慎重な判断2017年03月29日 07:15

慎重な判断


(Pre-flight static fire test performed on flight-proven Falcon 9)
http://www.spaceflightinsider.com/organizations/space-exploration-technologies/pre-flight-static-fire-test-performed-on-flight-proven-falcon-9/

日本時間で31日の朝7時に変更になった、ファルコン9によるSES-10の打ち上げ。

回収した1段目を使った初の再使用ロケットの打ち上げになる。

スペースシャトルだって、オービターとか固体燃料ブースターとかは再使用していたわけで、別に大騒ぎする程の事はないし、当初の目論見に反して、2段目の再使用は今後とも行われない見込みなので、いささか冷めた目になってしまう。

それでも、従来使い捨てになっていた1段目を回収し、再使用に漕ぎつけたというのは快挙だ。

成功すれば、宇宙開発の歴史に新たなページが加わることになる。

注目すべきは、この打ち上げにおいても、洋上回収が試みられる点だな。

衛星重量5.3トンということで、回収にチャレンジする。

再使用ロケットを回収して、再度、使用するかどうかは別だ。

繰り返し使用による傷み具合を確認する意味でも、必要な措置だろう。

このブログでも何度か触れているが、イーロンマスクのぶっ飛びツイッターとは裏腹に、スペースXという会社自体は、極めて保守的でマトモな手法を採っている。

堅実で、一歩一歩進めている。

ライバル社が、1点突破を図っても慌てない。

その表れの一つが、記事中にあるこの記述。

「The maiden flight of the Falcon Heavy will only occur once nearby Space Launch Complex 40 is repaired.」

ド派手に爆発して、39Aをぶっ壊す可能性もあるからな。

そうしたら商売あがったりだ。

燃料(液酸)注入時に爆発炎上してぶっ壊した40を直してからでないと、ヘビーの試験発射は行わない。

そうか、ヘビーの発射の遅れは、それが原因だったのか。

挑戦的な打ち上げの背後に見える慎重な判断。

ということは、あれかあ、試験発射の際は、なんか期待してもいいってことなのかあ?。

まあいい。

39Aの改修は、どうみても中途半端で必要最小限に見える。

スペースシャトルの発射施設とか、残したまんまだしな。

ファルコンヘビー使って、爆破解体するつもりなんだろうか?。

まさか・・・。

PMA-3動く2017年03月28日 10:09

PMA-3動く
PMA-3動く


PMA-3が移動した。

(International Space Station PMA-3 docking module relocated)
http://www.spaceflightinsider.com/missions/iss/international-space-station-pma-3-docking-module-relocated/

「PMA-3 was located on the Tranquility module's port-side Common Berthing Mechanism (CBM), a place it had been for seven years.」

「The relocation effort moved the docking module to the Harmony module's space-facing CBM」

画像はNASAのものだが、ビゲロー風船が描かれてない点に注意だ(ちっと、弛んでるんじゃね?)。

トランクウィリティ左舷から、ハーモニー天頂部へと移ったわけだ。

このドッキングモジュールについては、すでに書いた。

(PMA-3の行方)
http://kfujito2.asablo.jp/blog/2017/02/25/8374948

2017年3月26日、新たな場所に移設され、IDA-3の到着を待って改装される(CRS-16:2018年8月予定)。

3月30日には、船外活動によって、電源ケーブルとデータケーブルを接続する予定だそうだ。

これらのハッチは、80cmであり、従来のCommon Berthing Mechanism(CBM)に比べて狭くなっている。

(共通結合機構)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%B1%E9%80%9A%E7%B5%90%E5%90%88%E6%A9%9F%E6%A7%8B

「ハッチの開口部は51インチ (130cm) である。」

こうのとりなど貨物用宇宙船のドッキングは、ハーモニー底部(地球側)などで行えるので、大物の搬入に支障はない。

スペースフライトインサイダーの記事にリンクされている動画を見ると、例の不細工なカバーが付いたままだ。

早いとこ、ちゃんとしたかっこにしないとな・・・。

太陽系中心主義2017年03月27日 20:02

太陽系中心主義
太陽系中心主義


記事中に登場するこの言葉に痺れる。

(地球の「きょうだい」に「生命発見」の現場を見に行く方法)
https://dot.asahi.com/aera/2017032300061.html

「惑星といえば地球を含む太陽系とそっくりのはずという中心主義は崩れた。」

「シナリオから外れた太陽系外惑星がどんどん見つかった。ひとつの恒星の惑星たちはひとつの円盤の上を同じ方向に回るはずだ。しかし、発見された惑星は、互いに垂直の軌道で回る星、逆方向に回る星、恒星に張り付くように回る巨大なガス惑星、まるで彗星のようにひしゃげた長い軌道を取る星など雑多」

この記事には、地球外生命の発見は時間の問題という、例の話も出てくる。

まあ、100億年くらい経てば、可能かもな。

地球に似た惑星系だから、生命がいると考えること自体が、太陽系中心主義なのではないのか。

地球外生命がいるかどうかを問われれば、分からないというのが正しい答えだ。

存在しない証明は極めて困難、かつ不可能に近いので、「可能性としてはいる」と答えるのが無難だ。

「NASAの科学担当副責任者のトーマス・ズールブッヒェン氏は、「もう、生命があるかどうかではなく、いつ見つかるかという問題だ」と、会見で言い切った。」

業界の人だからな。

あなたの商売は、儲かるんでしょうかと聞かれて、ぼちぼちでんな、と答えるようなもので、あまり意味はない。

立場上、そんな期待は持たない方がいいとは言えないしな。

「「生命発見」の現場に立ち会えないだろうか?」

「3桁の単位で速度を上げなければ、とても無理だ。」

「ブレークスルー・スターショット計画をあのスティーブン・ホーキング博士らが発表した。残念ながら、その技術は未開発だ。」

健全な感覚の科学記者がいて、なんかホッとする。

「観測で液体の水、水蒸気、あるいは生命の兆候を示す酸素やオゾン、メタンなどの証拠が見つかれば、ますます面白くなるだろう。」

しかし、それって、確実な証拠にはならない。

太陽系の中の、地球に最も近い惑星の一つである火星でさえ、サンプルリターン出来るのは、早くても2030年代になるだろう。

ましてや、それ以遠の惑星や衛星については何とも言えない。

今世紀中に出来るかどうか。

系外惑星においては、ほぼ確実に不可能と言っていい。

エウロパや、エンケラドゥスに存在しなければ、確認する術はない。

宇宙望遠鏡で大気組成や、その変化を観測しても、生命の存在を証明することにはならないからな。

惑星自体が生命体だとか、与太を飛ばさない限り、生きているうちに地球外生命の存在にお目にかかることはない。

少なくとも、向こうからやってこない限りは。

太陽系中心主義というのは、惑星科学の話だが、我々の存在が現にそこにあるんだから、まあ、仕方がないと言えば仕方ない話だ。

太陽系の惑星系が、どうやって出来たかについても諸説が入り乱れてるようだしな。

多様な惑星系の存在が明らかになって、益々賑やかになるだろう。

そして、生命という、一風変わった化学反応系が、この宇宙で普遍的存在なのか、そうでないのかについても、新たな知見がもたらされるかも知れない。

少なくとも、今のところ、一部の業界人を除いて、地球外生命が存在すると本気で考えている人はいない。

ああ、もちろん、宇宙人は別物だからな。

あれは、人間がこさえたもんだ。

宇宙人は、地球文化圏に普遍的に存在する。

テレビにも映画にも、沢山出てくるしな。

その存在を疑うことは、最早難しい状況だ。

そして、子供の頃から、そうやって洗脳されて、NASAとかの地球外生命探査のプロジェクトを支持する一般大衆とやらが形成されるわけだ。

業界の罠に、まんまとハメられている。

それは、大衆文化の罪と言えよう。

それに乗っかる業界人も、また、同罪だな。

ホントは、惑星科学の研究者は、地球外生命になんか興味ないに違いない。

しかし、大衆の関心を引き付けられるネタとしての価値は大きいのだ。

研究の継続にとって、地球外生命というのは欠かせない広告塔だ・・・。

浮沈子は、それは仕方がないと思うようになってきた。

立場が変われば、同じようなことを考えるだろうしな。

なんか、ダイビングと似たところがあるのかもしれない。

まあいい。

非日常的感覚ということでは、共通項はある。

本当の魅力は、そこにある。

しかし、それが日常になってしまえば、より一層、非日常的なものを求めたくなるのかもしれない。

ヘンタイ度がアップしていく・・・。

行きつく先は、テックか宇宙人だな。

「中心星は、太陽の光度の0.05%しか光っていないのに太陽と同じくらいの強いX線や紫外線を放射、すぐそばの惑星たちに浴びせている。厳しい環境のはずだ。」

突然変異を誘発する環境だけは整っている。

進化のスピードも驚異的だろう。

既に高度文明を築き上げて、地球に向かって艦隊が発進しているに違いない。

光速で移動する方法とかも、とっくに編み出している。

地球方向から発せられた電波を頼りに、既に無人探査は行われていただろう。

しかし、艦隊派遣には、異論も出たに違いない・・・。

この惑星は、中心星から遠く離れ、進化のスピードも遅く、生命が発生しているとしても下等なレベルに留まってるに違いない、とかなんとか。

電波なんか使ってるつまらん下等生物を見つけても、面白くはないしな。

とはいえ、既に月の裏側のラグランジュ点に艦隊を集結させて、侵略の機会を伺っているかも知れないのだ。

うーん、そうすると、生きているうちに地球外生命と遭遇する可能性もあるということになるのかあ?。

太陽系中心主義の崩壊も、楽じゃないってことか。

「もう、生命があるかどうかではなく、(我々が彼らに)いつ見つかるかという問題だ」

やれやれ・・・。

スト継続2017年03月27日 14:37

スト継続


ギアナの宇宙基地のストが継続している。

(南米ギアナのロケット打ち上げ、従業員抗議により延期中 再開時期は不明)
http://sorae.jp/030201/2017_03_24_guiana.html

「従業員のストの目的は、賃金交渉」

働き方改革とか、福利厚生の充実とかではない。

そもそも、長時間労働じゃないのかもな。

金さえくれれば、それでいい(そうなのかあ?)。

ラム酒をひっかけて、街に繰り出せればご機嫌だあ!?。

「打ち上げは無期限延期に」

この件が報じられてから、既に1週間が過ぎた。

「今回のアリアン5だけでなく、4月4日にはギアナ宇宙センターから「ソユーズ」ロケットの打ち上げも予定」

ボーイング社製のイオンエンジン付きの通信衛星(SES-15)の打ち上げだそうだ。

まあ、こっちも多少遅れることは織り込み済みだろうしな。

ストはいつまで続くのか。

昔は、よくストで電車が止まったりしたけどな。

最近は、我が国ではあまり聞かなくなった。

ギアナだからな・・・。

(フランス領ギアナ:経済)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E9%A0%98%E3%82%AE%E3%82%A2%E3%83%8A#.E7.B5.8C.E6.B8.88

「最大の産業は漁業(輸出の3/4を占める)であり、金、木材が続く。」

「失業率は20%から30%と高い。」

「ギアナ宇宙センター関連の産業がGDPの25%を占め、1,700人を雇用している。」

やれやれ・・・。

(ギアナ宇宙センター)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AE%E3%82%A2%E3%83%8A%E5%AE%87%E5%AE%99%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC

公式ページのリンクをたどる。

「ARIANE 5 LAUNCH POSTPONED」

「The evolution of the situation does not permit the restart of operations for the Ariane 5 launch scheduled for today, Thursday, March 23, Arianespace has decided to postpone the launch.」

再開の目途は立っていないようだ。

ストかよ2017年03月21日 21:39

ストかよ


人類の持てる技術の粋を凝らした最先端のテクノロジーが詰まった、ロケット打ち上げ。

べらぼーに高額な衛星を乗せて、宇宙の高みに紅蓮の炎を上げて駆け上がっていく・・・。

・・・はずだったんだがな。

(アリアン5、ストで打ち上げ延期 ブラジル・韓国の通信衛星搭載)
http://www.afpbb.com/articles/-/3122138

「職員らによるストライキにより、21日に予定されていた「アリアン5(Ariane 5)」ロケットの打ち上げが延期された。」

ストかよ・・・。

まあ、多くの労働者のおかげでロケットが上がるわけだから、待遇の改善を求めて、ストを打つということもあるんだろう。

実際、これが初めてではないようだしな。

(Arianespace delays launch of Ariane 5 Flight VA236 due to ‘social movement’)
http://www.spaceflightinsider.com/organizations/arianespace/arianespace-delays-launch-ariane-5-flight-va236-due-social-movement/

「In 2011, Arianespace had to delay an Ariane 5 launch due to a strike within a different organization at the launch site, resulting in a 24-hour setback to the liftoff.」

2011年には、フライトナンバー544、558、559、560、561の計5回の打ち上げがあったが、どれが該当するかは分からない。

打ち上げは、いずれも成功している。

まあ、558のインテルサットは、太陽電池パネルの展開に一部失敗したらしいけどな。

今回は、ブラジルと韓国の衛星を搭載しているようだ。

「ブラジルの「SGDC」衛星は同国政府と軍の戦略通信のほか、ブラジル全土にブロードバンドサービスを提供して遠隔地などでのインターネット接続を支援することを目的としている。」

「韓国の衛星通信事業者KTサット(KTsat)の「KOREASAT-7」は、韓国、フィリピン、インド、インドネシア、東南アジア向けの動画やデータ通信サービスに使われる予定。」

衛星は、どっちもタレスアレニア製らしい。

「地元労組によると、今回のストライキはフランス電力(EDF)のギアナ部門とクールー病院の職員らが中心となって行われたという。」

やれやれ・・・。

ロケット会社も楽じゃないな。

そのとばっちりかどうかは分からないが、フロリダからの打ち上げも延期になっている。

OA-7:3月24日→3月27日
SES-10:3月27日→3月29日

まあ、たぶん、関係ないだろうけどな。

労働運動でロケットが遅延するというのは、いかにもフランスらしい。

顧客に対して、コスト削減の努力をアピールするには、絶好の手段だろう。

労働者から文句が出るくらい、コスト削ってますって。

いずれも、契約の範囲内ということで、違約金とかの問題にはならないようだ。

そこは、労働組合と雇用者側との馴れ合い(?)ということもあるだろうしな。

会社の収益を圧迫することなく、圧力をかける。

どーせアリアンスペースなんて、ロクな給料払ってないんじゃね?。

まあ、どうでもいんですが。

明日からロタツアーで、いろいろ用意をしながら書いている。

早めに休んで、明日遅刻しないようにしないとな。