ヘレンクルーズ2016その3(南西諸島)2016年06月21日 06:58

ヘレンクルーズ2016その3(南西諸島)
ヘレンクルーズ2016その3(南西諸島)


なかなかダイビングの話にならない航海記。

正直なところ、ダイビングそのものの印象はあまりないのだ。

ログブックと薄暗い写真だけ。

記憶には残らない経験。

しかし、貴重な経験だったな。

浮沈子のダイビングスタイルでは、なかなか行うことのできない経験だ。

えっ?、どんなダイビングスタイルかってえ?。

CCRで、ドーンと潜って、あんま泳がないで沈船見て、ただ上がってくるだけのダイビング・・・。

サカナいらない、地形いらない、透視度いらない(10m位は欲しいけどな)。

写真は原則として撮らない。

ペネトレーションは、トレーニング以外にはしない。

まあ、そんなヘンタイダイバーには、ヘレンクルーズはもったいない。

透視度のいい暖かい海で、マクロも大物(今回は出ませんでしたが)の期待もあるダイビングは、実に楽しかったが、何度も来ようという感じではなかった。

浮沈子は1度でいい。

しかし、行って、本当に良かった。

航海した海域は、パラオの南西諸島といわれる地域だ。

(南西諸島 (パラオ))
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E8%A5%BF%E8%AB%B8%E5%B3%B6_(%E3%83%91%E3%83%A9%E3%82%AA)

「・ソンソロール州
・・ファンナ島 (ソンソロール語:Fana パラオ語: Fanna)
・・ソンソロール島 (ソンソロール語:Dongosaro,Dongosaru パラオ語: Sonsorol)
人口24名
・・ポロアナ島 (ソンソロール語:Puro パラオ語: Pulo Anna)
人口10名
・・メリール島 (ソンソロール語:Melieli パラオ語: Merir)
人口5名
・ハトホベイ州
・・トビ島 (トビ語:Hatohobei パラオ語: Tobi)
人口20名
・・ヘレン環礁 (トビ語:Hotsarihie 英語: Helen Reef)
人口3名(国境警備隊員のみ)
・・トランジット環礁 (トビ語:Pieraurou 英語: Transit Reef)」

この中で、訪れたのは、順番に、以下の通り。

・ソンソロール島
・ヘレン島(ヘレン環礁)
・トビ島
・メリル島(メリール島)
・プルアナ島(ポロアナ島)

以下の呼称は、龍馬1号の中での用語に統一する。

各島々の位置などは、このページに示されている。

(ソンソロール州)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%B3%E3%82%BD%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AB%E5%B7%9E

「・ソンソロール島:北緯05度19分28秒 東経132度13分16秒
・プルアナ島:北緯04度39分34秒 東経131度57分49秒
・メリル島:北緯04度19分27秒 東経132度18分37秒」

(ハトホベイ州)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%88%E3%83%9B%E3%83%99%E3%82%A4%E5%B7%9E

「・トビ島:北緯03度00分22秒 東経131度07分26秒
・ヘレン島:北緯03度00分 東経131度11分」

ヘレン島は、相当位置がずれている(トビ島と間違えてんじゃないのかあ?)。

グーグルマップでは、以下の位置にある。

北緯2.975271度, 東経131.811910度

まあ、どうでもいいんですが。

ちなみに、他の島は概ね合っているようだ。

コロールから出発して、最初の目的地であるソンソロール島までは、グーグルアースで約333kmある(直線距離)。

そこからヘレン島までは、264km(直線距離)。

島々の間を縫って走ったり、ヘレンでは、水路から礁湖に入ったりするので、実際にはもっと走っている。

およそ600kmの彼方の島まで行ってきたわけで、往復の距離は、1200kmを超えている。

ちなみに、ルートを追いかけて直線距離を測ってみると、以下になる。

・コロール→ソンソロール島:333km
・ソンソロール島→ヘレン島:264km
・ヘレン島→トビ島:77km
・トビ島→メリル島:196km
・メリル島→プルアナ島:54km
・プルアナ島→コロール:404km

単純に足し算しても、1328km。

実際には、それ以上走っていることになる。

ダイビング13本と、ヘレン島(2度)とトビ島への上陸をこなして、これだけの距離を走る。

その間の食事は20回・・・。

まあ、船客は、船の上では飲んでるか、食ってるか、寝てるかだがな。

サワラ5匹に、キハダ1匹を釣り上げ、食卓を飾ったりもした。

船でしか行くことが出来ない、絶海の孤島(ソンソロールのすぐ北にあるパナ島(ファンナ島)以外には、2つの島を同時に見ることは出来ない)。

「交通:
いずれの島にも空港がないため、船で訪問するのが一般的である。船は数ヶ月に1回定期船が出るほか、不定期で「パラオスポート号」によるダイビングツアーも行われる。」

えーとですね、龍馬1号でも、ダイビングツアー、やってます!。

まあいい。

今回のクルーズは、海はベタなぎに近く、浮沈子が殆ど酔わなかったほどだが、4回目の参加という方に聞いたら、荒れる時もあるようだ。

双胴船の間にある船体の底に、波がドーンと当たる音がするという(ひええーっ!)。

そんな恐ろしいこともなく、ゆるゆるとした揺れだけがあった。

360度、見渡す限りの水平線。

水の惑星、地球。

進めども、進めども、水ばかりの航海初日、朝目覚めて、まだ島影が見えていたのは、アンガウル島だったんだろうか?。

(アンガウル州)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%82%A6%E3%83%AB%E5%B7%9E

「アンガウル島はパラオ諸島の南、ペリリュー(ペレリウ)島の南西10kmに位置し、パラオを取り囲むサンゴ礁のさらに南にある。」

「定期船は週1便しかなくスケジュールが頻繁に変更され外洋上に位置するため波が荒く欠航も多い。容易に訪れ難い離島の一つである。」

南西諸島は、そのさらにさらに先にある。

容易に訪れ難い離島ばっかし・・・。

航海初日、浮沈子は、そんなことも知らないで、曇り空の下をひた走る龍馬1号の中で、朝飯をたらふく食っては、昨夜飲んだ酔い止めの効果で、直ぐに横になってはうつらうつらするという状態だった。

明日からのダイビングの器材も準備しなければならないが、なかなか手を付ける気にならない。

初めての船に慣れないということもあるし、器材が上手く稼働するかどうかも不安だ。

ナイトロックスの運用とか、ダイビング用に曳航しているテンダーボートのオペレーションがどうなっているかも分からない。

まあ、多くの船客が龍馬1号の経験者ではあったが、全くの初めてという方もいたので、少しは気が楽だがな。

午後には、今回の航海全般についてのブリーフィングがあるというので、その際に全貌は明らかになるはずだ。

それまでは、のんびりしよう・・・。

快調なエンジンの音がとどろく中、最後の島影も遠くかすんでいき、いよいよ絶海の孤島に向けて、外洋航海に乗り出した。

パラオ本島の環礁は、とっくに通り過ぎ、ローリングを中心とした揺れが大きくなっている。

比較的速い周期のローリングだ。

ほほう、珍しいな。

双胴船には、何度か乗ったことがあるが、波が高くなると、ヨーイングが出てくることがあった。

大島に、まだ双胴船が使われていたころの話だ。

酷く酔った記憶がある。

波が穏やかな海域でしか使えない船だと思っていた。

外洋かよ!?。

イントラが、以前に乗った時には、どこでもいいから降ろしてほしいと思う程の揺れが出たという。

そう、船酔いに関する不安も大きかった。

期待と不安が入り混じった気分を象徴するような、曇天の航海初日・・・。

天気も、ずーっとこんな調子だとつまんないな・・・。

そんなことを考えながら、昼食を食べ、午後3時からのブリーフィングを待つことにした。

コメント

_ 風太 ― 2016年07月22日 08:18

1975年11月に、厚生省の遺骨収集団員としてこのヘレン環礁
を訪れました。この島には海軍の気象観測班が派遣されていて、
補給を受けながら気象観測を行っていたらしいのですが、敗戦間際
になると、放置状態になっていたようです。
最後に生存が確認されたのは敗戦後の9月、付近を航行中の米海軍
艦艇が受信した無線で、「これから島を脱出する」というものでした。

我々は、この5名の遺骨が残っていないかと、2日間に渡ってヘレン島
内を捜索しましたが、残念ながら見つかりませんでした。
生活の痕跡はありました。

当時の島は鳥や海がめ、魚たちの楽園で、小さな島は幻想的な世界
でしたね。真っ白な砂浜、水が透明な環礁湖・・・素晴らしかった。
海に入ると、魚やカメが足元に寄ってくるんですから。

ただ、残念だったのは、ラグーンの中に大きな難破船が放置されて
いたことでした。 今でも残っているのでしょうか?
別に、密漁船の座礁したのもありました。

ヘレンのほかにトコベイ、メリル、ソンソロール
など、セントアンドリュー諸島の各島で遺骨収集
作業をしました。

遠い昔の、若かったころの思い出でした。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック