島の夜2017年09月19日 03:32

島の夜
島の夜


最終日のダイビングが中止となり、お客さんを送り出した後の宿は閑散としている。

笠井さんご夫婦、泊まり込みスタッフの鈴木さん、竹内さん、浮沈子だけ。

スタッフにとっては、ハードな1日だったろうけど、潜らなかった浮沈子にとっては、いい休息になった。

ちょっとしたクルージングを2回しただけだからな。

夜中に目が覚めて、眠れなくなって書き出した。

聞いた話だが、小笠原は若い人が多いという。

大多数のお客さんが帰っていったこの時期でも、見送りを見る限り、確かに子供たちを含め若い世代が多い。

でもなあ、うちの近所の住宅街だって、ジジババだけが住んでるわけじゃないしな。

島の魅力に取りつかれ、居残ってしまった人々が住んでいるからだというが、どれ程の割合になるのかは知らない。

父島、母島合わせても、3000人程度(渋谷のスクランブル交差点を、一度の信号で渡る人数より少ない)だからな。

世代の人口が1000人に満たない。

全員が顔見知りの世界だから、そういう印象を与えるのかもしれない。

夕飯に湾岸通りと1本裏道の通り(地図には「ボニン通り」とあるが、現地では通じないようだ)の店の中から、おススメの店を選ぶ。

カメ料理が食べたかったので、笠井さんのおススメで「ぼう家」に入った。

カメ刺し、カメ煮込み、漬け丼などをいただく。

臭みもなく、食べやすい。

カメ刺しは、シャーベット状のまま口に入れ、舌の上で解凍するのが正解だそうだ。

明日も明後日も外食だからな。

かがや亭(年中無休)、丸丈(出航日翌日休み)、波食波食(ぱくぱく:出航日翌日休み)などが候補だ。

TDIチームと行くのはチャーリーブラウンだから、そこは外す。

食後の散歩でうろうろしたが、通りは閑散として食い物屋以外の店は全て閉まっている。

夜の7時だというのに。

小笠原の本当の夜。

静かな島の夜。

居残ったものだけに見せる素顔だな・・・。

生協の前から電話して迎えに来てもらった。

宿では、ふつーの夕食を食べている。

こじゃれた創作料理のような奥様の手作り料理も素晴らしいが、それはあくまで商品としての料理だ。

いつもそんなもんばっか、作ってるわけじゃない。

島の夜が更けていく。

風呂に入り、8時過ぎには爆睡した。

夜中の3時。

屋上に出て空を見上げれば、満点の星々。

既にオリオン座が上がってきている。

季節は廻り、秋の虫たちの声が、夏の終わりを告げているようだ。

まだまだ昼間の日差しは殺人的で、日向に出ればキョーレツな紫外線を浴びることになる。

夜中というか、夜明け前というか、この時間の夜気は涼しい。

島の夜は、深く深く、静かな眠りに落ちていた・・・。

お見送り2017年09月19日 03:27

お見送り
お見送り


小笠原丸(以下、「おが丸」という。)出航の際、父島恒例のド派手な見送りが行われることは有名である。

ダイビングボートやドルフィンスイムの船などが、大船団を組んでおが丸の右舷側を走行する。

今日も、10艇以上が荒波を突いて二見港の沖合を爆走した。

本来はフィッシュアイの持ち船で行くところだが、残念ながら今回はアクシデントで動かず、緑色のダイビングボート(ドルフィンテール)でのお見送りとなった。

小さな子供を連れたお母さんまで乗ってきて、さながら見送り隊の様相を呈している(20人くらい乗り込んだかも)。

浮沈子もお願いして、フィッシュアイのスタッフと乗り込む。

今回の居残り組は、竹内さんと浮沈子のみ。

おが丸を父島から見送るというのは、得難い体験だ。

飛び込みますかと聞かれたけど、丁重にお断りした。

そういうのは、若い世代に任せる。

出港すると、保安庁のボートが後方からついてきている。

うーん、まあ、そうだろうな。

お仕事、ご苦労様である。

後方から来た船が、次々と停船する。

そう、飛び込むときは、船を止めているのだ。

海況によって、あるいは船によっても、走行しながら飛び込むときがあるようだが、浮沈子が乗り合わせた船では、半分くらい女性が飛び込んでいたな。

元気だな・・・。

湾の出口の手前で、飛び込んでいたが、これも、海況によるそうだ。

結構波が高くて、飛び込んだ女性の一人は、怖かったといってたけどな。

無事に回収して帰路に就く。

船内には、もの悲しい雰囲気が漂う。

あの、ド派手な見送りは、島の人々にとってはお祭りのようなものだ。

太鼓が打ち鳴らされ、出航の銅鑼が響き渡る中、「いってらっしゃーい」という見送りの言葉が送られる。

汽笛の長音が、それに重なり、感極まった乗船客の感涙をさそう。

さようならではない。

そこに込められたものが、見送る側の寂寥感であり、決して営業トークではない、心からの叫びであったことを確認することが出来たことは良かった。

16年前、同じように送り出され、そして戻ってきた浮沈子が、今回は見送る立場で手を振っている・・・。

ちょっと運命的なものを感じて、ウルっとしてしまった。

島の暦は、おが丸の日程で動く。

3日後の到着までの間、島の本当の時間が回りだす。

今日は不幸にして潜れなかったが、明日はビーチの予定だ。

いろいろアクシデントの事後処理や、TDIの受け入れの段取りでてんてこ舞いの中、浮沈子一人のために(!)ご配慮いただいて、大感激!。

今夜は宿の夕飯はない。

街中へと繰り出して食べに行く予定だ。

島魚の料理が目当てだが、小笠原の夜の街の雰囲気を味わいたいものだ。

さて、そろそろ準備でもしようかな・・・。

片手2017年09月13日 15:14

片手


片手バタフライに挑戦。

今日も、水泳教室で、みたらし団子を賭けた特訓が続く。

ちなみに、みたらし団子というのは、消費カロリーの目安で、1本150kcal程度。

ジェクサーの水泳教室では、心拍管理のため、開始時に活動量計を配られる。

心拍だけ見ているので、まあ、テキトーなんだが、終盤になると、ババ達の話題は、本日の消費カロリーに集中する(今日は、みたらし団子〇本分泳いだとかなんとか)。

ベースの脈拍が速い浮沈子は、1時間で450kcalくらいがふつーだが、基礎代謝が落ちているババ達の中には、300kcalくらいの方もいて、羨ましがられる(1本、多く食べられるからな)。

まあ、どうでもいいんですが。

開始前、ババの一人の水着が裂けてしまって、ジャグジーから上がれなくなってしまった。

大急ぎで、レンタルの水着を、係の人が持って行って、ゆでだこになる前に事なきを得た。

ちょっとしたハプニングだな。

まあ、お孫さんもいる方だからな。

周りのジジたちは、気にも留めない・・・。

平日午前中のプールは、ご自分のトレーニングに熱心なジジババ達しかいないからな。

で、両腕をぶん回す前に、第二キックと腕を回すタイミングを掴むために、ドルヒラや片手バタフライをやる。

どちらの教授法にも一長一短がある。

ドルヒラの場合は、平泳ぎの癖が出て、頭が立ち過ぎてしまって、第一キックと同時の潜り込みに、うまくつながらないという恨みがある。

前方呼吸で両手の動きが同時というメリットはあるし、タイミングを掴むにはいいんだが、続けて行うことがやりにくい。

せっかく足だけで身に付けた、うねりを使って泳ぐ感覚を壊してしまいかねない。

おねえさんセンセは、もちろん、そこんとこは分かっていて、平泳ぎのように上方に浮き上がるのではなく、前方に浮いて、頭を突っ込みながら第一キックをかますように指導しているが、浮沈子と同じように、2つのことが同時に出来ないババ達は、混乱してしまう・・・。

平泳ぎが得意な方は、どうしてもそっちのカタチに引きずられてしまうし、苦手の方は、そもそもが無理な話になる。

初級の水泳教室で、バタフライを教えるのはなかなか難しそうだ。

浮沈子は、教わる立場であることに感謝している。

片手だけぶん回す片手バタフライも、指導方法としては一般的だが、こっちも問題を抱えている。

どーしても、クロールの手になってしまって、そんでもって、顔が横向いてしまって、当然ローリングする・・・。

横方向の回転が掛かって、当然フォームが崩れる。

片手バタフライの手は、クロールとは異なる。

ここんとこ間違えると、タイミングを掴むことは出来るかもしれないが、違う泳法になってしまう。

ただし、頭を突っ込むのは、手が水上でリカバリーしているのでやり易いということはある。

指導者が、そこんとこをわきまえて、言葉やデモンストレーションで、きちんと説明し、今は、これでいいのだと、生徒に納得させて、当面の目的としている手と足のタイミングを掴みつつ、うねりを崩さないという2つのことを、同時に試みられるようにする必要がある。

今日の初心者教室では、ローリング許容、顔が横向いてもOKで指導していた。

潜り込みは、努力目標。

目的は、手と足のタイミングを掴むこと。

しかし、手が付いたとたんに、その手の方に足を合わせようとして、第一キックや第二キックのタイミングがずれてしまうのだ。

まあ、それでもいいんですが。

クロールや平泳ぎ、背泳ぎと異なり、バタフライはビート板などの補助具を使わずに指導することが多い。

全身を大きく使って、そのコンビネーションで泳ぐので、補助具の適用が難しい(フィンは使いましたが)。

4大泳法のうちで、最後に教える泳法である所以である。

基本泳法であるクロール、裏返しの背泳ぎ、両手両足をそれぞれ同時に動かす平泳ぎがマスターできたスイマーが、その集大成として取り組む泳法である。

たぶん、そうじゃないという意見もあるんだろうが、浮沈子は、今のところ、それで納得している。

見よう見まねのクロールや、カッコだけの背泳ぎ、昔泳ぎからなかなか抜け出せないでいる平泳ぎ。

その、グラグラの基礎の上に、バタフライという高層建築を建てようというのだから、どうしても無理がある。

一応、浮沈子は、片手クロールについては、潜り込みの深さや手足のタイミングについて、合格点を貰った(たぶん)。

自分では、出来ている感じがしない。

上半身が立ち過ぎているし、潜り込む際に、頭のてっぺんではなく、顔から潜り込んでいる・・・。

そこで無駄な動きが生まれ、推進力を削り、水の抵抗を生む。

確かに、競泳で速く泳ぐための泳法とは異なる点がある。

今教わっているのは、肩の可動範囲が狭くなり、腰痛気味のジジババを、曲がりなりにも羽化させようという「なんちゃってバタフライ」(仮称)だ。

浮かび上がる時の浮力を利用したり、手の搔き方でも、前方に進むよりは、呼吸を確保したり、水上で手をリカバリーさせるための方便になる・・・。

そもそも、初心者教室でバタフライを教えることに無理があるのではないか。

その一方で、初心者だからこそ、新しい泳ぎに取り組みたいという意欲は強い。

ババ達のチャレンジ精神には、頭が下がる(えーと、第一キックの時の突っ込みとは違いますが)。

来週はお休み(ジェクサーの休館日)。

小笠原から帰ってきたら、今月最後の水泳教室が待っている。

蝶となって、水面から舞い上がることが出来るかどうか(まあ、フィン付では飛んでますが)。

それとも、水面下で、もそもそと動く芋虫で終わるのか。

浮沈子2017年の暑い夏は、まだ続いている・・・。

ナインイレブン2017年09月11日 14:54

ナインイレブン


グーグルニュースでの関連記事は、わずかに2件。

(同時多発テロから16年 分断深まるアメリカに危機感強める遺族)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170911/k10011134741000.html

(16年目のナインイレブン:同時多発テロがアメリカを変えたもの)
https://news.yahoo.co.jp/byline/maeshimakazuhiro/20170910-00075580/

今年は、チャーリーシーンが出演して、映画も公開されている。

(チャーリー・シーン復帰作!9.11同時多発テロ映画、日米ほぼ同時公開へ)
https://www.cinematoday.jp/news/N0092187

浮沈子は、さっき腕時計で日付を確認するまで忘れていた。

9.11。

もう、昔の話になってしまったな。

そうなんだろうか?。

ヤフーの記事には、アフガニスタンでの戦争は、まだ続いているとある。

ノー天気な米国の価値観が根底から覆り、ベトナム戦争で傷ついた誇りが、再び(文字通り)地上に叩きつけられた日だ。

我が国も、被害者を出しているからな。

人ごとではない。

夏が戻ってきたかのような、東京の空は、そんなことがあったことなど忘れてしまいそうなほど明るく輝いている。

このブログでは、略して「米国」と記述することが多い。

アメリカ合衆国。

この若い、荒ぶる国が、世界をかき回し続けている。

極東の情勢も、南アジアの情勢も、中近東の情勢も、アフリカの情勢も、米国の関与を抜きにしては語れない。

もちろん、中南米、オセアニア、欧州もそうだ。

世界中に関与し、破壊し、建設する。

いや、建設はその国が行い、米国は収奪だけかもな。

そのツケは、いずれ何らかの形で支払うことになる。

覇権とはそういうものだろう。

人のことは言えない。

我が国も同じなのだ。

いつか取り立てが来て、数世代分のツケを払わされることになる。

子孫の世代は大変だな。

米国の覇権は続いている。

16年前の支払いだけでは、そのツケは完済できないだろう。

極東で何かが起これば、また、新たなツケを生むことになる。

数百年、千年の単位で溜まっていく。

世代を超え、世紀を超えて、何かが累積する。

次のナインイレブンが起こる時、それが明らかになるかも知れないし、そうでないかもしれない。

今日も、北朝鮮のミサイルは飛んでいない。

我が国の防衛大臣は、ICBMの米国本土到達を確認するために、きっとまた撃つと予想している。

物騒な話だ。

話だけで、終わりに出来ないもんかな・・・。

核なき戦争2017年09月11日 00:04

核なき戦争


(「米朝軍事衝突なら朝鮮半島はほぼ壊滅する!」 元在韓米軍大尉が分析 ソウルは灰燼に帰す 日本にミサイル飛来も)
http://www.sankei.com/world/news/170909/wor1709090034-n1.html

「北朝鮮は間違いなく敗北するが、朝鮮半島の大半が壊滅する」

まあ、そうだろうな。

「これは北朝鮮が核兵器使用に踏み切らない場合のシナリオで、日本や米西海岸に核弾頭搭載の弾道ミサイルを撃ち込んだ場合、被害は桁違いに増大する。」

数百万、いや、千万単位の死者が発生する可能性がある。

勝敗の問題ではない。

そんなもんは、初めから分かり切っている。

それでもやっちゃうところが、問題なわけだ。

この記事の、元ネタを読んでいないので、何とも言えないんだが、想定として、米軍が核兵器を使わないということはないだろう。

当然使うという前提で、予想しなければならない。

バラクオバマは、先制不使用を宣言しようとしたが、それは叶わなかった。

浮沈子は、通常攻撃を仕掛けて、壊滅させられればよし、打ち漏らして核兵器が使われることになる可能性が高いと見ている。

仮に、先制使用ではなく、先に核兵器を使われたとしたら、報復のために使うことを躊躇うことは出来ない。

もし、使わなかったら、核の傘の信用にかかわる。

必ず、直ちに、無条件に使用される。

そうなったら、ロシアや中国も止めることは出来ない。

そんなことにならないように、初動での攻撃を徹底するために、戦術核を使用する可能性が最も高いのではないか。

つまり、初めから核兵器を使用することを前提に考えるのが、合理的だと思うんだがな。

朝鮮半島に置いて、核なき戦争は有り得ない。

世界で最も核兵器を使用する可能性が高いのは、ロシアと米国だが、使用する敷居が低いのは米国の方だと思うんだがな。

意外にも、北朝鮮が実際の戦争に使用することはないのではないか。

シナリオとしては、通常兵器の攻撃に始まり、米国の反撃で核兵器が使用され、通常兵器を撃ち尽くした北朝鮮が敗北して終わる。

例によって、核兵器の使用が、犠牲者を最小限に留め、戦争の早期の終結に寄与したという麗しき理由がまかり通って、世界は納得する(たぶん)。

短ければ数時間、長くても1週間がせいぜいだな。

それ以上は続かない。

ゲリラ戦とかがどの程度行われることになるのかは分からないが、北朝鮮の指導部が壊滅的な被害を被ることは確実だし、正規戦が終了すれば、組織的な戦闘は終結する。

中国やロシアが、パルチザンに援助して、ゲリラ戦をやらせるとは思えないしな。

政治的にも、経済的にも、軍事的にもメリットはない。

明日(日本時間では、明後日)、北朝鮮の息の根を止める国連決議が採決される。

もちろん、否決だ。

米国は、外交手段は尽くしたという切符を手にしたいんだろう。

(米決議案、中ロは同意困難か=臨検時の軍事手段容認-北朝鮮に「最強制裁」・安保理)
http://www.afpbb.com/articles/-/3142071?cx_part=latest&cx_position=17

「決議案からは従来の制裁決議に記されていた経済制裁などの非軍事的措置を示す「国連憲章41条に基づく措置を取る」の記載がなくなった。」

「その上で、制裁指定された船舶の公海での臨検を許可し、その際に「あらゆる必要な措置」を取ることを認めた。」

「識者は臨検時の「軍事手段を容認している」と指摘する。」

これは、宣戦布告だ。

経済封鎖され、生きていける国家はない。

少なくとも、ロシアは黙ってはいないだろう。

しかし、それこそ、米国の思う壺だからな。

有志連合が結成され、事実上の多国籍軍による封鎖行為が行われるだろう。

ったく、どっちが挑発してるんだか・・・。

米軍の元大尉の甘ちゃんのシナリオなんて、現実の情勢から考えたら、余りにも大人し過ぎて、話にも何もならない。

ロシアは、外交的にはポイントを稼ぐかもしれないが、同時にリスクも負う。

国際的に非難され続けた国家を、最後まで庇い続けたことになるからな。

中国は、軍事同盟国を見捨てることになる。

サイテーだ。

誰もが、そんな結末を望んではいない。

被害が甚大な韓国と我が国も、それは同じだ。

核なき戦争で、数十万単位の犠牲で済むなら、まあ、やってみてもいいかも知れないが(そうなのかあ?)、それでは済むまい。

ここは、知恵を絞って、荒ぶる米国をなだめ、核戦争を回避していかなければならない。

昨日も、今日も、予想されたミサイルの発射はない。

いい兆候だ。

国連決議の結果が気になる。

ここで、妥協を重ね、問題を先送りにすることが出来れば、みんなが不愉快な状況の中で、束の間の平和を享受することが出来る。

正義の戦争より、不正義の平和がいいに決まっている。

浮沈子は、そう信じている。

誰かがスッキリするということは、その他大勢が悲惨な状況に陥ることだからな。

みんなで、少しずつガマンして、スッキリしない状況に慣れなければならない。

その先に、さらに解決困難な状況が生まれるとしても、今の平和を少しでも長く保つことが肝要だ。

先のことは分からない。

誰がどう見たって、循環器病予備軍のお坊ちゃま君が、いつまで元気でいられるかということもあるしな。

その後に、親米政権が生まれないとも限らない(そうかあ?)。

そうしたら、我が国の頭越しに、米朝国交が回復して、平壌ディズニーランドが出来たりして!。

当然、喜び組とかも出演したりしてな(ディズニーと、どういう関係が?)。

まあ、どうでもいいんですが。

たまには、そういう楽観的な妄想もいいんじゃないか。

そう思わざるを得ない、昨今だからな・・・。