不都合な真実と、それでも悲惨な現実をどう受け止めればいいのか