衣替え2018年09月27日 13:24

衣替え


秋になり、衣替えのシーズンを迎える。

(衣替え)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%A3%E6%9B%BF%E3%81%88

「日本では、多くの地域で、毎年6月1日と10月1日に一斉に衣替えが行われる。多くの場合、2週間から1か月間の移行期間が設けられる。」

浮沈子は、昨日が衣替えとなった。

Tシャツ短パンサンダルの夏の正装から、ジャケット、長ズボンに変わる。

サンダルは、しばらく続くかもしれないが、足元が冷えると寒さが身に沁みるからな。

遠からず靴下を履き、スニーカーに移行する。

公転面と垂直な角度に対して23.4度地軸の傾きがあるこの惑星の上では、多くの地域で年単位の気候変化を伴う。

生物は、何らかの方法を繰り出して、その環境変化に対応しようとする。

単年で世代交代を行ったり、体毛を生え変わらせて防寒をしたり、人間のように衣替えしたり・・・。

ニュースを見ると、ビジネスの世界でも衣替えが進んでいるようだ。

(トヨタ自動車、国内全店ですべての車種販売を検討)
https://www.asahi.com/articles/ASL9W2PCML9WOIPE001.html

「1台の車を共同利用するカーシェアリングサービスも始め、少子高齢化で大きな伸びが見込めない国内市場での勝ち残りをめざす。」

ホンダ、日産などは、既に販売系列による車種の区分をなくしているという。

実際にトヨタが系列による車種を統一するのは2025年頃になりそうだ。

従来の顧客との関係もあるから、いきなり客層がごちゃ混ぜになることはないだろうが、店舗の統廃合は必至だな。

所有から使用へと、クルマの利用形態が変わりつつある中で、カーシェアリングで食っていこうとしているようだが、そもそも利用自体が減りつつある中で、移動サービスを担う会社というビジョンが有効なのかどうか。

レクサス系はそのまま残すという。

金持ちからは、従来の方法論で稼ぎ、ビンボー人からは、新たな手法で巻き上げる(そんなあ!)。

少子高齢化を経て、我が国は否が応でも移民を受け入れて社会を維持していかなければならなくなる。

数千年の時を経れば、この島国にかつて住んでいた民族は、ごっそりと入れ替わっているかもしれない。

人口とかは、10分の1いるかどうか。

その変化の中で、自動車という耐久消費財は自動運転とか道路インフラの高度化で、今とは異なる姿になっているだろうな。

温暖化も進行しているかもしれないしな。

金星のように、摂氏500度の世界にはならないにしても、人間が住める地域は北海道くらいしか残されていないかもしれない。

常夏の北海道とか・・・。

本州以南は、居住不能になっているに違いない。

もちろん、特殊な生物は、その環境に適応して棲息しているだろうから、今の南極観測隊のように、厳しい高温環境に耐えられる装備を施して科学者とかが滞在しているかもな。

ギンギンに冷房効かせた特殊車両が、新青函トンネル(その頃は、もちろん掘りなおされているに違いない)を通って、かつて首都であった東京辺りに出没するというワケだ。

その頃は、当然、東京は砂漠化している。

(内山田洋とクール・ファイブ「東京砂漠」:動画出ます。)
https://www.youtube.com/watch?v=uT0RZhfJfBw

まあ、どうでもいいんですが。

トヨタは、もちろん、そんな千年も1万年も先の世界を見据えているわけではない。

自動車の世界に訪れるここ数十年の大きな変化を見ている。

人が運転する機械から、人を乗せて運ぶ移動ロボットへの移行だ。

自動車に限らない。

電車もバスも(バスは自動車ですが)船舶も航空機も、同じような道を辿ることになる。

人が機械を操作していた時代から、機械(AI)が機械を操作する時代へ。

そこには、精緻に磨き込まれた機械の王国は影も形もなく、電子の帝国に支配される部品としての機械があるだけだ。

まあいい。

軟弱な浮沈子は、N-VANを購入する際、悩みに悩んでマニュアル車を諦めた。

運転補助機能である前車追従オートクルーズの魅力に抗えなかったからだが、電子の帝国に屈した後悔を今でも引きずっている。

衣替えの季節、あらゆるところで変化が起こっているような気がする。

拡大・成長の時代から、縮退・成熟の時代へ。

移民を受け入れることなく推移すれば、耐え難いほどのスピードで人口減少が進む。

雇用状況が改善している陰には、労働人口の縮小があるに違いない。

未来を決めるのは未来の人間だが、その道筋は過去に敷かれている。

せいぜい恨まれないようにしないとな・・・。

レベル22018年09月20日 12:42

レベル2


このブログでは、自動運転に関する記事を時々掲載する。

浮沈子自身が関心を寄せていることもあるけど、自動車という危険極まりない機械を制御する上で、避けて通れない技術だからな。

そもそも、クルマの運転というのは、法律で禁じられている。

ああ、だから免許証というのを取りに行くわけだ。

例外的に、運転しても良いということになる。

猫も杓子も運転免許証を持っていた時代は終わり、今では免許を取らない人も多いと聞く。

その代わり、みんなスマホを持ってるからな。

まあ、どうでもいいんですが。

完全自動運転になれば、免許証なんていらなくなり、クルマの中でも、ずーーーっと、スマホを弄っていられるようになるわけだからな。

幸せな時代がやってくるというわけだ(クソくらえ!)。

自動運転について、簡単に復習しておこう。

(自動運転の定義って?レベル0~5まで分かりやすく解説!)
https://matome.response.jp/articles/1294

「自動運転のレベル0〜5までの概要と特徴:

・レベル0 ドライバーがすべてを操作
・レベル1 【運転支援】システムがステアリング操作、加減速のどちらかをサポート
・レベル2 【運転支援】システムがステアリング操作、加減速のどちらもサポート
・レベル3 【自動運転】特定の場所でシステムが全てを操作、緊急時はドライバーが操作
・レベル4 【自動運転】特定の場所でシステムが全てを操作
・レベル5 【完全自動運転】場所の限定なくシステムが全てを操作」

記事を読むと、レベル2でも自動運転と称することがあるらしいが、まあ、いささか正確性を欠くと言えよう。

あくまでも、運転支援に留まる。

テスラでさえ、このレベルになるわけで、自動運転と称することは、消費者を欺く詐欺行為に等しい(そうなのかあ?)。

まあ、時間の問題で、レベル3とか4とかには、いずれなるだろうことは確かだし、実験的ではあるけど、レベル4の運用も始まろうとしている(バスとか)。

(自動運転レベル4のバス、産業技術総合研究所が日立市で実証実験 LiDARなど先端8技術・センサー搭載)
https://jidounten-lab.com/w_5477

「実証実験で使用する小型バスは、自動運転レベル4(高度運転自動化)相当の技術を搭載する。」

今朝のニュースを眺めていたら、こんな記事が上がっていた。

(ダイムラー、自動運転トラックを世界初の量産化、電動化でも攻勢 (1/2))
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1809/20/news066.html

「トラック販売で世界首位の独ダイムラーは19日、量産トラックとしては世界初となる自動運転機能搭載の大型トラックの販売を欧州向けに始めた。」

世界初とか言ってるけど、ホンダN-VANは、既に発売されているからな(軽バンですが)。

前車追従クルーズコントロールは付いてるし、車線をはみ出さないようにハンドルを補助する機能も付いている。

(ACC〈アダプティブ・クルーズ・コントロール〉)
https://www.honda.co.jp/hondasensing/feature/acc/

「予め設定した車速内でクルマが自動的に加減速。前走車との適切な車間距離を維持しながら追従走行し、ドライバーの運転負荷を軽減します。」

(LKAS〈車線維持支援システム〉)
https://www.honda.co.jp/hondasensing/feature/lkas/

「高速道路を走行する際、車線の中央付近を維持するようにステアリング操作を支援し、ドライバーの運転負荷を軽減します。」

まあいい。

ふそうのトラックも、ダイムラーと提携しているからな(共同開発のようです)。

同じ機能で、同じくらいの時期に投入されてくるだろう。

しかし、もちろん、N-VANも、ダイムラーのトラックも、ふそうのトラックも、既に見たように、正確には自動運転ではない。

運転支援に留まる。

ITメディアだからな。

その辺りは、下駄を履かせた報道になってるんだろう。

「米運輸省などの分類で「レベル2(部分的な自動運転)」の機能を搭載した新型大型トラック「アクトロス」を報道陣に公開した。」

「レベル2はブレーキとハンドル、アクセルを自動制御し、運転を支援する水準。アクトロスは、搭載したレーダーとカメラが前を走る車両や障害物を高精度に検知して常に一定の車間距離を維持できるほか、車線をはみ出さないようにし、運転手の負担軽減や安全性向上を図りたい運送事業者のニーズに応える。」

記事の内容的には正確だな。

ドライブを楽しむのではなく、お仕事として、必要悪(?)として運転しているわけだからな。

楽ちんなのにこしたことはない。

そもそも、重量物を積載している貨物車だからな。

事故を起こせば、悲惨なことになる。

(過積載で勤務先など家宅捜索 トレーラー横転3人死亡事故 千葉県警)
https://www.sankei.com/affairs/news/180913/afr1809130015-n1.html

「鉄筋を積んだ大型トレーラーが横転し、下敷きになった軽乗用車に乗っていた男女3人が死亡した」

まあ、これは過積載が原因だろうと思うが、軽自動車みたいなぺなぺなのボディに、しこたま鉄筋積んだトレーラー食らったらひとたまりもない・・・。

路上の正義を守ってくれるはずの警察は、何やってたんだろうと思うけどな。

自動運転になっても、こういうのは無くならないんだろうな。

自動車側にセンサー付けて、過積載では走らないようにすることなんて、簡単にできると思うんだがな。

そういうクルマは、きっと売れないんだろうな・・・。

納車前倒し2018年09月18日 08:29

納車前倒し


N-VANの納車時期が、1か月以上早まることになった。

キャンセルが相次いだのか、生産体制を見直して、9月末までの実績を上げようとしているのか。

いずれにしても、書類を整えたり、車庫契約を結んだりと忙しいことになった。

10月になったら、のんびりやろうと思ってたのにな・・・。

まあいい。

昨日は、そんな話で振りまわされる。

バッテリーを外してしまった83タルガも何とかしなければならない(車検切れだし・・・)。

今週は、いろいろ懸案を抱えて、右往左往することになりそうだ。

ダイビングスペシャルビークルとして購入を決めたN-VANだからな。

こいつで、ダイビングに行かないでどーする?。

しかし、10月のダイビングの予定は、今のところない。

やれやれ・・・。

火の消えた後の消防車というか、シーズン終わりに近づいて納車されるN-VANというか。

日曜日の大瀬崎では、既にドライスーツの方も見かけた。

うーん、まだ早いな。

講習か何かかもしれない。

実は、気温が下がり、水温が上がったままのこれからの時期は、絶好のダイビング日和となる。

水中の透視度は、ケーブ系のトレーニングには、絶好の環境だ(浅いところは、0(!)から5m)。

泥をかき混ぜると、完全に視界が失われるだけでなく、うす暗くなる。

昼間は岩陰に隠れているガンガゼが、表に出てきているほどだからな。

夕方と勘違いしているに違いない。

実際、夕方まで潜ってたりするけどな・・・。

このところのトレーニングダイブは、1本目60分、2本目80分くらいの感じだ。

シングルタンクかダブルタンクかにかかわらずだ。

2本目は、1本目より概ね浅い深度で潜るので、ガスが持ってしまうということもあるし、どーせ充填してもらうなら、吸えるだけ吸った方がいいということもある(持ち込みタンクの場合)。

1本目は、エントリーが遅いこともあり、早く昼飯にありつきたいということもあるかもな。

かつかつまでタンクのガスを吸うというのは、決して褒められた話ではない(良い子は絶対マネしないでね!)。

プレッシャーゲージに表示されているガスの残圧の値が信用できるのは、せいぜい50バールくらいまでで、そこから下の残圧には、大きな誤差が含まれる。

メーカーがその値を保障できないエリアということになる。

一般的に見かけるゲージでは、50バール以下で目盛のところが赤くなっている。

よく見ると、そこから下の目盛りは40バール分しかなかったりする。

つまり、20バール以下は、そもそも測定不能なのだ。

50バールから20バールまでが、どれ程の誤差を含んでいるのかは分からない。

当てにならないということだけは、心しておくべきだろう。

日曜日は、サイドマウントだったが、1本は40くらいまで吸った。

もう一本は、50だったからな。

ギリギリ許容範囲というところか。

まあ、どうでもいいんですが。

10月のダイビングの予定を入れたいんだが、N-VANの納車以降にしたいもんだな。

営業さんからは、第2週の頭くらいと言われている。

車庫の契約は、第2週からにした。

さらに早まったらどーする?。

丁度いいから、マットと寝袋買って、車中泊しながら慣らし運転でもするか・・・。

クルマが見ている世界2018年08月02日 18:03

クルマが見ている世界


N-VANに付いてくるホンダセンシングのことを調べているうちに、益々、これはロボットに違いないという気がしてくる(気のせいじゃね?)。

人間の脳は、外界からの刺激と自分の内部の信号を調整して、一つの世界を描き、その仮想世界の中で行動しようとする。

何もしていない時の脳なんて、内臓刺激(腹減ったとか)くらいしか受け取っていないんじゃないのか。

クルマの電子頭脳も、カメラやミリ波レーダー、ソナーセンサー(後方確認用)といったデバイスから外部刺激を受け、アクセル、ブレーキ、ハンドル、ウインカー、速度計、回転計などの内臓刺激(?)と調整して、警告や速度調整、ハンドル、ブレーキ、その他諸々のアクションを返す。

浮沈子的には、内臓刺激の部分よりは、単眼カメラとミリ波レーダーで見ている世界が気になる。

人間には、レーダーがない(いや、俺様には電波が見えるという方もいるかもしれませんが)。

イルカには、ソナーが備わっているので、ホンダセンシングに近いかもしれない。

彼らには目もあるしな。

(仰向けに泳ぐイルカと目)
http://blog.hotta-megane.co.jp/dolphin-eye-235.htm

「両眼視できるということは、モノを立体的に見ることができるので、モノまでの距離を感覚で測ることができます。」

一応、両眼で立体視も出来るようだ(背泳ぎの方が見やすいというのは知らなかったな)。

ロボットカーより、一枚上手だな。

クルマの機能として、歩行者を認識したり、道路標識を読み取ったりする機能もある。

この辺りは、単眼カメラがものをいう感じだ(歩行者検知は、レーダーも使います)。

また、見えているものから仮想世界を構築する際には、背景となる情報との照合も必要になってくる。

クルマでは、一部を除いて、GPS情報との突合せで制御することは行われていない。

(なぜ、ロールスロイスのミッションは衛星によって管理されているのか?)
http://car-me.jp/articles/7755

「ゴーストやレイスに搭載されているこのミッションは、「SAT(サテライト・エイディッド・トランスミッション)」と呼ばれるもので、これまでに類を見ない珍しい変速システムを採用しているのです。」

「SATの場合は、地図情報とドライバーの傾向から先を予測し、ギアチェンジを行います。」

安物のホンダセンシングに、そこまでは期待できない。

しかし、時間の問題だろうな。

クルマは、人や荷物を載せて移動するロボットになる。

衛星の目を持つようになれば、また、異なる機能を発揮するようになるだろう。

リアルタイムで、交通の流れを監視し、より良い経路を確実に選択したりできるようになるだろう。

全てがコネクティッドカーになるには時間がかかる。

それまでは、道路設備やクルマ自体の性能でカバーすることになる。

今日は、近所のオートバックスに行って、最近のカーナビとかETCとかを見てきた。

低価格化が進み、VICSなしのモデルでは、1万円を切るものまである(取付工賃別)。

ETCも、旧モデルではそんなもんだ。

ETCは、2.0が、普及価格帯になってきている(2万円台)。

浮沈子はいらんけどな。

生物の外部センサーのみならず、環境からの情報を取り込んで、今までこの世に存在したことのない仮想世界を描くことになる。

神の目を得て動くロボットだ。

人間は、だだそこに乗せられているだけ。

完全自動運転が普及するまでには、もう少し時間がかかるかもしれないけど、技術の進歩は止まることはないだろう。

そして、移動の自由は管理された形に移行する。

管理された自由は、もはや自由とは言わないだろう。

きっと、最後の最後まで人間の意志だけで動かすことが出来る交通機関は自転車だな。

最強のサイクリストである近所のおばちゃんを乗せて、一時停止もなんのその、夏は日陰、冬は日向を爆走する(一応、左側通行ということになっているんですが・・・)。

最近は、自転車にもサイクルコンピューターが付いているが、仮に進化して一時停止を強制するようなことになっても、即座に叩き壊されるのは目に見えている。

まあ、どうでもいいんですが。

単眼カメラとミリ波レーダーなどで仮想の世界を構築している、ホンダセンシング付きのロボットカーが来るまで3か月余りだ。

彼が(男なのかあ?)どんな世界を見ているのか。

そして、その仮想の世界から、どんなメッセージを送ってくるのか。

やがてはAIが搭載され、衛星やクラウドと通信しながら、人間には及びもつかない能力を発揮して、移動の自由を剥奪しにかかるだろう。

やむを得ない。

浮沈子は、フェラーリ号(宮田の電動アシストママチャリ)に乗って、移動の自由を満喫する。

我が国では、殆どの道で一方通行も逆走できるしな(大井町のバスターミナルは、自転車も逆走禁止ですが)。

だが、安心はできない。

ひょっとしたら、将来、サイクリストである人間の脳に、チップが埋め込まれて、管理された交通社会の中で、あらまほしき行動を促されるようになるかもしれないのだ。

歩行者も、例外ではないかもしれない。

冒頭、電波が見える話を書いた。

冗談ではなくなる可能性もある。

電波で脳内のチップに信号を送り、強制的に一時停止させるとか。

世も末だな。

高度なロボット社会は、人間自身をロボットに向かわせるかもしれない。

我々の知覚自体が、レーダーや衛星とリンクし、新しい仮想世界をもたらすだろう・・・。

「あなたには、電波が見えないんですかあ?。」

ロボットカーに、馬鹿にされるのも時間の問題かもな。

やれやれ・・・。

たかが肘掛けされど肘掛け2018年08月01日 21:44

たかが肘掛けされど肘掛け


自動車のカタログの後ろには、主要装備とか主要諸元とかいわれる表が付いていて、どんな内装になっているかとか、エンジンのパワーとかが一目で分かるようになっている。

そう、アリンコのような、細かい字を読める方には・・・。

「おじいちゃん」呼ばわりされた浮沈子の場合、老眼鏡を掛けただけでは足りない。

さらに、デカい虫メガネを使わなければ分からないのだ(トホホ・・・)。

で、何の気なしに主要装備のインテリアの項を見ていて愕然とする。

「フロントシートアームレスト:Gグレード:ー(なし)」

マジかよ!?。

500Eにも付いてるのに・・・。

まあ、一緒にはならないか。

想定の範囲外の事実を、初めて確認した。

ショックだ。

唯一の救いは、6速マニュアルにすると、上級グレードでも肘掛けは付かないことだな。

シフトレバーの操作に支障をきたすためだろう。

肘掛けがないところだけは、涙を呑んで諦めたマニュアルシフト車と同じだ(全然、救いになってないような気も・・・)。

まあいい。

もう、発注してしまったからな。

電動ドアミラーもない。

まあ、これは必要ないと言えば必要ないからな。

浮沈子以外のドライバーが運転する時は、手動で鏡を動かして調整しなければならない。

畳むときは手動だ。

これは、2台のポルシェと同じだからな。

抵抗はない。

しかし、Gグレードは、とことんベーシックに徹している。

スピーカーも1つ。

充電用USBソケットもなく、車速連動オートドアロックもない。

セキュリティアラーム、PM2.5対応高性能集塵フィルター、助手席サンバイザー、フロントマップランプ、ワークランプ(助手席側開口部)、ハーフシェイドフロントウインドウ、ドアサッシュブラックアウト(センターピラー)、フルホイールキャップもない。

別の物が付いているなど、多少の入り繰りはあるが、車両本体価格で7万3千440円高いLグレードを買えば、これら全てが付いてくる。

浮沈子が欲しいのは、肘掛けだけなんだがなあ。

そのために7万円余りを払う気にはなれない。

気分だけ6速マニュアルということで、満足するしかない。

やれやれ・・・。

クルマの基本性能である主要諸元の方は、GグレードもLグレードも同じだ。

そっちの方は、一応確認してたんだけどな。

たかが肘掛け、されど肘掛けだな・・・。