DRCエボラの記事を読む2019年11月07日 07:37

DRCエボラの記事を読む
DRCエボラの記事を読む


ほぼ毎日のように感染状況を確認しているコンゴ民主共和国(DRC)のエボラ。

今回の流行は、昨年8月に報告され、1年以上の長きに渡っている。

最近は、感染者が減少しつつあり、終息も間近いかと思われるが、安心するのはまだ早いかもしれない。

そんな中、ヤフーの記事にもなっていたので、47ニュースに掲載されていた記事を読んだ(共同通信配信)。

(忘れ去られたコンゴのエボラ熱流行地)
https://this.kiji.is/562816152497849441?c=39546741839462401

「携帯電話の材料で紛争、世界最悪の危機」

副題がいいな。

携帯電話の素子の材料であるタンタルの産出と絡めて、現地の紛争の背景、それがエボラ流行に与える影響、一向に改善されない衛生状況を浮き彫りにしている。

「新規感染者は減り流行も都市部から山間部へ移りつつあるが、劣悪な治安や住民の不信感で医療活動が妨げられ、終息にはしばらく時間がかかりそうだ。」

いくつか目新しい記述もある。

「エボラ熱の流行地域以外も合わせると、コンゴ東部一帯には100以上の武装勢力が乱立しているとされ、市民を殺りくする勢力もある。」

「膨大な資源収益の多くは国庫に納められず、コンゴ政府高官や外国企業に流れ闇に消えている。」

「医療などの行政機能はほとんど存在せず、まともな病院はない。」

「病院に手袋がなく、血まみれの患者を素手で触っていた。同僚の看護師は死んだ。どこの病院も似たような状況だ」

想定の範囲内とはいえ、直接取材に基づく記事だからな。

説得力がある。

「地球上で最も(資源が)豊かな国の一つだが、国民は最も貧しい」

エボラの治療についても情報があった。

「米国立衛生研究所(NIH)などは8月、新薬で患者の約9割が生存したとの研究結果を発表」

初期に投与すれば、助かる確率は高いが、潜伏する患者に初期対応することは難しいという。

「新薬は流行終息の打開策にならない」

やれやれ・・・。

ワクチンも出来、治療薬も現れ始めた。

エボラは治る病気になりつつあるのかもしれない。

そうしてみると、確かに他の病気に医療資源が振り向けられていないというのは、まずい対応のように思える。

「もとから保健システムがもろい中、エボラ熱の流行であらゆる(人的、物的)資源がエボラ対応に割かれている。でも、他の病気のことも忘れてはいけない」

MSF(国境なき医師団)の言うことはもっともな話だ。

1年余りで3000人の死者なんて、統計上の誤差の範囲かも知れない。

この病気が注目されているのは、致死率が高く、今までは有効な治療薬やワクチンがなかったために、大規模な国際感染を起こした場合、全世界がパニックになる恐れがあったからだが、状況は変わりつつある。

その他大勢の病気と同じように、ベースとなる保健医療体制全体の中でとらえる必要が出てきている。

この記事は、そういったエボラに対する新たな視点を示唆していると感じた。

今期の流行が終息する時期は分からない。

新規感染者は確かに減って、週に10人台に収まってきたが、以前にも似たような状況はあったからな。

地球の裏側の、アフリカのど真ん中の国の小さな嵐。

2014年の西アフリカのようなことにはならないと思うけど、この感染症との付き合い方を誤れば、人類は未曽有の危機に直面することになる。

もう暫くは、毎朝の新規感染者の確認を続けることにしよう・・・。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
kfujitoの徒然の筆者のペンネームは、
「○○子」です。
○○を記入してください。

コメント:

トラックバック