13:42

続く海難事故
続く海難事故


このところ、海での事故が続いている。

(衝突船はフィリピン籍の鮮魚運搬船 那覇地区漁協所属漁船転覆)
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-618791.html

「那覇地区漁協所属のマグロはえ縄漁船とパラオ諸島沖で衝突したのは、フィリピン籍の鮮魚運搬船「ジョセリン」(171・58トン、乗組員:フィリピン人5人)と確認したと発表」

当初、乗組員7人が行方不明だったが、衝突船に救助され、全員無事だったそうだ。

やれやれ・・・。

(米軍輸送機墜落、3人不明 空母に艦載、沖ノ鳥島沖 エンジン不調が原因か)
http://www.sankei.com/world/news/171122/wor1711220040-n1.html

「米海軍の原子力空母「ロナルド・レーガン」の艦載機、C2輸送機が墜落した。」

「11人が搭乗していた。防衛省に入った連絡では8人が救助されており、3人が行方不明」

続報はなく、3人は行方不明のままだ。

(米海軍輸送機墜落、不明の3人の捜索打ち切り:追加)
https://www.cnn.co.jp/usa/35110919.html

(「北朝鮮帰りたい」漁途中で故障か 秋田の漂着木造船)
http://www.asahi.com/articles/ASKCS347RKCSUTIL003.html?iref=comtop_8_07

「北朝鮮から漁のために来たが、船が故障して漂着した。北朝鮮に帰りたい」

無事に漂着して助かったわけだが、船は半分沈没している感じだな。

良く辿り着けたものだ。

しかし、なんといっても世界の注目を集めているのは、アルゼンチン海軍の潜水艦、サンファンの行方だろう。

(爆発音か? アルゼンチン潜水艦、最後の通信から3時間後に…)
http://www.huffingtonpost.jp/2017/11/23/sanjuan_a_23286789/

「行方不明になったのは、1983年に建造されたドイツ製のディーゼル発電型の潜水艦「サンフアン」」

艦齢34年だが、だいじょうび?。

「11月15日、ブエノスアイレスから約430キロ離れた沖合いで信号を送った後、行方不明となった。」

「最後の通信から約3時間後の15日午前10時すぎ、爆発のような異様な音」

バッテリーの損傷で、水素が発生し、爆発したのではないかとの見方も出ている。

(アルゼンチン潜水艦、異音は爆発 海軍が認める)
http://www.afpbb.com/articles/-/3152841?cx_part=latest&cx_position=2

「バッテリーに深刻な問題があると、水素を発生する可能性がある。水素が一定割合を超えると爆発性を帯びる」

アルゼンチン海軍は、断定的な発表を控えていて、捜索は今も続いている。

潜水艦の事故と言えば、強く印象に残っているのはクルスクだな。

(クルスク (原子力潜水艦))
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%82%AF_(%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E6%BD%9C%E6%B0%B4%E8%89%A6)

「2000年8月12日にバレンツ海で事故により沈没し全乗員の生命とともに失われた。」

「アメリカ、イギリス、ノルウェーの各海軍が支援を申し出たが、ロシアはすべての支援を拒否した。」

そりゃあそうだろう。

当時最新鋭の戦略原潜だからな。

浮沈子は、その対応を非難することは出来ないと考えている。

ネットには、こんな記事も出ている。

(原潜「クルスク」沈没事故から15年:8月 12, 2015)
https://jp.rbth.com/society/2015/08/11/382831

「国中がクルスク号の事故について知ったのは8月14日午前。「バレンツ海で事故が発生。潜水艦は着底」と通信社が伝えた。」

「外国の専門家の支援を受けてハッチを開けられたのは、8月21日のことだった。」

印象に残るのは、艦長の妻イリーナさんの述懐だ。

「私の父も軍人、夫も軍人、息子も軍人ってことよね。だから実際に何が起こったのかを私の孫の世代でも知ることはないとわかる。一番重要なのは、乗組員が悪いわけではないということ」

やれやれ・・・。

アルゼンチンの事故が、同じような話なのかどうかは分からない。

しかし、潜水艦という艦船の使命は、隠密に行動し、秘密を守ることにある。

酸素は切れ、情況は絶望的だ。

水深200mという大西洋の大陸棚の縁の辺りが怪しいとされているが、まだ情報はない。

アルゼンチン当局が、どう思っているかは知らないが、秘密を抱えて深海底に沈んでいて欲しいと思っている輩もいるかも知れない。

(アルゼンチン潜水艦捜索 南大西洋で爆発のような音)
http://www.bbc.com/japanese/42105926

「水深200メートルで起きた爆発で乗組員は死亡したと海軍に言われた」

「・・・針金で(壊れないように縛った潜水艦で)航海に出させたから、死んでしまったんだ」

なんてこった・・・。

全てが明らかになるとは限らない。

鋼鉄製の甲殻に囲まれ、大気圧で潜ることが出来る潜水艦も、トラブルに見舞われれば海の藻屑だ。

やっぱ、CCRで浅いとこに潜ってるに限るな・・・。

アマゾン製CCR?2017年11月23日 22:55

アマゾン製CCR?
アマゾン製CCR?


円筒形の物体を見ると、条件反射してしまうビョーキな浮沈子・・・。

(人工知能Alexa搭載のスマートスピーカー「Amazon Echo」開封の儀&実際に使ってみた)
https://gigazine.net/news/20171120-amazon-echo-review/

しかしなあ、どうみてもサイドキックのキャニスターに見えるんだがな。

(KISS Sidekick CCR Buildup)
http://www.narceddiving.com/2014/10/kiss-sidekick-ccr-buildup.html

ヘッドを付けて、パンチングメタルの筐体に挿入するところは、まんまだな。

「カバーはインテリアや気分に合わせて、別売りのものと交換することが可能となっています。」

CCRも、アマゾンエコーのように、筐体を交換して楽しむというのがあってもいいんじゃないか。

気分がブルーな時は、逆にピンクにするとか。

リンクされている動画で、アレクサが歌を歌うというのもある。

「(うー)テクノロジー
(うー)テクノロジー
(うー)なくてはならない テクノロジー

Wi-Fiなしじゃ しゃべれない
音楽だって 選べない
どしたらいいの お買い物
今何時か 入れない(意味不明:下記原文参照)

今日も元気 それに感謝しよう
そう思うでしょう?
だから いち にい さんで 歌おう
テクテク テクテク テクノロジー

(うー うー) テクノロジー」

(Can’t get technology off your mind? Amazon’s Alexa is no help as she sings about her place in the world:原文あり)
https://www.geekwire.com/2017/cant-get-technology-off-mind-amazons-alexa-no-help-sings-place-world/

「“Technology, technology,
where would I be without
tech-no-lo-gyyyyyyyyyy?

Without the Wi-Fi I couldn’t say hi,
as for music, I couldn’t choose it.
Shopping lists would cease to exist,
and time would be on your wrist.

I thank my lucky stars that I’m here today,
I hope that you’ll agree.
Give me one, two, three shouts of love,
for tech-tech, tech-tech, technologyyyyyyyyy.

Wooooo-hoooooooo, technologyyyyyyyyyy.”」

勘弁してくれ・・・。

浮沈子は、CCRで潜る度に、このどっちらけの歌が、耳の奥で鳴り響く気がする。

大きさ的には、キャニスターより、二回りほど小さい。

このくらいの大きさでいいんだがな。

時間的には1時間くらいしか持たないだろうけど。

通常のダイビングなら、それで十分だろう。

それより、簡単に交換出来て、プレブリージングが短くて済むのがいい。

水密のチェックやプレブリージングが面倒だから、ほぼ1日分のソフノライムを詰め込んで重たくしているが、毎回のダイビングで交換することを前提にすれば、軽く少量の二酸化炭素除去剤で潜ることが出来るはずだ。

タンクも同様で、浮力調整が多いダイビングは別として、潜降して徐々に上がって来るプロファイルなら、ディリュエントは殆ど消費されない。

十分なガス量を持ち込みたければ、ベイルアウトガスで調節する。

オンボードは、動作確認程度があればいい。

酸素は消費する分だけあれば十分だな。

ヘッドユニットと、ファーストステージはどうしようもないけど、キャニスターやタンクの容量を小さくして、重量を軽くするという手法は取れる。

アマゾンエコーくらいの大きさのキャニスターがあれば、短時間(1時間くらい)の潜水なら、十分だろう。

どこかで、そういうミニマムボリューム(!)なCCRを作ってくれないかな。

アマゾンエコーは、シリーズ化されていて、大きさが選べる。

Echo Dot:32 x 84 x 84 mm、163g
Echo:148 x 88 x 88 mm、821g
Echo Plus:235 x 84 x 84 mm、954g

スピーカーの性能と、内蔵スマートホーム・ハブによる簡単セットアップの機能があるか無いかで、アレクサ自身の運用には差はない(たぶん)。

構造上、CCRのキャニスターをスタックさせるのは難しいが、キスやレボは、分離型のキャニスターシステムを採っている。

レボは、簡単に交換できるようだ。

キスはどうなんだろうか。

ダイビング計画によって、使用するキャニスターの大きさを変えられるように出来ればいいかも。

呼吸回路の容積とも絡むので、なかなか難しいところはある。

さて、スマートスピーカーは、最近気になるアイテムの一つだ。

(【最新スマートスピーカー徹底比較】今すぐ買えるおすすめAIスピーカーは? 「Amazon Echo」「Google Home」「Clova WAVE」)
https://robotstart.info/2017/11/11/smart-speaker-buyers-guide-201711.html

「人によってこだわるポイントは違うとは思いますが、今回の評価ではAmazon Echo Dotが総合的にコストパフォーマンスが良いデバイスという結論になりました。今後各社まだ未発売のデバイスも控えているのでおすすめデバイスは変わっていくと思いますが、今買うならEcho Dot、おすすめです。」

そうかあ?。

音楽聞こうと思ったら、スピーカー外付けで、結局割高になるだけのような気もするけどな。

家庭内にデバイスを送り込んで、商売に繋げようとしているわけだからな。

タダで配っても、罰は当たらないような気がするんだがな。

余り露骨には出来ないというところか。

人工知能が家庭に入って、潜在需要を掘り起こして、ネット販売につなげるわけだ。

スマホの次のアイテムとして、定着するかどうかだな。

ところで、このブログ記事のカテゴリーは、何なんだろうな・・・。

筋肉痛を超えて2017年11月23日 12:49

筋肉痛を超えて
筋肉痛を超えて


テクニカルダイビングのトレーニングを続ければ、何かいいことがあるんだろうか?。

あんな事やこんな事が出来るようになって、あんな所やこんな所に行けるようになって、あんな物やこんな物が見られるようになるのかもしれない。

それには、それなりの動機づけがないといけないだろう。

筋肉痛を克服しながらトレーニングするというのは、それはそれなりに大変だからな。

浮沈子的には、40mを超える深度に眠っている沈船を見たいとか、その程度の動機しかない。

そのうちレクリエーショナルレベルのCCRインストラクターになるにしても、その先のことは何も知りませんではまずかろうからな。

ダイビングに幅と奥行きを持たせたいというのも、動機の一つだ。

魚とか知らないけどな。

そのうち覚えるだろうけどな。

すぐに忘れるだろうけどな。

まあいい。

自分の健康や運動能力を維持するためにも、何か新しいことに挑戦し続けることは大事だ。

ボケ防止にもつながるかもしれない。

ちょっと、日本を離れられなくなっているが、これを機会に近くの海を潜るというのもいいかも知れない。

CCRでのダイビングはプールで、オープンサーキットは海洋で練習できる環境はあるからな。

市川と富戸を使えばいい。

ストレッチやエクササイズは、せっかくフィットネスに通っているんだから、そこでやればいいしな。

準備は整っていて、あとはやる気だけ。

器材とスキルとマインド。

加藤さんが指摘したテクニカルダイバーの要件だ。

どれも大切だが、マインドだけは本人の問題だからな。

器材は器材屋さん、スキルはインストラクターが手伝うことは出来るが、それらに取り組む意欲だけは、本人が何とかするしかない。

ぱさぱさになった情熱を、重箱の隅からほじくり出してふやかすしかないのだ。

CCRの大深度スキルは、ちょっと齧っただけだけど、ベイルアウトについては殆どオープンサーキットのスキルと重なる。

だから、どっちでやっても無駄にはならない。

少しずつでも前進し続けるしかない。

自由に海外に行ける時に、もっとやっておけばよかった。

後悔先に立たず。

暫くは、国内の近場で潜り続けるしかないな。

獅子浜とか大瀬崎とかでも、たまには潜れるだろう。

潜るしかない。

筋肉痛とは仲良くなるしかないな。

きっと、無駄に力が入っているからだと思うけど。

数年後の肉体改造を目指して、一歩一歩取り組むしかない。

外は雨が上がって、陽が射し始めている。

少し気分も良くなってきたので、買い物にでも出かけようかな・・・。

筋肉痛=スポーツ?2017年11月23日 07:40

筋肉痛=スポーツ?
筋肉痛=スポーツ?


昨日、水深1mでフィンワークを1時間やったツケが来ている。

この間の名古屋のプールもそうだったが、テクニカルダイビングはスポーツに違いない。

少なくとも、筋肉痛になる行為であることは確認できた。

なんでだあ?。

日頃からフィットネスでのトレーニングに励み、それなりの運動を続けているはずなのに・・・。

足と腕、腰と背中に、メリメリという張りと痛みが残る。

腹筋とかは、痛みはない。

使ってないということか。

腰は、痛みというよりも張りがある感じだ。

コンフィギュレーションは、OMSのシングルブラダーにメタリコン10リッタータンク。

5mmウエットとフードベスト。

重めのブーツにジェットフィン。

ポケットパンツとウエイトベスト(下のポケットに1kgずつ)。

ステンレスプレートにして、腰のポケットにはウエイトを1kgずつ入れている。

淡水で、ステンで、スチールタンクなのに、ウエイトが4kgだ・・・。

タンクを脱いで重いフィンを履いたまま、2kgのウエイトベストだけで浮くと、首まで水面に出る。

竹内さんが、信じられないという顔をして見ている。

だから、浮くって言ってるじゃないですか・・・。

まあ、どうでもいいんですが。

太ももの裏側とかが、張っている感じもする。

前側は筋肉痛で、立ち上がる時に痛い。

腕は、肩から肘の先にかけて痛む。

もちろん、重いものを運んだりしたわけではなく、単に水中で腕を伸ばしているだけだ。

背筋は、それ程痛くはない。

使ってない証拠だな。

水中姿勢がよろしくないわけだ。

画像は、加藤さんから頂いた水中での浮沈子の姿勢。

恥を忍んで公開する。

「・・・肉体改造なので時間はかかりますが、数年で確実に成果が出てくると思います。がんばりましょう(´▽`)」

アドバイスの中身は、企業秘密(?)なので、ここには書けない。

ここをストレッチするとか、あそこを時間を掛けてエクササイズするとか。

数年かよ!?。

まあいい。

テクニカルダイビング(のトレーニング)を続けると決めたわけじゃないからな。

リスクを受け入れるかどうかの問題より先に、身体が付いていくかどうかがネックになっている。

陸上で、転倒するリスクの方が高いかもな。

今朝は、東京地方は雨だ。

前線の通過に伴う雨で、さっきから音を立てて降り始めた。

気圧が下がり、浮沈子のバロメーターの針も下がりっぱなしだ。

午後から上がる予報だが、この状態でフィットネスに行って筋トレする気にはなれない。

ゴロゴロするに限るな。

こんなことじゃあ、何年経っても肉体改造なんて出来っこない。

ますますブタになるだけだな・・・。

酸素が減ってる!2017年11月22日 01:34

酸素が減ってる!
酸素が減ってる!


地球型系外惑星の話で、酸素の季節変化について調べていたら、とんでもないグラフにぶち当たった。

(観測成果1:大気中酸素濃度の観測に基づくグローバルな炭素収支)
http://www.cger.nies.go.jp/cgernews/201211/264004.html

20年間で80ppmもの酸素が減っているのだ。

100万分の80だから大したことないなどと、高を括っていてはいけない。

10万年経てば40万ppm、つまり、40パーセント減ることになる。

酸素は空気中に約21パーセントあるから、8.4パーセント減って、12.6パーセントになる。

(【衝撃】地球の酸素濃度レベルが減少…新たな人類絶滅の波となる可能性も)
http://kyukyoku-matome.com/major-disturbance/mystery/oxygen-decrease/

「・酸素濃度21%:正常酸素濃度
・酸素濃度18%:安全濃度
・酸素濃度16%:呼吸脈拍増、頭痛悪心、吐き気、集中力の低下
・酸素濃度12%:めまい、吐き気、筋力低下、体温上昇
・酸素濃度10%:顔面蒼白、意識不明、嘔吐、チアノーゼ
・酸素濃度 8%:昏睡、8分以内に死亡
・酸素濃度 6%:痙攣、呼吸停止、6分以内に死亡」

地球全体で頭痛悪心、吐き気、集中力の低下が起こり、相当数がめまい、筋力低下、体温上昇に悩まされることになる。

高地では、顔面蒼白、意識不明、嘔吐、チアノーゼ続出というわけだ。

過去の地球では、一時的に酸素濃度が急減したことがある。

(過去10億年の大気中の酸素濃度の変化)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E7%90%83%E3%81%AE%E5%A4%A7%E6%B0%97#/media/File:Sauerstoffgehalt-1000mj2.png

図中の2億5千万年前の急激な変化は、P-T境界における大量絶滅の時期と一致している。

それでも、15パーセントをわずかに下回る程度だ。

(P-T境界)
https://ja.wikipedia.org/wiki/P-T%E5%A2%83%E7%95%8C

「古生物学上では史上最大級の大量絶滅が発生したことで知られている。」

少なくとも酸素濃度に限ってみれば、現代は大量絶滅期に相当するだろう。

人類などは、とても生き続けることは出来ない。

文明は当の昔に滅び、生き残った人々も苦しみ喘ぎながら絶滅を待つのみだ。

まあ、人類の文明が引き金を引くことになるわけだから、自業自得ということになるが、途中からはその影響は相対的に低下する。

なんたって、文明が滅びちまうわけだからな。

しかし、一方では、排出した温室効果ガスの影響は、引き続き継続するわけだし、それをトリガーとして、凍土地帯のメタンガスが噴出したり、深海のメタンハイドレートが噴出して、温暖化を加速するわけだからな。

止まらなくなるわけだ。

(【懐かCMソング】かっぱえびせん【カルビー】:動画、出ます。)
https://www.youtube.com/watch?v=sIHIkGxraNs

まあ、どうでもいいんですが。

確認しておこう。

地球上の酸素濃度は、季節変動しており、二酸化炭素濃度の変動と(負の)相関関係にある。

また、長期変化を見ても相関を見せていて、二酸化炭素の増加に対応して減少している。

この傾向が続けば、10万年後には、人類の生存を脅かす事態となり、文明は崩壊し低酸素症にあえぐ人々であふれかえるだろう。

今のうちから、CCRのトレーニングしておくに越したことはないのだ(そうなのかあ?)。