🚀再使用ロケット:JAXAの研究 ― 2024年07月02日 09:09

再使用ロケット:JAXAの研究


(日本、再利用可能な次世代ロケットの研究を実施)
https://spacenews.com/japan-conducting-studies-for-reusable-next-gen-rocket/

「宇宙政策に関する基本計画に基づき、JAXAは三菱重工と共同で、第一段再利用機能を備えた新世代ロケットの研究を開始した」(JAXA広報部)

なんだ、まだ研究段階か・・・。

「H3は、H-2Aロケットのより高性能でコスト効率の高い後継機となることを目的とした使い捨てロケットです。」(昨日、運用打ち上げに成功したようです)

「液体水素と液体酸素の混合燃料で稼働」

「液体メタンも液体水素も候補の一つです」(JAXA)

ふーん、液体メタンは流行の最先端なわけだ。

「スペースX、ブルーオリジン、ULAなどの米国のロケット企業、および中国の国営企業CASCと民間企業のランドスペースとiSpaceは、メタン・液体酸素ロケットを打ち上げたか、打ち上げ間近である。」

まあいい。

「JAXAは、H3に比べて低地球軌道(LEO)への1キログラム当たりのコストを約半分に削減することを目標としている」

「現在、JAXAとMHIが新型ロケットの詳細な検討を行っているため、目標ペイロードの能力は確定していない。」

「基本計画では、このロケットは宇宙輸送計画の一環として2030年代までに完成するとしている。このプロジェクトは、完全な再利用と有人宇宙飛行をサポートするために拡大される可能性」

いやいや、それはムリポだろう。

我が国には、宇宙飛行士が爆発炎上木っ端微塵になっちまったり、ISSへ行ったきり帰ってこられなくなる状況を受け入れるメンタリティはない。

また、完全再使用を実現するために、100機ものロケットを試し打にするような開発手法を認める文化(文化なのかあ?)もない。

H3は、1回失敗しただけで大騒ぎだ。

やれやれ・・・。

重工に再使用ロケットの開発を飲ませるのは大変だったろうな。

軌道打ち上げロケットのような高負荷、大エネルギーエンジンを再使用するというのは、基本的には筋が悪い。

H3のLE-9エンジンのように、低コストで使い捨てにするのが理に適っている。

そもそも、このエンジン自体が、爆発性が少ないということで有人機に向いているとして採用されたと記憶している。

それを、できたそばから捨てちまう話がスタートしたわけだ。

我が国の宇宙開発は臨機応変だな(そういうことかあ?)。

「インターステラーを含む新興企業が現在、ロケット打ち上げに取り組んでいる。」

ここの社長は、再使用ロケットに否定的だからな。

まあ、どうでもいいんですが。

15年先(開発は2030年代中だそうです)を見据えてスタートした我が国の再使用ロケットの「研究」。

100回の打ち上げと99回の失敗を受け入れて、完成させることが出来るかどうかは分からない。

中国は一足先に、再使用ロケット開発における墜落爆発炎上木っ端微塵を演じて見せた(そういうことかあ?)。

S社ほどではないにしても、トライアンドエラーを受け入れる素地は整っている(関係者の処分(粛清?)はいくらでもできるだろうしな:そうなのかあ?)。

我が国が、チャレンジや冒険を受け入れる基盤を作ることが出来るかどうかが問題だ。

S社が1段目の再使用(回収)に成功したのは2015年。

早くても、2035年ころになると思われるH4(名称未定)の1段目回収ということになると、完全に1世代(20年)遅れていることになる。

浮沈子の見立てでは、そのころにはスターシップの有人化が果たされている可能性があるからな。

もちろん、完全再使用。

彼我の差は、広がるばかりだ。

まあ、どうでもいいんですが。

名目上とは言いながら、我が国も再使用ロケットの「研究」に名乗りを上げているわけだ。

「現時点では詳細はほとんど決まっていない。」

掛け声倒れになる可能性もあるということだな(そうなのかあ?)。

我が国はこれから縮退の時期に入ることになる。

人工は半減し、GDPも縮小、開発コストはかけられず、単独国家として宇宙開発が続けられるかどうかも疑問だ。

飛ぶ鳥を落とす勢いの米国や、猛然と食らいついている中国とは比較にならない。

それはそれで仕方ない。

出来る範囲で、国際協力にも縋りながら、ちまちまと進めていくしかない。

独自の打ち上げ能力を持続していくためには、技術伝承のサイクル(20年?)で、開発を続けていくしかない。

再使用というのは、その際に頭のてっぺんに乗っけるための帽子に過ぎない。

何も新規性がないところに、開発の金を投じるわけにはいかないからな。

しかも、経費を削減するという錦の御旗もついてくる(コストを約半分に削減することを目標:再掲)。

そうでもしなければ、開発予算は取れないからな。

しかし、それはあくまでも名目だ。

実現できるかどうかは別の話。

ぶっちゃけ、浮沈子的には、我が国が再使用ロケットを本気で開発しようとしているようには見えない。

今後の展開次第では、独自打ち上げロケットの維持自体が困難になる可能性もある。

10分の1の値段で、はるかに高頻度に打ち上げられるロケット(スターシップ)があるのに(2035年時点)、なんで独自ロケットが必要なのか。

その議論に耐えられるだけの需要と技術は、我が国にはないからな(未確認)。

まあ、頑張ってくださいとしか言いようがない。

部屋の中のゾウ(スターシップ)が解き放たれた時、打ち上げロケットの世界は様変わりするだろう。

H4ロケットは、重工にとって第二のスペースジェットになりかねない。

断るに断れない事情があったのかもしれないが、ババを引いたことに違いはない。

関係者は、IFT-4をどんな思いで見守っているんだろうか・・・。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
kfujitoの徒然の筆者のペンネームは、
「○○子」です。
○○を記入してください。

コメント:

トラックバック