今月中に2000人の感染者が見えてきたDRCのエボラに、相変わらず楽天的なWHOの対応が気になる