ボクスターで神田2017年08月19日 00:52

ボクスターで神田


フィットネスをサボって、神田に行く。

足は03ボクスター。

もちろん、オープン!。

このクルマ、シャカリキになって、高速飛ばすクルマじゃない。

100km2500回転だし・・・。

まあ、どうでもいいですが。

下道を、てろてろと流す。

今日は、渋滞もなく、走っていて気持ちがいい。

久々の30度超えだが、薄日が差す程度の曇り空で、ガンガンに照り付けられているわけじゃない。

そうなったら、幌を降ろして潔くエアコンを点ける。

500Eは、排気管自体に問題があって、それで修理が長引いているそうだ。

やむを得ない。

もう少し様子を見よう。

直らなければ、走らせることは出来ないからな。

それまでは、このボクスターに頑張ってもらうしかない。

といっても、それ程の用事があるわけではない。

浮世の雑事に、1回程度使えればいいのだ。

神田でソフノライムを小笠原へ送る算段をして、例によって駄弁って帰って来る。

帰りもした道でオープン。

夕方で、そこそこ混んではいたが、少し早めにお暇したので、それ程ではない。

気持ちのいいドライブだったが、やはり薄味なのだ。

全てが滑らかで、全てが中庸で、全てが穏やかだ。

走らせる速度域とか、コーナーの速さとかが、このクルマの走る領域とは異なるのだから仕方ない。

軽トラと同じ速度域で、同じコーナーリングをしているわけだからな。

でも、500Eとか、83タルガは、そんな走り方をしても濃いものを感じる。

20世紀のクルマと21世紀のクルマの違いといってしまえばそれまでかもしれない。

たった228馬力のエンジンだけど、一人乗りで街中を走るには十分なパワーがある。

特に回す必要もないし、うっかり回すととんでもないスピードになるからな。

穏やかな運転を心掛けるに限る。

サーキットとかでは、スイッチのようにペダルを踏みつけ、タイヤを鳴らしながら走ってもいいが、公道ではそんな走りは似合わない。

しかしなあ、そういう走りをしないのなら、S660でも十分だしな。

つーか、袖ヶ浦なら、その方が楽しめるかもしれない。

まあいい。

そんな限界域の話とはかけ離れた世界で、ゆるゆるとNA2.7リッターの水平対向6気筒エンジンは回っている。

GT3のエンジンをデチューンしたモデル(GT4系)以外は、全て4気筒ターボになってしまったが、その出力は既に370馬力に達しようとしている(ケイマンGTS)。

ピストンの数が多ければいいという時代は、既に過去のものかもしれない。

燃費とパワーの両立という現世利益を追求すれば、必然的に加給エンジンに辿り着く。

それは、是か非かという話ではなく、選択の余地はないのだ。

しかし、存在感のないエンジンだな、この986ボクスターのエンジンは・・・。

ある程度回してやらないと、その有難味は感じられないのかもしれない。

今日は、回さなかった。

終始、穏やかで、緩やかで、大人しい加速・・・。

500Eのいない、がらんとした駐車場に、真っすぐに停める。

リアが膨らんでいて、初めの頃は、白線に沿って上手に停められなかった。

もう慣れたからな。

そして、慣れたころに手放すわけだ。

この夏は、多分最後の夏。

その夏の、少し重い感じの空気の中を、オープンにして走った。

夏だからな、空気の密度は低いから、重い感じというのは、あくまでも人間の感覚に過ぎない。

NAエンジンは、もっと酸素をよこせと、ぶーたれているんだろう。

この星の酸素分圧が足りないと感じているのは、浮沈子と同じだ。

同意する。

クルマはターボで押し込んでやればいい。

浮沈子は、CCRで濃くした酸素を吸う。

似た者同士か・・・。

乗ってやれるうちは、気分よく乗りたいもんだな・・・。

印象その22017年08月12日 23:29

印象その2


2003年型の素のボクスターで、深夜の道を走る。

環八から第三京浜(保土ヶ谷折り返し)、玉川通りを環七まで走って戻って来る。

ささやくような、つぶやくような、かすかな唸りをあげてまわる水平対向6気筒のNAエンジンは、このクルマのためには二度と作られることはないのだと思うと、もう、それだけで手放したくなくなる。

いけない、いけない・・・。

この個体なら、きっと大切に乗ってくださる次のオーナーがいるに違いない。

安物のカバーを掛けて、野晒しにするのではなく、屋根付きのガレージに収まって、幸せな時を過ごすことがあるかもしれない。

ガレージハウスに収まって、たまの休暇に訪れるオーナーのお供をして、ワインディングで踊るように走ることが出来るかもしれない。

そういう第二の人生を送らせてやるためにも、このクルマに感情移入しないように努めてきた。

しかし、今夜のドライブは格別だな。

夏の夜の、静かな走り・・・。

もちろん、オープン!。

このクルマの正装である。

第三京浜では、サイドウインドウを上げたが、下道では全開。

エンジンとタイヤとボディの軋み(やや出てます)に耳を澄ませ、巻き込む風とともに走る時間を味わい尽くす。

ダンロップのタイヤは、絶対失敗だったな。

好みにもよるし、コスパは悪くないが、音といい、ドタバタ感といい、このクルマの走りには少々そりが合わない。

マッチングの問題で、タイや固有の話ではないかもしれない。

このタイヤを履きつぶす前に手放そうと決めている。

次の車検の前に、さよならする。

しかし、惜しいな。

この時間を、二度と取り戻すことは出来ない。

ポルシェは、もう、6気筒水冷エンジンをボクスターのために作ることはないのだ。

(軽量化と高性能化を実現した新たなポルシェ「911」用エンジンを、シンガー社とウィリアムズが共同開発)
http://jp.autoblog.com/2017/08/12/singer-01-williams-02-porsche-911-engine-lightweight-services/

「1990年型ポルシェ 911のリアに搭載する4.0リッター空冷式水平対向6気筒エンジンを"再創造"した。」

「このエンジンは最高回転数9,000rpmを超え、最高出力500hpを発揮するとのこと。カーボンファイバー、マグネシウム、チタン、そしてインコネル製のパーツをエンジン内の広範囲に使用」

このエンジンを、ボクスターに積んで欲しいもんだな。

前後を逆にして、多少弄れば、積めないことはないだろう。

21世紀の技術で、空冷ボクスターが走れば、買いたいエンスーは世界中にいるに違いない・・・。

しかし、それは、叶わぬ夢でしかない。

「入念に献身的に開発されたこのアイコン的な空冷式エンジンは、911を愛してやまない現在と未来のオーナーたちにとって非常に有意義なものになるでしょう」

ボクスター/ケイマンは、911のように偶像化されることはない。

それは、現世利益を追求したモデルであり、下克上を許されることのない、永遠の格下である。

まあいい。

浮沈子が初めて乗ったポルシェだ。

そのブレーキに感動し、ブレーキを踏むために加速したクルマだ(アホか?)。

オープンカー(和製英語)は、ロードスター(NBの1600)に乗っていたから初めてではなかったが、電動で開け閉めするのが面白くて、意味もなく動かしたクルマだ(やっぱ、アホか?)。

余り遠出はしていないけど、近所の箱根にはよく行った。

この夏が、最後の夏になるだろう。

夏の夜を、屋根を開け放って走ることは、もうない。

6年余りの年月を、大きなトラブルもなく走り切った。

感謝だな・・・。

印象2017年08月12日 20:23

印象


モネの印象の絵は、マルモッタン美術館で見た。

(印象の印象)
http://kfujito2.asablo.jp/blog/2014/06/14/7343846

もう、3年も前になるのか・・・。

が、そういう話じゃない。

今日は、フィットネスをサボって、ポルシェの入れ替えを行う。

83タルガに乗って、03ボクスターとの入れ替え。

83タルガの印象は、実にハッキリしている。

回して楽しいエンジンと、20世紀の足回り、リアの揺るぎない剛性感と、フロントの頼りなさ・・・。

補強材を入れて、強度を上げているとはいえ、ボディそのものは、薄い鋼鉄の板だ。

空いた下道を流している限りでは問題ないが、サーキットに持ち込んで振り回すと、タイヤのグリップに負けそうになる。

ブリヂストンのS2だが、このボディには十分過ぎる。

乗り替えたボクスターは、さすがに21世紀のクルマだ。

エアコン、パワステ、PASMも付いていて、安心して公道を飛ばすことが出来る。

ダンロップのスポーツタイヤごときには負けない。

帰りは高速使って、速攻で帰ってきたが、そういう使い方が似合う。

合理的で、理詰めで、破たんがない。

スポーツカーだから2座席にしちゃうし、MRにしちゃうし、なんか文句ある?。

ありません・・・。

スムーズに回る6気筒は、自己主張しない。

現代のエンジンだからな。

83タルガの、どうです、この回り方は!、というアピールはない。

エンジンなんて、付いてたっけ?(まさか、それ程では・・・)。

足は良く動くし、バランスはいいし、車線変更にしても、どっこらしょという感じはしない。

すっと回頭し、いつの間にか隣の車線に移っている。

83タルガも、鼻先の軽さは一級だが、深いコーナーになれば、浮沈子の腕ではアンダーステアに終始する。

34年前のクルマに、後輪操舵機能は付いていない。

ボクスターに乗っていて感じるのは、全てが安易であるということに尽きる。

走る・曲がる・止まるはもちろん、屋根を開け(83タルガは、屋根の付け外しが一苦労です)、エアコンを点け(83タルガには、そんなもんありません)、車庫入れし(83タルガには、パワステありません)、冬はシートヒーターつけたり(83タルガも、一応、暖房は効きます)、全てが今風で、容易い。

人間が使う道具としては、優れた性能なのだろう。

心地よく、実利的で、合理的で、理詰めで、分かりやすい。

商品としてはもちろん、工業製品としても優れものだ。

が、しかし、それは印象に残らない・・・。

燃費もそこそこ、排ガスは綺麗で、音も静か。

しかし、そんなことは当たり前だ。

一昨日乗ったS660とどこが違うのか。

まあ、違うけど。

それでも、83タルガの濃い印象とは異なり、淡く薄く儚いものだ。

クルマは自己主張せず、ドライバーの意のままに動こうとする。

ははあ、そういうことかと気づく。

スポーツカーでは、スポーツ走行しないとスポーツカーとしての意義はないわけだ。

乗り易い、カッコイークルマに留まる。

ボクスターは、特に、そういう方向に振ったクルマだから、希薄で自己主張しない仕上がりになっている。

ボディ剛性が滅茶苦茶強いわけでもなく、228馬力のエンジンは、そこそこ速いものの、周りの交通をぶち抜くほどの速さはない。

83タルガは、もう、音からして、自己主張の塊だな。

モデルとしては、チャライ屋根なしのクルマだが、下道をトロトロ走っていても、操作系の重さ、振動、レスポンス、食いつきが半端ない。

乗れるもんなら乗って見ろと言わんばかりだ。

決して不快ではないけど、安楽とは程遠い。

浮沈子の83タルガは、前のオーナーの方が3.2リッターエンジンに換装しており、素のSCではないけど、安楽さを追求したクルマではないだろう。

(930タルガの研究(その11)「続・謎のエンジン」)
http://kfujito2.asablo.jp/blog/2013/04/10/6774004

まあ、どうでもいいんですが。

S660に乗ってから、初めて03ボクスターに乗ってみた。

同じ素性のクルマだということが分かる。

現代のクルマらしく、それらしく乗れば、キッチリ応えてくれる半面、ちんたら流して乗っても、安楽さは保証されている。

それに騙されて、スポーツ度が足りないとか言ってはいけない。

足りないのは、クルマの方ではなく、ドライバーのスポーツ度なのだ。

ワインディングロードで度胸試しするのではなく、クローズドサーキットに持ち込んで、限界までキッチリ引き出してどうよ?、ということになる。

ちょい乗りの印象では、本性は分からない。

昔のクルマは、ある程度想像ついたが、今のクルマは追い込んでみなければ分からないのだ。

ちょっと、もう一度乗って、03ボクスターの印象でも確認して来ようかな・・・。

100km2400回転2017年08月07日 15:13

100km2400回転


まずは、以前に書いた記事から。

(乗れないと分かる)
http://kfujito2.asablo.jp/blog/2017/08/04/8639653

「なんせ、100kmで2500回転も回ってるんだからな。 」

「ちなみにLC500は、500Eの約半分、1280回転でしかない。」

(100km2500回転)
http://kfujito2.asablo.jp/blog/2017/08/05/8640687

「100kmの時の回転数が、なんと、2500回転で500Eと同じなのだ。」

で、さっき走らせて気が付いた驚愕の事実!(というほどのものかあ?)。

なんと、ポルシェ911タルガ1983年型改(3.2リッターエンジンに換装)の5速100kmの回転数は、メルセデスベンツ500E92年型、ポルシェボクスター(986)ティプトロニックS2003年型と奇しくもほぼ同等の回転数となった。

2400回転。

ベンツとボクスターは2500回転だが、まあ、同じとみてもいいだろう。

5速は、オーバードライブで、高速巡行用のはずなんだがな。

試しに4速に落としてみると、3000回転に落ち着く。

ドラビリとしては、むしろ、その方が好ましい。

いずれにしても、3台の最終減速比は同等なのだ。

LC500の1280回転というのは、異常に低く、カタログ上の燃費を稼ぐ以上の意味はない。

一応、83タルガの100kmでの回転数を確認するために、第三京浜に乗ってきた。

あすこは、80km制限じゃなかったっけ・・・。

まあいい。

瞬間的に、法定速度を超えてしまうことはままある(良い子はマネしないでね!)。

相変わらず、吹けのいいエンジンで、気温33度超えの真夏の午後のアスファルトを蹴って、6000回転までキッチリ回した。

多摩川橋グランプリも、後ろからあおられたりして、ポルシェの威信も地に落ちた感じだ。

35年も前のクルマと張り合ってどーする?。

まあ、どうでもいいんですが。

1200m泳いだ後に、炎天下を自転車こいで帰ってきてから、エアコンもパワステもないクルマで100kmの回転数確認するためだけに走るのもどうかしているがな。

すでに、台風の影響で、雨雲が空を覆いつつある。

夜には、雨が降る予報だ。

その前に、ギア比を確認しておきたかっただけ。

しかしなあ、エアコンなしで窓閉め切って高速走るクルマじゃないよな。

屋根取っ払って、海岸通りを流して走るクルマだ。

台風が通り過ぎたら、夏らしい景色の中を走ってみようか・・・。

100km2500回転2017年08月05日 21:18

100km2500回転


午前中、浮世の雑事で03ボクスターを駆る。

帰りに神田に寄って、サイドマウント用のボルトスナップを仕入れる。

少し小ぶりの、分厚い手袋をしていない時用のヤツ。

こいつを使いこなせないとな。

帰ってきてから飯を食い、一休みして、再びポルシェの入れ替え。

忙しいな。

03ボクスターを高速で走らせて、あることに気づく。

100kmの時の回転数が、なんと、2500回転で500Eと同じなのだ。

2003年型ボクスター(986)は、ティプトロニックSとかいうヤツで、一応5速ということになっている。

通常は2速発進だから、実質4速のオートマだ。

ボクスターは、ポルシェ(当たり前です)。

500Eは、ダイムラーベンツ(当時)。

出来た時期も10年以上異なる(浮沈子の500Eは92年式)。

メーカーも、排気量も、オートマも、作られた時期も異なるのに、100km2500回転は同じなのだ。

うーん、奇遇だな。

しかし、乗り味は異なる。

500Eの場合は、そこから軽く踏み足すだけで、軽やかな加速が始まるんだが、03ボクスターはそうはいかない。

2.7リッター水平対向6気筒エンジンは、かったるそうに細いトルクを絞り出し、一発蹴りを入れて下のギアを選択しろとむずがる。

排気量が倍も違うし、エンジンの形式も異なるので、同じフィーリングを期待してはいけない。

回してナンボのポルシェのエンジンだからな。

景気よく、下のギアにシフトして、どーんと加速するのがよろしい。

入れ替えて乗ってきた83タルガなんだが、100kmの時の回転数を覚えていない。

手元に持ってきたので、少し乗り込んでみよう。

夜の下道を、久々に屋根を開け放って走った。

気持ちいい。

ボクスターに比べれば、やや面倒だが、夏の夜のオープンドライブは病みつきになる。

どこかの雑誌に書いてあったが、心に効く。

病んだり、癒したり、忙しい話だ。

月が出ていて、おそらく月齢は13夜くらいだろう。

月明かりの下を、屋根を開け放った80年代の空冷ポルシェで走る。

1500回転から2000回転でゆるゆると回るエンジンのつぶやきに耳を澄ませながら、夏の夜の夢(大方、路線バスなんですが)を追いかけつつ走る。

流して良し、踏んで良し。

このエンジンは機械ではない。

生き物のように呼吸し、ささやき、そして咆える。

空冷エンジンのエンスージアストが、絶えない理由が分かる気がする。

エンジンとの対話、クルマとの対話を楽しみながら走る。

意味もなくギアを変え、回転を上げたり下げたりしながら、ご機嫌を伺う。

前のクルマとの車間を空けては、加速したり、エンジンブレーキが利いた時のクルマの挙動を確かめたりする。

先頭で発進する時には、加速の際のグリップを確認するために、ちょこっと踏み込んでみたりもする。

飽きない・・・。

これは、大人のドライバーの、真のオモチャだ。

サーキットに持ち込めば、その限界の低さから、思い切り振り回すことも出来る。

人間の限界(浮沈子の場合)は、さらに低いから、とても楽しい。

もちっと乗ってやらなければならんな。

100kmでは、何回転なんだろう?。