ズーマとは何だったのか2017年11月24日 07:25

ズーマとは何だったのか


フェアリングに関する調査を行うとして、事実上の中止となったズーマミッション。

打上げ再開の日程は、一週間たっても公表されていない。

分かっているのは以下の通り。

・低軌道に打ち上げられること(2000km以下、傾斜角50度という情報も)
・米国政府の発注であること(部署不明)
・当初予定の11月11日から1か月を割り込んだ10月16日に公表されたこと(異例とされている)
・ノースロップグラマンが衛星の製作を請け負ったこと
・最初に延期された11月15日の打ち上げが、直前になって16日に変更され、さらに延期されたのち、上記の調査を行うという理由で中止となったこと
・新品のファルコン9で打ち上げられる予定だったこと

(SpaceX delays top secret Zuma launch, preps for another)
https://www.bizjournals.com/orlando/news/2017/11/21/spacex-delays-top-secret-zuma-launch-preps-for.html

「While a new date has not been set, it is expected that SpaceX will launch the rocket sometime in December.」(新しい日付は設定されていませんが、SpaceXは12月にロケットを打ち上げる予定です。:自動翻訳のまま)

ホントかあ?。

まあいい。

謎だらけの打ち上げ(予定)。

米国民の税金をぶち込んでおきながら、情報を一切出さない秘密主義。

浮沈子は、フェアリングの件はブラフじゃないかと考えている。

本当の延期の理由は、衛星本体にあったのではないか。

まあ、どうでもいいんですが。

ニュースの焦点は、既に次の発射であるISSへの補給任務に移っている。

(火星でのビール製造に向け大手メーカーが実験、大麦をISSへ)
https://forbesjapan.com/articles/detail/18612

「宇宙空間が麦の保管に適した気温と湿度であるか、発芽した麦が地球上と同じように発芽から2週間のうちに少なくとも15~25cm程度にまで生育するのかどうかについて、詳しく調べたい考え」

勝手にしやがれ・・・。

NASAは、ズーマミッションが突っ込まれた影響で、ISSへの再使用ロケットの使用を無理やり(?)飲まされたわけで、その緊急性は並みのレベルではなかったはずなのだ。

それが、半月以上も延期され、さらに何時上がるかもわからない状況が続いている。

ホントは、ヤバい状況なのではないのか。

或いは、想定されていた危機が去ったのか。

12月開戦といわれていた(!)第二次朝鮮戦争との絡みもささやかれていた。

他にも、陰謀説は山のようにあるんだろう。

(Zuma Mission)
http://www.spacex.com/sites/spacex/files/zumapresskit.pdf

「Following stage separation, Falcon 9’s first stage will attempt to land at SpaceX’s Landing Zone 1 (LZ-1) at Cape Canaveral Air Force Station, Florida.」(ステージの分離後、ファルコン9の最初のステージは、フロリダ州ケープカナベラル空軍基地のスペースXの着陸ゾーン1(LZ-1)に着陸しようとします。:自動翻訳のまま)

ファルコン9の1段目の回収が陸上で行われることから、低軌道への打ち上げであることは間違いない。

衛星の重量も、極端に重いわけではなかろう。

件のフェアリング投棄のタイミングも、例えば同じく低軌道衛星であるイリジウムの打ち上げの時とほぼ同時だ。

「Zuma Mission:
LAUNCH AND LANDING
Hour/Min/Sec Events
00:01:10 Max Q (moment of peak mechanical stress on the rocket)
00:02:16 1st stage main engine cutoff (MECO)
00:02:19 1st and 2nd stages separate
00:02:21 2nd stage engine starts
00:02:30 1st stage boostback burn begins
00:03:08 Fairing deployment(←フェアリング投棄)
00:06:09 1st stage entry burn begins
00:07:51 1st stage landing
(以下、記載なし)」

(Iridium-3 NEXT Mission)
http://www.spacex.com/sites/spacex/files/iridium3presskit.pdf

「LAUNCH, LANDING AND SATELLITE DEPLOYMENT
Hour/Min/Sec Events
00:01:10 Max Q (moment of peak mechanical stress on the rocket)
00:02:23 1st stage main engine cutoff (MECO)
00:02:27 1st and 2nd stages separate
00:02:36 2nd stage engine starts
00:02:40 1st stage boostback burn begins
00:03:09 Fairing deployment(←フェアリング投棄)
00:05:41 1st stage entry burn begins
00:07:23 1st stage landing
(以下略)」

ちなみに、打ち上げまでのタイムスケジュールは、全く同一である。

イリジウムの軌道高度は780km位だから、ズーマはそれよりも低い可能性がある。

気になる打ち上げの新たな情報が入れば、また書く。

望遠鏡のCCR?2017年11月23日 19:19

望遠鏡のCCR?
望遠鏡のCCR?


宇宙に関心がある浮沈子。

しかし、コテコテの天文ファンではない。

興味関心に偏りがあり、ロケットとか宇宙論には反応するけど、天体観測用機器(望遠鏡)には、あまり興味はない。

反射鏡とかレンズとか、難しそうだしな。

身近に、自分で反射鏡を磨いて望遠鏡を作っている人がいたが、親しくすることもなかった。

ヘンタイの極みだ・・・。

そんな浮沈子が、ちょっと興味をひかれた望遠鏡がある。

(デジタル式のスマート天体望遠鏡「eVscope」--星の配置から方角を自動認識)
https://japan.cnet.com/article/35109424/

「eVscopeは、口径4.5インチ(約11.4cm)、焦点距離450mmの反射望遠鏡。」

「光学式の反射望遠鏡は、主鏡で結像させた星の姿を接眼レンズで拡大して見るのだが、eVscopeは主鏡の結像位置に設けたセンサで光をとらえ、画像処理して有機LED(OLED)ディスプレイで観察する。」

図を見ると、確かに主鏡の結像位置(主焦点)にセンサーが置かれている。

すばる望遠鏡にも、ハイパーシュープリームカムという、世界最大級のデジカメが付いているが、まあ、大きさはともかく、原理的には似たようなものだ。

(新型の超広視野カメラが開眼、ファーストライト画像を初公開)
https://www.subarutelescope.org/Topics/2013/07/30/j_index.html

「今回すばる望遠鏡に新たに搭載された HSC は、満月9個分の広さの天域を一度に撮影できる世界最高性能の超広視野カメラです。」

さて、問題のコンパクトな方の望遠鏡だが、その仕掛けが込み入っている。

「センサでとらえた光の情報は、短時間であるが加算して強調される。そのため、通常の望遠鏡だと暗くて見えないような天体でも、eVscopeなら見えるそうだ。」

通常の光学望遠鏡にデジカメ付けて、パソコンにダイレクトに送って処理しても同じことが出来るだろうが、それを前提にしているというところがスゴイ。

図を見ると、ナスミス焦点に接眼レンズらしきものがあるが、基本的には人間の目で観測することはない。

積分された光子の情報を、画像処理後にモニター画面で眺めるだけ・・・。

「鏡筒を保持する架台は、天体の自動追尾がしやすい代わりに慣れないと扱いにくい赤道儀でなく、直感的に見る方向を決めやすい経緯台を採用。」

つーか、コスト削減だな。

自動追尾機能については、コンピューターで制御するので、人間による赤道儀の極軸合わせの誤差とかに影響されないで済む。

「スマートフォンやパソコンと無線LAN(Wi-Fi)またはBluetoothで通信し、専用アプリから操作することで、目的の天体を視野に入れられる。見ている方向は、視野内にとらえている星の配置から自動的に認識される。」

浮沈子は、興味ないとは言いながら、過去に6センチの屈折望遠鏡(赤道儀)を所有していたことがある。

隔世の感だな・・・。

記事に添付されているビデオを見ると、接眼レンズに見えたのは、単なる液晶モニターのようだ。

つまり、ナスミス焦点の光学系は存在しない・・・。

勘弁してくれ。

浮沈子が初めてポセイドン6で潜った時、プールの中でゲージを必死に探したことを思い出すな。

圧電素子が仕込まれたポセイドンには、機械式ゲージはない。

パドルと称される不格好な液晶画面を見るしかないのだ。

しかも、そこに表示されるのは絶対圧ではなく、バーグラフ化されたパーセンテージだけ。

「マジかよ!?」

4mのプールの底で、思わず叫んだ。

そう、このデジタル化された望遠鏡には、反射鏡1枚と、主焦点に置かれた撮像素子があるだけだ。

後は、全て、電気仕掛け。

「さらに、eVscopeは「キャンペーンモード」という興味深い機能も備えている。このモードは、科学的な手法で地球外生命の発見を目指す非営利組織SETI Instituteと連携し、さまざまな天体観測で協力するためのもの。」

SETIアットホームの望遠鏡版だな。

暇こいてる、世界中の天文マニアを動員して、宇宙人探しをやろうとしている(そうなのかあ?)。

「例えば、小惑星の地球への接近、超新星や彗星(すいせい)の出現など、研究機関による組織的な観測が難しい、比較的短時間の現象を、eVscopeユーザーが観測してデータを提供するのだ。協力要請はインターネット経由で伝えられ、観測すべき方向へeVscopeを自動的に向けられる。」

その観測データを集積して、未知の天体現象を発見できるかもしれない。

天文学におけるコペルニクス的転回が起こるかもな(コペルニクスは、天文学者ですが)。

まあいい。

インターネットと固体撮像素子が、デジタル制御技術で直結する。

膨大なデータの処理はAIが行い、人間は、それが走るコンピューターの周りを掃除するだけになる(そうなのかあ?)。

(あなたの観測が天文学研究に寄与、新望遠鏡「eVscope」)
http://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/9501_evscope

「GPS装備の自律的視野検出機能により、視野内の星を自動的に検出して2000万もの天体の座標データベースと比較して向きを特定し、6軸コンパス/加速度センサーと電動の経緯台式架台によって望遠鏡を自動的に目標天体の座標に合わせることができる。一般的な天体自動導入と異なり、アラインメントは完全自動で行われる。」

もう、赤道儀のネジをゆっくりと回しながら、視野の中心に目標の天体を置く技術を磨く時代じゃなくなったということだ(モータードライブなんて、邪道です:極軸がずれていると、それも補正しなくっちゃ・・・)。

星図盤を片手に、明るい星を目安にして、目標の天体に望遠鏡を向けることもない。

21世紀のガキドモは、スマホを弄りながら積分された天体の画像をナスミス焦点を模した接眼レンズ(液晶モニター)で見るだけだ。

世も末だな・・・。

思い違い2017年11月21日 23:19

思い違い


最近も、地球に似た惑星が発見されたとかで、地球外生命体の存在を肯定する(期待する?)方面では、大いに盛り上がっている(たぶん)。

(地球そっくりな惑星、11光年先の銀河系で発見)
http://www.asahi.com/articles/ASKCJ3PQPKCJUBQU007.html?iref=comtop_photo

「生命の存在に欠かせない液体の水や穏やかな環境があるとみられる。」

素晴らしい!。

「惑星の表面温度は熱くなりすぎず零下60度~20度に保たれているという。」

さっき、ダイビングの器材を積み込むのに500Eの温度計を見たら、なんと4度だった・・・。

「ロス128b」並みだな。

「研究チームは、南米チリにあるESOの大型望遠鏡で惑星を観測。」

ここまではいい。

問題はその次だな。

「近くに建設を目指している次世代の超大型望遠鏡(ELT、直径39メートル)で、この惑星の大気を観測し、生命の存在につながる酸素の有無などを調べる計画」

酸素があれば、生命の存在が証明されるとでもいうのだろうか?。

もちろん、「など」となっているので、それだけではないだろうが、こんな記事もある。

(生命がいなくても酸素が豊富な地球型惑星は存在しうる)
https://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/525_abiotic_oxygen

「地球に類似した環境の惑星を仮定した場合、惑星表層の0.05%程度(地球でいえば北海道の面積以下)で酸化チタンの光触媒反応が継続すると、現在の地球と同程度の酸素大気が発生・維持されることが推定できた。」

つまり、酸素なんか見つかっても、何の証明にもならないということだ。

「先に非生物的に発生した酸素を保持する星で生命が後から誕生することが可能なのかどうかについても、今後明らかにしていかなければなりません」

まあ、それもそうだな。

他に何らかのバイオマーカーが必要なわけだ。

酸素だって、季節によって量が変動するようなら、何等かの生命作用があるかもしれないしな。

まあどうでもいいんですが。

この研究組織については、以前にもこのブログで取り上げている。

(宇宙人探索センター!?)
http://kfujito2.asablo.jp/blog/2016/12/02/8267105

また、火星に着いてはメタンの濃度の変化をバイオマーカーとする研究もあるようだ。

(火星で一時的に急増したメタンと有機分子の発見)
https://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/131_mars

「メタンが一時的に増加したのは、供給源があるからに違いありません。原因として、生物的なプロセス、水と岩石との作用によるものなど、多くの可能性が考えられます」

探査機を打ち上げる惑星探査は金が掛かる。

系外惑星の観測も、巨大天体望遠鏡など、湯水の如くだ。

しかし、それだけでは十分ではないのだ。

地球大気で吸収されてしまう電磁波については、地上の望遠鏡では逆立ちしても観測できない。

これからは、宇宙望遠鏡との連携で考えていかなければならないだろう。

月面に巨大望遠鏡を設置したり、従来の枠組みでは捉え切れないメガサイエンスが展開する可能性もある。

メンテナンスが大変そうだけどな。

ロボットにでもやってもらうしかないだろうが、そのロボットのメンテは、誰がやるんだろうな・・・。

往生際2017年11月21日 20:43

往生際


(火星の“しま模様”は水ではなく砂)
https://www.oricon.co.jp/article/344121/

「こうしたしま模様が乾燥した状態にあるのなら、最近の火星には多量の液体状の水は存在していないことになる」

もちろん、液体の水がなければ、生命の発生とかは覚束ない。

「まだ多くの疑問点が残っており、さらなる調査が必要だ」

業界の決まり文句だな。

分からないから、もっと金よこせというわけだ。

「火星が乾燥しているか湿っているかをめぐっては、最新データに基づく科学者の見解は長らく行きつ戻りつしている。」

「それでもまだ、火星には歴史の早い段階で生命が存在していた可能性が高い」

ひそかに存在しているかもしれないし、うまく隠れているだけかもしれない」

往生際が悪いというか何というか・・・。

火星の初期の頃に、液体の水があったらしいことは、概ね認められるようになってきた。

それでも、現在、生命の痕跡らしき情報は限られている。

万人が認める痕跡は、皆無だ。

生命が発生する条件が整っていたにもかかわらず、その痕跡が見いだせないというところがミソだな。

つまり、生命の発生というのは、宇宙で普遍的に起こる事象ではないことの何よりの証拠だ。

宇宙探査が進めば進むほど、そのことは明らかになっていくに違いない。

もちろん、大どんでん返しは何時でも起こり得る。

地球外生命を否定し続けるには、観測や探査を続けるしかないが、ひとたびそれが見つけられれば、オセロゲームの盤面のように、一気に常識が覆ってしまう。

百万の否定的事実の積み上げも、たった一つの発見でひっくり返る。

断定的に地球外生命を否定することができないという、構造的な問題があるわけだ。

さらには、生命というのが、化学進化の結果だということについては、一部の宗教家以外は既に広く認識されるに至っている。

神様とかそういう超自然的存在を仮定しなくても、十分説明できるというわけだ。

必要な時間と安定した環境が確保されれば、地球以外での生命の発生を否定することは困難になる。

まあ、今のところは見つからないけどな。

それは、条件が合わなかったり、合う条件のもとでの時間が足りなかったりして失敗しているだけで、一定の確立で生命は無生命から発生するといえるかもしれない。

そう考えれば、この宇宙は生命に満ち溢れていて、当然、人間くらいに進化した生命も履いて捨てるほどあり、そこそこの文明を築いているに違いないのだ。

まあ、浮沈子は、そうは思わないがな。

百歩譲って、仮にそんな文明があったとしても、我々がその文明を認識することはない。

太陽系近傍の恒星は、十分過ぎる程離れていて、そこに文明を見出すには遠過ぎるというわけだ。

観測技術が発達して、候補となる惑星の存在は多く知られるようになったが、そのことと地球外生命の存在そのものとは別の話だ。

将来確認されるかどうかも分からない。

手っ取り早いのは、生命発生のメカニズムを解き明かし、それが宇宙で普遍的に起こる可能性を示すことだろう。

それは、なかなか困難だ。

何億年という時間を掛けて、この地球上でたまたま成功しただけかもしれない偶然を、宇宙における必然として、そのプロセスを解明するわけだからな。

最近流行りの人工知能を駆使しても、簡単には分かるまい。

浮沈子に言わせれば、そういう正統的な方法ではなく、宇宙の果てに生命の存在を求めるというのは、テストの答えを探すようなもんだな。

カンニング、ズル、手抜き、八百長、何でもいい。

宇宙には、地球で生命と呼ばれているような自己増殖的な化学反応はないだろう。

仮に、そんなもんが普遍的に存在するなら、宇宙は生命だらけで、大変なことになっているはずだからな。

現状で、どう考えても地球の近所に宇宙人が出入りしていないところを見ると、生命の発生は極めて稀か、地球だけに起こった稀有な現象と考えるのが健全だろう。

幸いにも、今のところ、地球外生命の存在を示唆する科学的な根拠は皆無だ。

もちろん、可能性は常にある。

全宇宙を調べつくすことが出来ない以上、ゼロだと言い切ることは不可能だ。

つい先日も、恒星間飛行をしている天体が発見されて話題になったが、ひょっとしたら生命の痕跡が残っていたかもしれないしな。

(太陽系来訪の星は葉巻形 NASAが発表 観測史上初の恒星間天体)
http://www.sankei.com/life/news/171121/lif1711210043-n1.html

「観測史上初めて太陽系外から飛んできた「恒星間天体」と認定された小惑星が、細長い葉巻のような形をしていることが分かった」

「小惑星は米ハワイ大などのチームが先月発見し、ハワイ語で偵察者を意味する「オウムアムア」と名付けられた。」

偵察者が乗った宇宙船だったのかも。

銀河宇宙線にズタズタにされた遺伝子とかが、岩石の中にこびり付いていたりしてな。

そもそも、遺伝子などという不安定な化合物に存在を委ねている生命が、その棲息する環境を離れて飛び回ると考えること自体が荒唐無稽だ。

有り得ない。

我が人類は、月とか火星とかに進出して、そこで生活することを試みようとしているが、失敗に終わることは目に見えている。

移民なんてとんでもない話だ。

仮に地球外生命が一定の文明を築き、同じようなことを試みるかもしれないが、同じように失敗し、挫折し、断念し、諦めることになるだろう。

宇宙は、アバンダンに満ちているかも知れないな。

「いずれは太陽系を離れて飛び去る。」

そして、また、遥かな未来に、どこかの恒星の重力に引き寄せられてスイングバイするのかもしれない。

その恒星系に生命体がいれば、同じように考えるやつもいるに違いない。

「何億年も宇宙空間を旅して宇宙線を浴びたため表面は赤みを帯びていると推定される。」

永遠に飛び続ける主無き天体だな。

もちろん、地球だって、太陽に飲み込まれなければ、同じような運命を辿るかもしれない。

(自由浮遊惑星)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E7%94%B1%E6%B5%AE%E9%81%8A%E6%83%91%E6%98%9F

「惑星程度の質量であるが、それらが形成された恒星系から弾き出され、恒星や褐色矮星、あるいはその他の天体に重力的に束縛されておらず、銀河を直接公転している天体のことである」

ああ、銀河系の重力の支配下にはあるわけだな。

「銀河系全体の恒星の数の2倍は存在するとみられ、数千億個になると予想されている」

記事によれば、こんな惑星でも液体の水や大気を保持したまま、地熱や衛星の潮汐力だけで熱を発生しうるとある。

恒星に依存しない生命圏の存在を示唆する話だ。

太陽系内でも、エウロパやエンケラドゥスなどが候補に挙げられているが、浮沈子的には与太話だと思っている。

そんなところに住みたいとは思わないしな。

まあいい。

我々は、この地球で生まれ、進化し、生き延びてきた。

先のことは分からないが、いずれは宇宙の塵に還る。

往生際が悪いのは、仕方ないのかもしれない。

生命は、そうしてしつこく生き残ってきた化学反応系だからな・・・。

ZUMA延期2017年11月18日 10:08

ZUMA延期


スペースXによる謎のペイロードZUMAの打ち上げが、繰り返し延期されている。

発表では、フェアリングがどうのこうのといっているが、浮沈子的にはそういう問題ではないような気がするな。

(Standing down on Zuma mission to take a closer look at data from recent fairing testing for another customer.)
https://twitter.com/SpaceX/status/931304237316710401

(Though we’ve preserved the range opportunity for tomorrow, we’ll take the time needed to complete the data review and then confirm a new launch date.)
https://twitter.com/SpaceX/status/931304778122121221

ファルコン9が、フェアリング関係のトラブルを起こした記憶はない(回収には成功していないけど)。

スタティックファイアテストも終えて、あとは上げるだけになっていたはずが、直前になってキャンセルされ、さらに、今朝も上がる様子はない。

(Static fire test of Falcon 9 complete—targeting November 15 launch of Zuma from Pad 39A in Florida.)
https://twitter.com/SpaceX/status/929487948289937408

この時点では、フェアリングのことなど、何一つ報告されていないしな。

浮沈子は、明らかに積み荷であるZUMA側の問題のような気がするんだがな。

もし、本当に、スペースX側に問題が発生していて、ZUMAの打ち上げが延びているなら、それこそ問題だ。

(Falcon 9 and Zuma went vertical last night on Pad 39A. Now targeting November 16 for launch — rocket and payload remain healthy, and the teams will use the extra day to conduct additional mission assurance work.)
https://twitter.com/SpaceX/status/930833296308674565

当初の15日より、16日の方が気象条件が良好という話はあった。

1日の延期は、そのせいだと思ってたんだが、その後、フェアリングのデータのレビューがどうのこうのと言い出し、17日に延期と発表され、さらに何の断りもなく、今朝の打ち上げがキャンセルされた状況だ。

おかしい。

何かおかしい。

(Zuma Mission)
http://www.spacex.com/sites/spacex/files/zumapresskit.pdf

「The two-hour primary launch window opens at 8:00 p.m. EST on Thursday, November 16, or 1:00 UTC on Friday, November 17. A backup two-hour launch window opens at 8:00 p.m. EST on Friday, November 17, or 1:00 UTC on Saturday, November 18. 」

プレスキットでは、これ以外のスケジュールはない。

完全にキャンセルされた感じだ。

謎が謎を呼び、混とんとしている・・・。