🐼水泳教室:1か月ぶりに出たら今年最後:来年も水に親しむ2021年12月30日 02:05

水泳教室:1か月ぶりに出たら今年最後:来年も水に親しむ


決まった時間に決まったところに行って、決まったことをしなければならない・・・。

サラリーマンを辞めると、そういう制約は一切ない。

24時間をどう使うかは自分が決める。

つーか、死ぬまでの時間が自由になる。

どういう時間の使い方をして死ぬかは、自分で決めるしかないのだ。

浮沈子は、ダイバーとして生きようと決めたから、基本的にはダイビングをする。

とはいえ、24時間潜っているわけにはいかないし、プロのガイドでもなければ毎日潜るわけにもいかない。

たまに潜る。

で、その他の殆どの日々は潜らずに陸で過ごす。

水が恋しい・・・。

朝の歯磨きとトイレだって、シャワーを浴びることだって、水と親しむことには違いない(やっぱ、違わね?)。

コーヒー沸かすのだって、水使うし、洗濯も水がなければできないからな。

そうはいっても、ジェクサー大井町(ときどき新川崎、たまに川崎)のプールで泳ぐ(浮かぶ?)のはいい気分転換になる。

レギュラー会員だから、いつ行ってもいいし、時間の制約はない。

朝10時から夜11時まで(大井町の場合)。

その中で、水泳教室(本籍のある初級)だけが、水曜日の朝10時半と決まっている。

1週間の中で、浮沈子が拘束される時間はそれだけだ。

まあ、それも自分で決めた時間の使い方だけどな。

乱れまくる日常をリセットする。

アンカーのようなものか。

メキシコ行きでぐちゃぐちゃになった日常を、ようやく取り戻す。

1か月振りに、本籍のある初級教室に出たら、今日で今年はお終いだった。

菅田センセも、今日でお終い。

ジムではパーソナルトレーナーしてるから、お見掛けすることはあるけど、水泳教室のセンセとしては卒業だ(前にも卒業してるけど)。

来月からは、以前も受け持っていた山本センセが復帰する。

この間、バタフライベーシック(テクニカルプログラム)でお世話になっていたからな。

続いている感じだ。

来年からよろしく・・・。

今日はバタフライの練習。

そう、1回きりだけど、今月の泳法はバタフライだったわけだな。

片手回しまでだけど、腕を伸ばして回すことの重要性を学ぶ。

デモンストレーションで、伸ばさないで回すとどうなるかをやって見せてくれたんだが、あまりの上手さ(下手さ?)に、思わず拍手!。

浮沈子のお稽古ごとの経験の中で、教え方が上手な指導者は皆、下手な見本を見せることがうまい。

指導者が、上手な見本を見せることが得意なのは当たり前だが、下手な見本を上手に見せるのは特殊技能だ。

何が悪いとどうなるかを、生徒に的確に伝えることができる。

それを改善して、上手な見本を見せれば、生徒は悪いところを克服して、上手になろうという動機を得ることができるからな。

ああいうふうになりたい!。

もちろん、ダイビングのインストラクターでもある浮沈子は、そこにあるトラップにも気付いている。

下手な見本と上手な見本の間にあるのは、腕を伸ばすだけではない。

体重移動や手足の連携のタイミング、うねりの作り方など、総合的な要素がかみ合わなければならない。

バタフライが難しいと言われているのは、全身のダイナミックな動きの連携が必要だからだ。

しかし、その中で、腕を伸ばして掻き切る点を強調することで、生徒のネガを改善しようとして、敢えて、悪い見本といい見本をやって見せるというのは意味がある。

浮沈子にとっては、動機づけという点で効果を感じた。

なるほどね・・・。

インストラクションは、奥が深い。

片手バタフライも、ずーっと同じ側の手だけで、しかも呼吸を入れなければ25mなんとか泳げるけど、毎回呼吸を入れて、左右交互にやるのは難しい。

混乱し、フォームが乱れ、水を呑む・・・。

まあいい。

今年はこれでお終い。

多分来月も同じバタフライだろう。

1月5日からスタートする。

来週じゃん!?。

水泳教室には、年末も年始もない。

芋虫は蝶になったが、まだ翅は濡れていて、華麗に舞うところには達していない。

片手で呼吸無しじゃあ、バタフライとは言えないからな。

似て非なるもの。

バターフライか・・・。

まあ、どうでもいいんですが。

中級教室と初級教室を行ったり来たりして、少しは水泳の方も上達したことを感じる。

背中を丸めるストリームラインの作り方(いつもできているわけではありませんが)、手足の先まで意識を配る重要性、肩甲骨を回す腕の動き、背泳ぎのローリング、平泳ぎの呼吸のタイミング(手が先!)などなど・・・。

でも、水泳はあくまで水に親しむ手段だ。

辛い筋トレを終えた後の、自分へのご褒美。

リラックスして、支えのない水の中での身体の使い方を確認する。

平泳ぎの一掻き一蹴りで、壁蹴って真ん中(12.5m)まで行けるようになった。

過伸展してストリームラインが乱れると、到達できない。

それが、一つの指標になっている。

途中で立って、もう一度潜って一掻き一蹴り。

帰りはクロール無呼吸で10回で立つ。

まだ、シングルでは泳ぎ切れない。

正しい手の掻きが出来ていない証拠だ。

それでも、上手くいけば、なんとか12回くらいでは泳げる(水面スタート)。

上手くいかなければ、15回。

このストロークの回数の差は、大き過ぎるな。

課題は山積・・・。

ダイビングと同じだな。

人生続く限り、やることに不自由はしないだろう。

プラクティス、プラクティス、プラクティス・・・。

🐼変異種:我田引水:オミクロン万歳!?:メキシコへの道(第2章)が近づくかも2021年12月30日 04:03

変異種:我田引水:オミクロン万歳!?:メキシコへの道(第2章)が近づくかも


3回うってもワクチンが効かないオミクロン感染(イスラエルで証明済み!)。

もう、ワクチン接種による感染拡大防止という白昼夢から覚める時だ。

重症化予防の治療薬を早期に投与したり、軽症者の隔離期間を短縮するタイミングだろう。

(米疾病対策センター 感染者の隔離期間 10日から5日に短縮へ)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211228/k10013407111000.html

「感染後の隔離期間は、ワクチン接種の有無に関係なく、感染が確認されてから5日後に症状が回復していれば終了し、マスクを着用すれば職場などに復帰できる」

ワクチン接種の有無に関係なく、か・・・。

ワクチンには、重症化予防効果も期待されていないことの現れだな(そうなのかあ?)。

マスクの着用が促されているのは、感染能力が持続している可能性を考慮しているんだろうが、仮に感染させることがあっても、オミクロンは重症化しにくいので許容されるというわけだ(そういうことかあ?)。

バンバン、感染させて広めてもらいたい・・・。

一方でデルタの流行に悩まされている米国としては、そっちが抑制されるなら、オミクロンは大歓迎というわけだ。

まあ、どうでもいいんですが。

「感染者と接触した人は、ワクチンの追加接種を受けていたり、2回目の接種から6か月以内だったりした場合、マスクを着用すれば隔離は不要とされています。」

ワクチンに感染予防効果がないことは明らかなのにな。

これも、オミクロン拡散政策の一環に違いない。

ロシェルワレンスキー自身が麻疹並みと発言していたデルタの数倍の感染力を持つオミクロンが、マスクなんかで防げるわけがないことは明らかだからな。

米国は、毒を持って毒を制する政策に転じた。

社会経済への配慮から、ロックダウンを掛けることはできない。

米国CDCはこのままの状態で、隔離基準を緩め、感染者爆増への口火を切ったわけだ。

最大感染者が、1日100万人に達するのは時間の問題だな(最大瞬間風速で:現在は44万人)。

浮沈子的には、形の上だけとはいえ、通常ワクチン接種後6か月という期間を明記している点が気になる。

米国でも、通常ワクチン接種の有効期間は6か月と見るのが常識になっている。

イスラエルでは5か月、3回目のブースト接種の有効期間は4か月だ。

フランスは、さらに短縮して、通常接種の有効期間を3か月と定めている(3か月経てば、3回目のワクチンをうてる)。

どこかの国のように、原則8か月なんて与太話をしている国はない。

皆無だな。

まあ、ワクチンで感染が防げなかったり、重症化予防効果さえ怪しい状況では、あまり関係ないかも知れない。

それよりも、早期投与で重症化を防ぐ効果があると言われる治療薬をばら撒くのがいい。

そうなれば、もう誰も新型コロナへの感染を恐れなくなる。

定性抗原検査と併用すれば、ワクチンなんて関係なくなるからな。

毎日検査して、罹っていたら薬を飲む。

これだけで、十分なわけだ。

症状が消えれば、どんどん職場でうつして広めて欲しいからな。

オミクロン、万歳だ。

感染後の待機期間の短縮とはビミョーに異なるけど、潜伏期間の方がどうなるかも気になる。

我が国は、14日間としていて、これが短縮されれば入国後の自宅待機期間が短くなる可能性がある。

オミクロンを広げるためには、発症前の、最も感染させやすい時期に野に放つのが得策だ。

3日くらいにするのがいいんじゃね?。

それでも、PCR検査を搭乗前72時間以内(少なくとも24時間くらい前まで)には行っているだろうから、潜伏期間の最大値である5日はクリアしている可能性がある。

マスクしてれば、かつ、毎日無料の定性抗原検査を受ければ、解放してもいいのではないか。

米国には、オミクロンの感染を封じ込めようという気がさらさらないことはよく分かった。

それは、我が国も同じだ。

偽陰性率が高い定性抗原検査を奨励し、里帰りの推進を図っている(そうなのかあ?)。

都市部では、「いわゆる市中感染」が蔓延しているにも拘らず、日本全国へ広げようという流れを止めようとはしていないからな。

県境を越えての移動に対する制限は一切ない。

ワクチンも、検査も、オミクロンには無意味だ。

ワクチン検査パッケージ(ワクチンパスポート)は、ウイルス拡散の手段になる。

それで防げるという幻想を与える。

これからは、もう、罹患しないで済ませようなどという考えは捨てるべきだ。

罹患を早期に察知し、重症化防止の治療につなげるしかない。

浮沈子の免疫が切れてから既に2か月(有効期間は3か月だからな)。

この先、更に数か月放置されることになる。

定性抗原検査を毎日受け、治療薬を処方してくれる病院に駆け込むことになる。

メキシコへも、必要数だけキットを持って行く。

罹っちまったら、陰性証明書を偽造して、成田で隔離されるしかない(そんなあ!)。

やっぱ、メキシコへの道(第2章)は、遠いままだな・・・。