秋の奥州路をひた走る2018年10月15日 08:42

秋の奥州路をひた走る
秋の奥州路をひた走る


N-VANの記事が続く。

飽きっぽい浮沈子は、そのくせ、始めは熱に浮かされたように夢中になる。

で、飽きてほっぽり出す。

死屍累々・・・。

一つのものを大切に長く使うことが出来ない。

子供の頃に父からもらった折り畳みの傘くらいか?(半世紀以上使用中)。

まあいい。

土曜日の昼から出かけて、さっき帰ってきた(記事を書いているのは日曜の深夜)。

車中泊で、一泊二日。

時間にして、36時間で、自宅から龍泉洞に行って、ふつーに見学して帰ってきた。

強行軍だな(アホなだけ!)。

眠いのと、疲れたのと、体重が爆発したのと、いろいろあって参っている。

グーグルで経路を調べると、8時間で行けることになっているんだが、そんな芸当は人間にはできない。

しかも、軽貨物だしな。

法定速度目一杯で巡行するのは危険だ。

往路は、途中の紫波(しわ)サービスエリアで車中泊して20時間。

復路は、眠気で運転を誤らないように、何度も仮眠を取りながら14時間かけて戻ってきた。

差し引きの滞在時間は2時間だったが、龍泉洞の見学には十分過ぎる時間だ(新洞と併せても、1時間ほどで見終わる)。

高速道路ではACCとLKASをフル活用。

巡航速度は、85km位が快適だな(3500回転弱)。

100kmにすると、LKASで捌ききれないコーナーとかもあって、レーンをキープできなくなることが数回あった。

100kmでも暫く走ってみたが、アップダウンがびみょーにある東北自動車道の場合は、エンジンが唸るだけで、快適とは言えない(4200回転くらい:加速時は6000回転くらいまで上がる)。

設定速度を90kmにして、85km位で走っているトラックの後ろをゆるゆると追尾していくのが正しい。

タイヤノイズは盛大だが、新しい舗装路面ではパタッと音が消える。

初めに付いてくる商用タイヤから、ノイズ対策したのに履き替えるだけでも、高速での快適さは激変するだろう(商用車に遮音性を期待してはいけない)。

気になる燃費は、往路に飛ばしたのが祟って、トータル18.9kmとなった。

最悪時は、車中泊の時にアイドリングで暖房掛けたりした時で17.9kmにまで落ちたからな。

スタートして東北乗る直前までは、20.3kmに伸びてたんだがな。

一般道の下り坂では、エンブレだけに頼らず、適切なフットブレーキを使って、ACC切って運転する方が快適だった。

使いどころを見極めるのが肝だな。

まあ、どうでもいいんですが。

一気に1300km以上走って、このクルマのことが少しずつ分かってきた。

旅行的には、東北の秋を満喫というところか。

盛岡(降りたインターは盛岡南)から龍泉洞までの国道455号線では、天然の広葉樹林が広がる岩手の道を、げっぷが出るほど堪能できた。

途中で立ち寄った岩洞湖(がんどうこ)の、朝の気温は2度だったからな(N-VANの路面温度低下の警告出ました!)。

龍泉洞では、スタッフの方が、掃いても掃いても舞い落ちてくる紅葉を、文句も言わずにビニール袋に詰めていたっけ。

美味しいものをたらふく食って、2kg以上体重が増えてしまった。

食欲の秋も満喫(満腹?)だな。

さて、この増分をどうやって始末しようか・・・。

泥棒を捕らえて縄を綯う或いは納車後にエンジンスペックをチェックする今日この頃2018年10月13日 11:41

泥棒を捕らえて縄を綯う或いは納車後にエンジンスペックをチェックする今日この頃
泥棒を捕らえて縄を綯う或いは納車後にエンジンスペックをチェックする今日この頃


N-VAN買っちまって、もう、500kmくらい走ってから、積んであるエンジンの性能曲線が気になって調べた。

(ホンダの閃き!新型N-BOXに積まれる新エンジン「S07B」)
https://motor-fan.jp/tech/10000873

記事はN-BOXのエンジンなんだが、VTECがないだけで、基本スペックは同じだ。

気になったのは、高速道路での常用回転域(3000回転から4500回転)での性能が落ちていることだな。

まあいい。

買っちまってから、スペック確認している方が悪い。

超ロングストロークエンジンをものにするという、技術的な挑戦をしたわけで、総合的な燃費の改善を図ったわけだが、変速機や車両重量の問題もあるので、エンジンスペックだけでは実現できないだろう。

実際の下道運用では、せいぜい2500回転くらいまでしか使わないからな。

商用車であるN-VANのエンジンとしてみれば、適正な性能向上が図られていると見ることはできる。

その領域では、トルクは増えてるしな。

高速道路を延々と走ってみなければ、実際の運用燃費は見えてこない。

アップダウンもあり、曲線もある我が国の高速道路は、欧州の都市間道路みたいなもんだからな。

速度域もそんなもんだろう。

高速とは、とても言えない・・・。

が、軽自動車、特に商用車にとっては、立派な高速道路だ。

そこを走り続ければ、何か見えてくるものがあるかも知れない。

「数字ではわかりづらいかもしれません。比率で確かめてみましょう。S/B比では、S07Aが1.066なのに対してS07Bは1.293です。
 1.293 !!!!
尋常じゃない数字です!」

空冷ポルシェのエンジンについては、以前に調べたことがある。

(930タルガの研究(その11)「続・謎のエンジン」)
http://kfujito2.asablo.jp/blog/2013/04/10/6774004

「2.0空冷SOHC:φ80.0×66.0(ボア×ストローク:以下、同じ)
2.2空冷SOHC:φ84.0×66.0
2.4空冷SOHC:φ84.0×70.4
2.7空冷SOHC:φ90.0×70.4
3.0空冷SOHC:φ95.0×70.4
3.2空冷SOHC:φ95.0×74.4」

ストローク:ボア比に入れ替えると、全て小数点以下だからな。

S07Bとは、比較にならない。

まあ、どうでもいいんですが。

ロングストローク化のメリットデメリットは、引用した記事に詳しいので割愛する。

エンジン屋の技術者魂をくすぐる世界なんだろうが、21世紀では、原動機は最早、クルマの部品の一つに過ぎない。

しかも、そろそろ電動機(モーター)に切り替わっていくという時代だ。

エンジンに拘り続けるホンダが、満を持して繰り出した逸品だな。

実際の運用で、このエンジンに文句をつけるところはない。

軽自動車のノンターボのエンジンとして、十分な性能を発揮している(エアコン付けた山道では、ハッキリ言って非力ですが)。

燃費も許容範囲内だ(今のところ、20km前後)。

びっくりするほど良くはないが、気分が落ち込むほど悪くもない。

ガソリンの値段が高騰している昨今、レギュラーが使えるというのは、有難い話だ。

しかしなあ、27リッターしか入らないタンクは、もう少し何とかしてもらいたい気もする(せめて40リットルくらいは入って欲しい)。

満タンでも、500km行くかどうかだ。

軽商用車としては、必要にして十分な航続距離なんだろうけど・・・。

500Eは、ハイオクを90リットル呑み込む(ガソリンスタンドで払う金額は、N-VANの3倍以上!!!)。

航続距離は遥かに長い(リッター8kmとして、700km以上)が、想定されている使い方が異なるからな。

比較の対象としては不適当だ。

ポルシェは、そもそも違う世界のクルマだしな。

やれやれ・・・。

遠出をするクルマではないんだろうが、一度くらい、思いっきり走ってみるのも悪くないだろうな・・・。

安物買いの何とやら2018年10月10日 00:47

安物買いの何とやら


昨日、不動産屋に頼んでおいた書類(2160円)を握りしめ、所轄の警察で車庫登録(自動車保管場所証明書)の手続きを行う。

もう、何年もしてなかったからな。

忘れかけてたが、受付のおじさんは親切で、指示通りに空欄を埋め、あっという間に500円払って交付された。

丸いシールをリアウインドウに貼り付けておしまい。

昼飯食って腹ごしらえしながら、オートバックスに電話して、ETCの取り付けの予約を取る。

自転車をクルマに積み、指定の時刻より30分くらい前に着いて、いろいろ見て回っているうちに、なんかどーでもいー気分になり、一番安いETC(2.0じゃないやつ)と、税抜き価格1万円弱のVICSなしの7インチモニターのカーナビをゲットして、工賃込みで3万円台でケリをつける。

自転車を漕いで戻り、出来上がりの頃を見計らって、歩いて取りに行った。

途中で携帯が鳴って、いいタイミングで引き取ってこれた。

さて、こいつにCCR以外のダイビング器材をしこたま積み込み、500Eのトランクや後席からも荷物を移して、ようやく富戸に向けて出発した。

やれやれ・・・。

今回は、IDCのサポート(生徒役)で、久々にふつーのカッコしたダイビングだ。

明後日の午前中に別件で用事が入ってしまったので、明日には戻ってこなければならない。

まあ、平日だからな。

ゆっくり帰ってこよう。

第三京浜、横浜新道、新湘南バイパス、西湘バイパスを経て、東伊豆の海岸沿いの下道をうにうにと走って、4時間くらいかけて辿り着いた。

やはり、クルマに慣れないこともあって、500Eより疲れる。

熱海の辺りで、雨に降られたしな。

ズルっといったらどーしよー?。

幸い、網代の辺りからは降ってなかったので助かった。

ACCとLKASを駆使して、自動車専用道路ではらくちんな運転だ。

たまに、ハンドルを握っていろ!、という警告が表示されるんだが、どういうチェックをしているのかが分からない。

後日確認してみよう。

握力とかとは関係ないみたいだ。

昨日も感じたんだが、LKASのサポートはややぎこちない。

車線の端に近づいたところで、いきなりグイと作動する。

徐々に、穏やかにサポートする感じじゃあない。

まあいい。

プアな軽自動車のタイヤや、狭いスペースに思いっきり詰め込んだフロントの足周りに期待するのが間違ってる。

しかし、そのプアな機械的要素を、センサーと演算装置とプログラムで良きに計らい、超高級車の足回りをでっち上げるのが電子の帝国の真骨頂なんじゃないのかあ?。

それともやはり、物理の神様とケンカしても、勝ち目はないということなんだろうか?。

単眼カメラでの画像解析では、やはり限界があるのかもしれない。

アクアラインの80kmで不安を感じたACCの車間距離は、70kmの横浜新道や西湘バイパスでは十分に感じた。

トンネルの中だったからな。

距離感が少し違うのかもしれない。

CVTとの相性も良く、トルコンだけの500Eよりも下り坂の速度維持が正確だな。

500Eは、どうしてもキツイ下りでは速度が上がってしまうからな。

燃費の方は、乗り始めてから連続で測っているが、リッター18.6kmと満足のいく数字が出ている。

ストップ&ゴーが多い街中では、やはり16kmくらいしか伸びない。

郊外の信号の殆どない下道を、ユルユルと走っている時が一番伸びるようだ。

雨の中を走って気づいたんだが、屋根の上に雨粒が落ちる音が、まるでトタン屋根に降っているように響くのにはまいったな。

チープだ・・・。

確かにチープだけど・・・。

まあ、どうでもいいんですが。

機能的には問題ないし、サイテーのGグレードでも、リアウインドウに巨大なワイパーが付いているしな。

雨の日の後方視界はバッチリだ。

リアウインドウの熱線をオンにするスイッチが、どこにあるのかが分からないで困っている(エアコンのスイッチの辺りらしい)。

取説を読まないで、雨天走行を強行するというのはいかがなものか。

とりあえず、リアの曇りを取るために、エアコンを全開にしたら、坂を上がるのに苦労した。

それなりの荷物を積んで、エアコンかけて坂を上がるというのは、軽自動車にとっては容易なことではないわけだ。

そりゃあ、踏み込めば7000回転からレッドゾーンのエンジンが唸りを上げてブン回るわけだが、ガソリンも景気よく食うわけだしな。

500Eなら、軽くひと踏みするだけで十分なんだがな。

えーと、湯水のようにガソリンを消費する方も十分か・・・。

使い方が同じなので、どうしても500Eとの比較になる。

今日は助手席も後部座席も畳んで、フルフラットの状態にして、ダイビングの器材などをぞんざいに積み込んで走ってみた。

荷物があちこち動いて、悲惨な状態になるかと思いきや、丁寧な運転を心がければ、転がしておくだけで十分ということが分かった。

もちろん、整理整頓や積み下ろしの手間、器材の保護管理の観点からは、箱などに入れておくのが望ましい。

ゴム製品などは、車内の高熱に晒さないように、こまめに積み下ろしするのが鉄則だそうだ。

できるかなあ?。

まあ、どうでもいいんですが。

明日(既に今日ですが)は、ダイビングなのに耳抜きの調子が良くない。

いつも苦労する右側は何とか抜けてるんだが、左が全く抜けない。

さっきから、何度かやってるんだがな・・・。

あっ、今やっと抜けた!。

そろそろ休んで、体調を整えておかないとな・・・。

気の早いトリックorトリート2018年10月08日 21:10

気の早いトリックorトリート
気の早いトリックorトリート


N-VANの納車。

朝一番に(10時だけど)お店に行く。

カウンターのおねーさんにおねだりして、暖かい昆布茶をいただく。

ふーっ。

残金を支払い、書類にサインし、ハンコ押したりして、暫く忙しい思いをする。

やれやれ・・・。

カウンターの前の透明なボックスの中には、お菓子がいっぱい入っている。

なんでまた、そんなところにお菓子が?。

よく見ると、ボックスが置いてあるテーブルには、オレンジ色のカボチャの飾り付けが!。

ああ、あれかあ・・・。

浮沈子の頭の中には、「あれ」に相当する名詞が、咄嗟には出てこない。

あれだよ、あれ!。

仮装して世間を騒がせたり、商魂逞しい連中が、この時期になるといろいろ小物を売りに出すやつ。

えーと、バレンタインデーじゃなくって、サンクスギビングデーじゃなくって、ステーキみたいな名前のやつ!。

出てくるまでに、30秒くらいかかったかな。

そうそう、ハロウィンだ(ステーキって、サーロインステーキのこと?:似てねーよ!)。

悪霊に扮した子供たちに、お菓子をくれてやって追っ払うという、西洋風お盆のようなお祭りだな(そうなのかあ?)。

(あの有名なTrick or Treatの日本語訳は意訳だった!?本来の意味とは…/トリックオアトリートで学ぶ英語のニュアンス)
https://www.english-speaking.jp/meaning-of-trick-or-treat/

「注釈:01. ↑ 渋谷のスクランブル交差点を中心に仮装して歩くイベント(特に主催者はいないためHPもありませんが、例年10月31日が一番多く集まるようです)や川崎のラ チッタデッラなどが有名です」

今日はまだ、10月8日だからな。

相当気が早いような気がする。

浮沈子が悪乗りして、チョコくださいとおねだりしたら、カウンターのおねーさんが3つも持ってきてくれた!!!(←3つ)。

もちろん、帰ってきてから食べたんだが、美味かったな。

まあ、どうでもいいんですが。

N-VANを引き取った後は、愚弟を助手席にのせて、浮世の雑事でアクアライン方面へ進出。

まだETC車載器を付けていないので、規定料金を払う。

知らなかったんだが、知ってたら付けてから行ったのにな。

まあいい。

ACCとLKASを早速試す。

ACCは、車間距離が短か過ぎて、ちょっと怖い。

遅い車の後ろに着いた時は、追い抜いてしまうのが正解だな。

LKASは、ハンドルの電動パワーアシストを使ってコントロールしているような感じだ。

動きがぎこちなく、洗練されていない感じがする。

ハンドルを握っていないと、警告が表示される(軽く触れている程度ではダメなようだ)。

80kmでの回転数は、3100回転くらい。

エンジン音自体はそれほど気にならないんだが、タイヤが発するロードノイズは結構デカい。

どうしても500Eと比較してしまうんだが、遮音性とかについては月とスッポンだな。

慣れればどうということはないんだろうし、新車価格で11倍以上も違うクルマを比較する方が間違っている。

燃費は、今日の走りではリッター当たり18km弱というところか(大人2人乗車、荷物なし、エアコン作動)。

こちらは、500Eの2倍から3倍の間だな。

高くなってしまったガソリン代(本日のレギュラーは、146円)が節約できてうれしい限りだ。

車内の騒音が想定以上だった以外、走りとかについては不満はない。

時折、段差を乗り越える際に、リアサス(ドディオン式)がドタバタするのは仕方ない。

これは、貨物車なのだ。

アクアラインは、6m位の横風が吹いていたが、ハンドルを取られて困るようなことはない。

LKAS利かせて走っていても、ちゃんと対応できている。

スタビリティコントロールが介入しているのかもしれないな(未確認)。

現世利益を追求した、21世紀の軽自動車に脱帽だ。

帰ってきて、無事に屋根付き駐車場に収めて、ドッと疲れが出た。

そう、右ハンドルなんて、20年ぶりくらいだからな。

乗り心地悪い助手席で、ぶーぶー文句垂れてる愚弟にもイライラした。

助手席は、試乗の際に営業さんに運転してもらって、浮沈子も乗ったからな。

気持ちはわかる。

このクルマ、デートカーでないことは確かだ。

大切な人を乗せる時は、事情を話して運転してもらうのが正しい(そうなのかあ?)。

助手席は、長時間の乗車に使うべきじゃない。

一方、運転席は、1時間以上連続で乗っても疲れを感じることはない(右ハンドルに慣れない気疲れは別ですが)。

一番シンプルなGグレードには、左側の肘掛けが付いていないんだが、必要ない事が分かった。

あっても邪魔になるだけだ。

無理して付けようとしていたけど、止めることにした。

さっさとETC車載器を付けるのが正しい。

明日、早速手配しよう。

総じて、想定の範囲内で、満足のいく買い物になった。

燃費も、初めは10km未満だったりして焦ったが、距離を重ねるとマトモな値になったからな。

実用車なんだから、ガンガン乗って実力を発揮してもらわなければならない。

ガソリンスタンドで満タンにしたんだが、注入口のカバーの開け方が分からずに焦った。

スタンドのおねーさんが、運転席の足元のレバーを見つけてくれて事なきを得た。

久々の国産車だからな(そういうことかあ?)。

右ハンドルと、軽過ぎるハンドルの手ごたえ、見え過ぎる視界になれれば、もう少しストレスなく走れるだろう。

電動ミラーは、浮沈子には必要ない。

手を伸ばせば、助手席側のミラーを微調整することも可能だ。

一度ポジションが決まれば、弄ることはない。

手動でミラーをたたむことも出来るが、その必要もないだろう。

Gグレードで、何の不満もない。

凝るとしたら、カーナビくらいだが、安いやつでも実用には十分だろう。

高速では、MAX90kmまで踏んでみたが、エンジン音が猛々しくなることはなかった。

トルクがしっかりと出て、扱いやすさを感じる。

帰りのアクアラインでは、ACCとLKASを外して、手動での挙動を確認する。

やはり、人間の運転に勝るものはない。

コントロールしやすく、直進安定性も十分だ。

雨の日とか、もっと風が強い日の挙動は分からない。

夜間の運転での扱いやすさも未確認だ。

今週は、少し遠出する機会もあるので、その際には夜間の運転は確認できるだろう。

愚弟を降ろして、エアコンを切って、運転席側の窓を開けて走ってみた。

印象は全く異なる。

空荷だが、軽々と走る。

このサイズのエンジンは、重量に敏感だからな。

ダイビング器材を満載して、真夏の炎天下をエアコン全開で走れば、かなり厳しいかもしれない。

しかし、そういう使い方も想定されているクルマだ。

日本独自の軽自動車規格。

しかも、貨物車。

だが、用途を選んで乗れば、これでも十分な気がする。

気になったのは、クルマの方の時計表示と、ラジオの時計表示が1分ズレてたことだけ。

もちろん、リンクなんてしてない。

カーナビ付ければ、もう一つ時計が増えることになる(衛星からデータ取るから、これが一番正確だろう)。

こっちも、明日手配しようかな・・・。

久々の新車納車日の朝2018年10月08日 08:08

久々の新車納車日の朝
久々の新車納車日の朝


今日は、ホンダN-VANの納車日。

新車の購入は、マツダロードスター(NB)以来だな(20年ぶりくらいか)。

今回は、実用車の購入ということなので、あまりウキウキした気分じゃない。

その一方で、ホンダセンシングという、現世利益を追求したオモチャ(?)が付いてくるというので、そっちの方に関心が向いている。

前車追従式クルーズコントロールと車線維持補助機能には、特に注目している。

(ACC(アダプティブクルーズコントロール))
https://www.honda.co.jp/ownersmanual/webom/jpn/n-van/2019/details/136157090-48449.html#d_136_1570_90_48450

「高速道路走行時に設定した車間距離を保つように適切な加減速を行い、運転者がアクセルやブレーキを操作せずに追従または定速走行出来るよう支援するシステムです。」

(LKAS(車線維持支援システム))
https://www.honda.co.jp/ownersmanual/webom/jpn/n-van/2019/details/136157090-48961.html#d_136_1570_90_48962

「電動パワーステアリングの動きをアシストし、車線維持走行を補助するためのシステムです。」

日産とかと違って、自動運転などという戯言は吐かない。

まあ、機能的にも、そういうもんじゃないしな。

浮沈子が選んだGグレード(肘掛けなし、ラジオだけ、電動ミラーなし)は、もちろん、クソ高いカーナビは付いてこない。

目的地を入力して、黙ってハンドルに手を添えているだけで、連れて行ってくれるのが自動運転だからな。

カーナビもないのに、自動運転を謳ったら詐欺だし。

ETCとかも付けなかったから、あとから追加で付けなければならない。

ETCも、新しいのにして、先々付け替えなくてもいいようにしておかないとな。

(「ETC2.0」つけるべき? そのメリットとは 着実に近づく「従来型が使えなくなる日」:今後「使えなくなるETC車載器」とは)
https://trafficnews.jp/post/80942/4

「問題が発生しなければ最長で2030年頃までとなる予定です。ただし、セキュリティに問題が発生した場合は、変更時期が早まる可能性があります」

「現行商品でも旧規格のものがあるようです。」

カーナビは、VICS付いてる一番安いのでいいか(500EのはVICSアンテナ付けなかったけど、やっぱ欲しくなるな)。

直ぐに付けなくてもいいけど、ETCは早めに付けたいからな。

同じタイミングで、一緒に付けることになるだろう。

まあいい。

昨日は、ACCやLKASの操作方法を念入りに読む。

頭悪い浮沈子は、読んだだけじゃ分かんない。

現物を前にして、実際に操作してみないとピンとこない。

ネット上に、シミュレーターとか置いといてくれるとありがたいんだがな。

ホンダに期待しても無理か・・・。

まあ、どうでもいいんですが。

ともあれ、エンジン性能とかハンドリングに縁のないクルマを買うというのは久々だな。

プリウス(初代)以来だ。

昨日、大井町のスキューバプロショップに寄った時に、N-VANのNA仕様の馬力を聞かれたんだが、即答できなかった(見てなかったしな)。

(主要諸元)
https://www.honda.co.jp/N-VAN/common/pdf/nvan_spec_list.pdf

「最高出力(kW[PS]/rpm):39[53]/6,800」

「S07B/水冷直列3気筒横置」

3気筒というのも、今知った(ホントです!)。

全然気にしてないしな(期待もしてませんが)。

試乗した感じでは、十分なトルクと伸びがあったからな(下道ですが)。

「燃料タンク容量(L):27」

そんだけしか入らないのかあ・・・。

これ程主要諸元読まないのは初めてだな。

確認してたのは、屋根付き駐車場に入るかどうかの関係で、全高だけだったからな(1945mm:アンテナ収納時)。

秋葉原のいつもの立体駐車場に入れることはできない(N-VANで行くかあ?)。

どこか、別の場所を探すことになるだろう。

そもそも、ダイビング器材を運ぶための専用車としての購入だからな。

ブルーシートと、樹脂製のボックスを仕入れなければいけない。

最初のドライブは、その買い出しになるかもな・・・。