シルバーストンでトヨタV2017年04月17日 02:34

シルバーストンでトヨタV


日の丸メーカーだから、応援しなくてはならないということはないが、ポルシェがローダウンフォースのシャシーを持ち込んで、やや不利な状況だったとはいえ、さっき、ネットの順位表をライブで見ていて、トヨタの優勝を知った。

最後までデッドヒートで、ブエミが逆転して優勝した。

2位、3位はポルシェ。

トヨタの1台は、トラブルに泣いて24位くらいだったな(23位)。

想定の範囲内とはいえ、トヨタの完成度には疑問符が付いたわけだ。

ポルシェは、してやったりと思っているに違いない。

望み得る最高のカタチを取れたわけだからな。

トヨタは、ちょっと問題を引きずる。

思ったほど差が付かなかったこともあるが、2台が完走できなかったことは痛い。

まだ、ニュースとかでは出ていないが、何かコメントが出るんだろう。

初戦優勝というと、縁起がいい感じだが、浮沈子的にはそういう風には取れない。

辛勝といっていい。

ポルシェは、笑いが止まらないだろう。

十分な戦績を出すことが出来たし、レースとしても完璧に近い。

マニュファクチャラーズポイントは、ポルシェの方が高い結果だしな。

トヨタには、十分過ぎるプレッシャーを与えることが出来た。

マシンの完成度から言えば、ポルシェに軍配が上がったようなものだ。

ローダウンフォースのモデルということは、ルマンを意識して開発されてきたモデルということだ。

そのテストも、今回のシルバーストンで十分に行うことが出来たわけで、益々盤石になった。

さて、トヨタは、どこに行くんだろうか?。

3週間後には、スパフランコルシャン6時間がベルギーで開催される(5月4日)。

で、6月には、天王山のルマンになるわけだ(6月17日、18日)。

悲願の優勝を手にするか、ポルシェの3連覇を許すことになるのか。

去年は惜しかったな。

ドーハの悲劇に次ぐ、ルマンの悲劇だ。

耐久レースの難しさを噛み締めることになった。

まあ、マシントラブルでのリタイアというのは、メーカーのイメージとしても有り難い話ではない(クラッシュだそうです)。

今回も、優勝とドンケツ(?)で、明暗を分けた(リタイアではなさそう)。

ちょっと、興奮したレースだったが、ある意味、順当な結果となった。

ポルシェが、スパにハイダウンフォースモデルを持ち込むことが出来るかどうか。

それを、後半戦のために仕上げきることが出来るかどうかが問題だな。

(【WEC】 開幕戦 シルバーストーン 結果:トヨタ 8号車が優勝!)
https://f1-gate.com/wec/result_35968.html

「トヨタ 7号車(小林可夢偉、マイク・コンウェイ、ホセ・マリア・ロペス)は、3時間が経過した頃にホセ・マリア・ロペスがクラッシュ。1時間に及ぶ修理によってレース復帰を果たし、23位で完走した。」

なんだ、クラッシュか。

なら仕方ないな。

まあいい。

いずれにしても、勝って兜の緒を締めよという話もある。

第2戦にも、大いに期待というところか(浮沈子は、どっちを応援してもいいんですが)。

セッティング2017年04月04日 22:25

セッティング


イタリアのモンツァで行われていた、WECの走行会(っていうのかあ?)。

結果は、2台のトヨタ勢のうち、8号車がダントツでトップに立った。

(2017年WEC公式テスト:2日目もトヨタ最速。ポルシェに1.1秒差つけテスト“制圧”)
https://www.as-web.jp/sports-car/104456?all

ルマン以外は、6時間のレース時間で、最近はタイム差が少なく、耐久レースというよりスプリントレースの様相を呈していることを考えれば、最速ラップを刻めるかどうかは極めて重要かつ、勝利に必須の条件となっている。

(FIA 世界耐久選手権:レースカレンダー)
https://ja.wikipedia.org/wiki/FIA_%E4%B8%96%E7%95%8C%E8%80%90%E4%B9%85%E9%81%B8%E6%89%8B%E6%A8%A9#.E3.83.AC.E3.83.BC.E3.82.B9.E3.82.AB.E3.83.AC.E3.83.B3.E3.83.80.E3.83.BC

「2017年のFIA 世界耐久選手権:
大会名 開催日 サーキット
・第1戦 シルバーストン6時間レース 4月16日 シルバーストン・サーキット(英国)
・第2戦 スパ・フランコルシャン6時間レース 5月6日 スパ・フランコルシャンサーキット(ベルギー)
・第3戦 ル・マン24時間レース 6月17-18日 サルト・サーキット(フランス)
・第4戦 ニュルブルクリンク6時間レース 7月16日 ニュルブルクリンク(ドイツ)
・第5戦 メキシコシティ6時間レース 9月3日 エルマノス・ロドリゲス・サーキット(メキシコ)
・第6戦 オースティン6時間レース 9月16日 サーキット・オブ・ジ・アメリカズ(米国:フロリダ)
・第7戦 富士6時間レース 10月15日 富士スピードウェイ(日本)
・第8戦 上海6時間レース 11月5日 上海インターナショナルサーキット(中国)
・第9戦 バーレーン6時間レース 11月18日 バーレーン・インターナショナル・サーキット(バーレーン)」

結果を見る限り、8号車のセッティングが出ただけだと思うんだがな。

実際に競技が行われるサーキットで、それが出せるかどうかというのは、また別の問題だ。

しかし、トヨタにせよ、ポルシェにせよ、戦闘力は十分で、拮抗している。

ポルシェは、既に熟成の段階に入っていて、信頼性を確保しつつ、高性能化を追求しだしている。

初期段階のトラブルは潰し切った感じだ。

トヨタは、基本性能は高いが、実際の戦闘力という点では問題を残している感じだ。

昨年のルマンなんか、もう、涙なしでは語れないな。

ドーハの悲劇に次ぐ、惜敗と言えよう。

(ドーハの悲劇)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%8F%E3%81%AE%E6%82%B2%E5%8A%87

「試合終了間際のロスタイムにイラク代表の同点ゴールが入り、FIFAワールドカップ初出場に近づいていた日本代表が一転して予選敗退する結末となった。」

(2016年のル・マン24時間レース)
https://ja.wikipedia.org/wiki/2016%E5%B9%B4%E3%81%AE%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%B324%E6%99%82%E9%96%93%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B9

「残り6分30秒の時点で、首位のトヨタ5号車と2位ポルシェ2号車のタイム差は1分14秒にまで広がっていた。」

「それから間もなくをポルシェカーブを立ち上がったところを運転していたトヨタ5号車のドライバーの中嶋一貴からピットに悲痛な叫びの無線が入った。」

「 I have NO POWER ! NO POWER ! 」

「レース後にトヨタ5号車のトラブルの原因はターボチャージャーとインタークーラーを繋ぐ吸気ダクト回りの不具合であったことが判明する。」

「トヨタ5号車は完走扱いにならず順位もつかなかった」

予期せぬ故障と、ルマン独自のルールに泣いた。

昨年の結果を見ても、富士で一矢を報いたのみで、ドイツ勢に悉く完敗を喫している。

(2016年のFIA 世界耐久選手権:レース結果)
https://ja.wikipedia.org/wiki/2016%E5%B9%B4%E3%81%AEFIA_%E4%B8%96%E7%95%8C%E8%80%90%E4%B9%85%E9%81%B8%E6%89%8B%E6%A8%A9#.E3.83.AC.E3.83.BC.E3.82.B9.E7.B5.90.E6.9E.9C

「ラウンド サーキット LMP1 優勝者:
1 シルバーストン No. 2 ポルシェチーム
2 スパ・フランコルシャン No. 8 アウディ・スポーツチーム ヨースト
3 ル・マン No. 2 ポルシェチーム
4 ニュルブルクリンク No. 1 ポルシェチーム
5 メキシコシティ No. 1 ポルシェチーム
6 オースティン No. 1 ポルシェチーム
7 富士 No. 6 トヨタ・ガズー・レーシング
8 上海 No. 1 ポルシェチーム
9 バーレーン No. 8 アウディ・スポーツチーム ヨースト」

マニュファクチャラーズの順位を見ても、今一つパッとしない。

SIL:2位、3位
SPA:5位、リタイア
LMS:2位、着外
NUR:5位、6位
MEX:3位、リタイア
COA:3位、5位
FUJ:1位、4位
SHA:2位、3位
BHR:4位、5位

9戦のうち、優勝争いに絡んだ2位以上を獲得したのは、僅かに4戦。

常勝アウディを向こうに回したポルシェは、2位以上が7戦となっている。

アウディは、6戦が2位以上だ。

こうしてみると、ポルシェとトヨタは、ダンチの差がついてしまっているように見える。

昨年の公式テストの記事を見つけた。

(WEC公式テスト2日目、ポルシェが連続トップ。トヨタ2番手)
https://www.as-web.jp/sports-car/5877

「ポールリカールで行われたFIA 世界耐久選手権(WEC)の公式テスト2日目は、前日首位のポルシェ919ハイブリッドが2日連続のトップタイムをマークした。」

去年のポルシェは、終始強かったわけだな。

トヨタは、TS050を投入したが、テスト走行では2位になっている。

地力では、去年は勝てなかったということだ。

今年は、テスト走行で8号車がトップになっている。

拮抗する可能性はあるが、ポルシェは手強い。

えーと、浮沈子は、どっち応援してるんだったっけ・・・。

ファンベルト2017年04月04日 17:55

ファンベルト
ファンベルト


83タルガのファンベルトが外れた(切れてはいません)。

袖ヶ浦で走行中に、バッテリー警告灯が点いて、確認して判明。

その場で、他の方の工具(24mm眼鏡レンチ)をお借りして、掛田さん達がハメてくれて事なきを得る(またローダーで運ばれるかとヒヤヒヤした)。

浮沈子の運転中ではなく、先生運転での同乗走行の際に起こった。

やれやれ・・・。

最終ステージでは、また外れるといけないので、慎重に走る。

今回は、1年ぶりのサーキット走行なので、ゆるゆると慣らし運転のように走った。

4000回転くらいしか回していなかったんだが、先生が走ると、2速使ってキッチリ6000まで回す。

タイムも、1分30秒を切ってくる(浮沈子は、2分切りがやっと)。

クルマがびっくりしてしまったのではないか。

まあいい。

今回は、無事に自走して帰ってきた。

へとへとだな。

今年は、マメに走行会に参加して、精進しなければならない。

踏めない豚は、タダの豚だ・・・。

ハットトリック2017年04月02日 08:41

ハットトリック


浮沈子は、ずーっと手品のネタだと思っていた。

(ハットトリック)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF

「元来はクリケットで、1つの回の中で3球で3人の打者をアウトにすること。これを達成したボウラー(投手)には、帽子(ハット)が贈られその名誉が讃えられたことに因む。」

まあ、どうでもいいんですが。

(【WEC】王者ポルシェも今季型の 919ハイブリッド を公開…狙うは“ハットトリック”)
http://response.jp/article/2017/04/01/292955.html

「60~70パーセントが新しくなったというチャンピオンマシンで、ルマン24時間レースとシリーズタイトルの3連覇(ハットトリック)を狙う。」

今年は常勝アウディが去り、シリーズ優勝できてもルマンで勝てないトヨタとのガチの勝負だ。

(TOYOTA GAZOO Racing 2017年のWEC参戦体制を発表)
http://toyotagazooracing.com/jp/wec/release/2017/0203-01.html

「第2戦スパ6時間と第3戦ル・マン24時間レースを2017年仕様TS050 HYBRIDの3台体制で臨む」

なんだ、他のレースは2台か・・・。

(TOYOTA GAZOO Racing
2017年の勝利を目指す全面改良型TS050 HYBRIDを発表)
http://toyotagazooracing.com/jp/wec/release/2017/0331-01.html

「チームの最大の目標は明確であり、2016年にあと一歩というところで逃がしたル・マン24時間レースの勝利だ」

昨年からの改善点については、ざっくりと60から70パーセントというポルシェに比べて、詳細なレポートが付いている。

「TS050 HYBRIDのあらゆるコンポーネントに至る全面改良が進められた」

詳細は記事を読んでもらうとして、ルマン初優勝を狙う意気込みを感じる。

「全面改良された車両と、世界チャンピオン経験者やWECの優勝経験者、そして2人の有望なルーキーという、ドライバーラインナップと共に、TOYOTA GAZOO Racingは勝利を目指して4月16日のイギリス・シルバーストーンでの開幕戦に臨む。」

「もちろん、今シーズンは、いずれのサーキットにおいてもライバルの強豪ポルシェ・チームとの激戦になることは間違いない。」

新たな王者となったポルシェのハットトリックを阻むことが出来るのか。

若干のレギュレーションの変更が、吉と出るのか凶と出るのか。

「今年、変更されたレギュレーションの目的は、安全性向上のための速度抑制にあり、空力効果を制限することで、ル・マンでの数秒のラップタイムダウンを目指している。具体的には車両フロントの空力部品(スプリッター)の高さを15mm上げると共に、リアのディフューザー幅が大幅に狭められた。」

「昨年は1チーム1シーズンあたり3種類の空力パッケージを使用出来たが、今年は2種類に制限された。」

「タイヤの使用セット数も削減される。今季は車両毎に4セットプラス2本のスペアタイヤのみで、予選と6時間の決勝レースを戦うこととなる。」

「その他の規則変更点としては、更なる安全対策があり、サイドミラーの後方視界検査が課された。また、ハイブリッドカーにはパワートレーンの状態を示すインジケーターの装着が義務づけられ、レース中に正常を表す緑のライト以外が点灯した場合、その車両はピットで修理を行わなくてはならない。」

こういった規制の増加と、車両の改良による性能向上はイタチごっこだ。

安全性の向上を図るなら、遅いGTマシンとの混載レースを止めるのが一番だな。

まあいい。

エンジン付いた自動車で、ガソリンまき散らしながらレースするというのも、あと何年続くか分からない。

ルマンの会場に、ウイーーーーンとかいう音が響き渡る(?)のも時間の問題だろう。

そしたら、また、アウディの連覇が始まるかもしれないしな。

(WECに衝撃! アウディが2016年限りのWEC/ル・マン24時間からの撤退を正式発表)
http://www.as-web.jp/sports-car/60043?all

「アウディは2016年をもってWEC/ル・マンから撤退し、代わってフォーミュラEへの関与を強めるとした。」

3年前、ルマンを見に行ったのが、昨日のことのように思い出される。

ホテル以外で英語が通じないフランスのド田舎。

スーパーでの買い物や、パン屋のおばちゃん。

懐かしいな。

また行こうかな。

遠いしな(12時間)。

貧乏人の9182017年02月25日 03:44

貧乏人の918
貧乏人の918


(ポルシェ、システム合計680PS/850Nmの「パナメーラ ターボS E-ハイブリッド」ジュネーブショーで世界初公開)
http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1046252.html

911(ターボS:580馬力)も驚く、掟破りのシステム馬力680馬力の驚愕のラグジュアリースポーツセダン。

最近、宇宙ネタとか、宙に浮く話ばかりだから、少し、地に足が付いた話を書こうかと、例によって「ポルシェ」でニュースを検索したらトップにあった。

いやあ、もう、どうにでもしてくれ。

「4.0リッター V8ターボとモーターを組み合わせ、0-100km/h加速3.4秒と平均燃費2.9L/100kmを両立」

パワートレーンは、まんま918スパイダーだ。

(ポルシェ・918:エンジン/モーター)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%BB918

「4.6リッターV型8気筒エンジンは612PS、システム合計の出力は880PSを超える」

向こうはオープン2シーターだしな。

車重も、当然パナの方が上回ってるだろうけどな(2トンオーバーは堅い?)。

この手のクルマのオーナーで、燃費を気にする方はいないだろうが、ハイブリッドカーというのは、もう、完全に、怒涛のパワーを生み出すためのツールになった。

燃費がいいのは、もちろん、そおーっと踏んだ時だけに決まっている。

ペタン、とか踏んだりしたら、もう、大変なことになる。

「「918 スパイダー」でも使われているブーストプログラムを採用」

「0-100km/h加速3.4秒、最高速310km/hを達成。」

いやあ、最高速は、自主規制だろう。

そんでもって、大人が4人、ゆったり座れて快適に移動できる。

「足まわりにはエアサスペンションを標準装備」

充電とかするのは、怒涛の加速のために決まってる。

ワープだ・・・。

その圧倒的な、しかし、ふわーっとした加速を味わうためだけに、いつも満充電にしておくのだ。

もう、モーターが付いてないスポーツカーなんて、お呼びじゃない。

加速、命!。

もちろん、ポルシェの本物のターボ車のお約束通り、4輪駆動で走る。

タイヤの減りとか気にしてる場合じゃあない。

踏んで踏んで、踏みまくる。

ブレーキも効くしな(セラミック)。

ふつーのパナメーラハイブリッドに試乗したときは、引っかかり感のあるザラついた回生ブレーキで、ちょっとドン引きだったけど、満を持してターボに積んだんだから、ちっとはマシになってるだろう。

試乗車で出てくることはないだろうけど、乗ってみたい気もする。

大排気量車の、湧き上がる分厚いトルクと、どこまでも延々と続く加速。

ハイパワーターボとモーターの、掟破りの組み合わせ。

それが、ポルシェの足回りとハンドリングを兼ね備えて、さらには高級車としての品格まで纏うとしたら、怖いものなしだろう。

世界最速のセダンを作ると言ってはばからないポルシェのことだ。

やるときゃやる!。

「バッテリーは230V/10A電源で6時間以内にフル充電可能となっており、充電中の車内に冷暖房を効かせる補助エアコンを装備する。」

充電中に、エアコンの利いた車内で、何やってんだかは知らない。

次の加速に備えて、心身を休めとかなくっちゃな。

充電してるか、フル加速か。

二者択一のターボハイブリッドの記事は他にもある。

(ポルシェAG、システム出力680PSの「E-ハイブリッド」をパナメーラの最強モデルに据える)
http://motorcars.jp/porsche-ag-places-e-hybrid-of-system-output-680-ps-as-panameras-strongest-model20170224

「プラグインハイブリッドモデルが初めてモデルラインのフラッグシップ車としてデビューを果たす。」

バッテリーの搭載位置がリア(たぶんトランク内)になっているという(画像参照)。

居住性重視のセダンだからな。

床下とかにベタに積むようなことは避けたんだろう。

リア荷重の重いクルマの躾け方は、お手の物だろうしな。

ストレッチしたロングモデルは、4WSになる。

たぶん、マイナーチェンジで、標準サイズにも移植されるだろう。

それが、必要かどうかではなく、その方がポルシェらしいから。

このメーカーのクルマは、客に媚びない。

顧客は、ポルシェが作るクルマだから、喜んで買うのだ。

同じクルマをベンツが作っても、たぶん、売れない。

まあ、ベンツが作ったクルマだから、喜んで買う人もいるしな。

売れればいいのだ。

そして、売れているらしい。

間違いない。

ターボハイブリッドは当たる。

それを、パナメーラに乗せてきたところが憎いな。

そして、次はカイエンか。

スポーツカー系とマカンは、少しタイムラグがあるかもしれない。

992系と982系は、そろそろターゲットに入ってきたんだろう。

ハイブリッド化は、避けられない選択だ(その方が、パワー出るし)。

重量増は痛いところだが、そのころ合いを計るのも芸のうちだ。

マカンはどうするのかな。

カイエンとタイミングをずらして、投入するのかもしれない。

パワーハイブリッドの時代が幕を開けた感じがする。

ガソリンは、まだまだたっぷり使える。

電気の加速はハンパない。

両方の、いいとこ取りできる時代がやってきた。

ポルシェだから許される、一番乗り。

他のメーカーがやったら、大顰蹙(まあ、レクサスとか、やってますけど)。

大排気量ガソリン車を、フラッグシップに据える時代は終わった。

このクルマ、久々に燃えた気がする・・・。

なんだ、全然地に足ついてないじゃん!?。