クラトン2012年12月09日 11:50

クラトン
クラトン


クラトンといっても、合法ハーブや、タイの灯篭流しではない。

(クラトン)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%88%E3%83%B3

昔々、造山運動とか安定陸塊とか、地球表面のダイナミズムをお勉強していたころ、楯状地とか覚えた記憶がある。

(楯状地)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A5%AF%E7%8A%B6%E5%9C%B0

「盾状地」の方が字義に忠実だという見解もある。

なるほどね。

要するに、5億数千万年以前に地殻活動が終わっちまって、火山もなければ地震もなく、造山運動もない。

当然、活断層なんてものは、一切ない。

画像を見ると、アフリカがほぼ全面的に該当しているが、ここは大地溝帯があって、活発な地殻活動があるので、この図自体が当てにならないと思う(じゃあ、載せるなよ!)。

(大地溝帯)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%9C%B0%E6%BA%9D%E5%B8%AF

この図の意義は、新規造山帯の表示が明確になされており、見やすいから、ということである。

(新期造山帯)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E6%9C%9F%E9%80%A0%E5%B1%B1%E5%B8%AF

(古期造山帯)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A4%E6%9C%9F%E9%80%A0%E5%B1%B1%E5%B8%AF

(地質時代:地質時代の大まかな区分)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E8%B3%AA%E6%99%82%E4%BB%A3#.E5.9C.B0.E8.B3.AA.E6.99.82.E4.BB.A3.E3.81.AE.E5.A4.A7.E3.81.BE.E3.81.8B.E3.81.AA.E5.8C.BA.E5.88.86

先カンブリア期に形成された安定陸塊と、それ以降にも地殻変動が起こった古期造山帯(2億5千万年前まで)、そしてそれ以降現在まで活発な地質活動が行われている新期造山帯の3区分に分けられるわけだ。

分かりやすい。

(活断層定義「12~13万年」を「40万年」に)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20121208-OYT1T00627.htm?from=ylist

なぜ、12~13万年以降が危なくて、40万年なら危なくないのか、全くもって分かりづらい。

地球の時間サイズは、人間の一生に比べたら、ざっと1億倍なのだから、地球で十万年単位の議論をしても、人間の時間サイズにして週単位の議論をしていることになる。

原発の技術寿命は100年位だろうから、人間時間に換算すると1分になる。

先週地震があったから、これから1分以内にあるかもしれないけど、先月地震がなかったから、1分以内にはないだろうといっているようなものだ。

あんまり、意味がないんじゃないのか。

ここは、分かりやすく、新期造山帯には原発は作らない!、と決めてしまえばいい。

そうすれば、衆議院議員選挙の争点が1つ減って、分かりやすくなるというものだ。

画像を見てのとおり、日本国内には、地質的に見て原発の立地に適したところはない。

しかし、別に悲観することはない。

世界には、広大なクラトンがある。アフリカ、ブラジル、シベリア、カナダ、オーストラリアなどなど、立地に適した場所に困ることはない。

原発の未来は、実に明るい・・・。

(新規造山帯→新期造山帯に訂正しました。ご指摘ありがとうございます。)

マグマ発電2012年12月09日 21:32

マグマ発電
マグマ発電


地熱発電というと、温泉組合との確執や、国立公園内の開発の問題など、生臭い(硫化水素臭?)話がイメージされてしまう。

(地熱発電)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E7%86%B1%E7%99%BA%E9%9B%BB

我々が利用できるエネルギーは、

1 太陽の熱を元にしたもの(太陽熱発電、水力発電、波力発電、潮力発電、潮流発電、風力発電)

2 太陽の光を元にしたもの(太陽光発電、人力や薪を燃やすことを含めた全てのバイオマス発電(光合成が元ですから))

3 枯渇性燃料を元にしたもの(石炭、石油、天然ガス、メタンハイドレート、ウラニウム、シェールガス、核融合を含むその他もろもろ)

4 地球内部の熱を元にしたもの(温泉発電、地熱発電、高温岩体発電、マグマ発電)

に大別される。

もっとシンプルに分ければ、太陽由来のもの(1と2)と、地球由来のもの(3と4)に分けられる。

太陽由来のものは、再生可能エネルギーとかいわれているが、概ね50億年しか持たない(十分じゃん!)。

地球由来のものは、核融合を除く枯渇性燃料が、せいぜい数千年である。

それに対して、地球内部の熱エネルギーは、数億年くらいはまだまだ豊富で、身近にありながら活用されていない再生可能エネルギーである。

温泉入って、英気を養う以外にも、もっと活用すればいいのに。

特に、我が国は、地熱を活用するのに好都合の地理的場所にあって、早い話が、穴さえ掘ればエネルギーが湧いてくるわけだ。

もっとも、何処に掘るか、どの位掘るか、掘った後、どうやって利用するかというのが重要である。

「マグマ発電」という、オドロオドロしい名前の発電が構想されていて、マグマ溜まりの近くまで穴を掘って、その熱を利用しようというシンプルな構想である。

熱ければ熱いほど、熱効率はよろしい。

(マグマ発電の実現は近い)
http://morph.way-nifty.com/grey/2012/09/post-95e9.html

この記事のコメントにも「安全過ぎて燃料費がかからないのが、原発産業が地熱を敬遠した理由なんだろう」とあるが、まさにそのとおり。

金にならないのだ。

金儲けにならない発電なんて、産業じゃない。

だから、業界も国も手を出さない。

米国だって、黙っちゃいない。日本がエネルギー的に自立なんてしたら、湾岸戦争とかに金を出す気にもならないだろうし、世界のパワーバランスが崩壊する。

日本の為政者は、官僚だろうが政治家だろうが、米国に見放されることを最も恐れている。

だから、どんなに技術が進んでマグマ発電で電力需要が満たされる目処が付いても、そう簡単に実用化されることはないだろう。

これから人口が減って、産業に携わる人々が少なくなり、輸出も減少して外貨を稼ぐこともできなくなる中で、人手と燃料のかからないマグマ発電は、実に魅力的だと思うのだが・・・。

6インチなら2012年12月09日 22:22

6インチなら
6インチなら


AUから、アクオスパッドが出た。

シャープの製品である。

(SHT21:おもな仕様)
http://www.sharp.co.jp/products/sht21/spec.html

(AQUOS PAD SHT21)
http://www.au.kddi.com/seihin/ichiran/tablet/sht21/index.html

(SHT21)
http://ja.wikipedia.org/wiki/SHT21

(IGZOディスプレイを採用したAndroidタブレットをAUから12月7日に発売開始)
http://androidtablet.yukkes.com/top/manufacturer/%EF%BD%93%EF%BD%88%EF%BD%81%EF%BD%92%EF%BD%90/aquospad_sht21/

以下の記事には、「本体価格は60480円とタブレットの割には意外と安く販売するようだ。」とある。

(au AQUOS PAD(アクオスパッド) SHT21 発売日 価格情報)
http://keitaijohokyoku.blog.fc2.com/blog-entry-1269.html

1万3千円のキンドルペーパーホワイト3Gを買って、高い買い物をしたと嘆いているワタクシにとって、6万円のタブレットなど、購入対象の埒外である。

このブログを打っているノートパソコンだって、中古で5万円台で買ったのに・・・。

スペックは申し分ない。軽いし、明るいし、速いし、防水だし、ワンセグ見れるし、ブルートゥース付いてるし、LTE対応だし、テザリングできるし、背面カメラ(800万画素!)もあるし、これ以上何を望むんだ?(電話はできません!)。

中華パッドで辛い思いをしている身には、快適な使い心地であろうことは容易に推察される。

欲しーなー・・・。

これが、6インチだったら、食費を切り詰めてでも、きっと買うに違いない。それだけは、間違いない。

電子ブック初体験2012年12月09日 22:54

電子ブック初体験
電子ブック初体験


青空文庫の「坊ちゃん」を、キンドルストアから0円で買ってみる。縦書きの明朝体の文字で読むことができる。

「親譲りの無鉄砲さで子供の時から損ばかりしている。」と始まる、夏目漱石によるこの定番の小説を初めて読んだのは、今から40年以上も昔のことである。

アマゾンの無料電子ブックの人気は、1番であった。

広い画面で大きな文字で読むことができるのは、嬉しい。

読み始めて分かったのは、縦書きの明朝体の文章は、実に風情があっていいということだ。日常、横書きの文章しか読んでいないので、新鮮である。

電子ブックをしばらく読んでから、このブログを書き始めると、味も素っ気もないような気がする。

電子ブックも、慣れれば使い物になるだろう。

紙の本が懐かしくなるのも、時間の問題かもしれない。