小さな国の思い出2017年02月17日 18:42

小さな国の思い出
小さな国の思い出



「児童文学作家の佐藤さとるさんが死去」

はて、どこかで聞いたような・・・。

(だれも知らない小さな国)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%A0%E3%82%8C%E3%82%82%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%AA%E3%81%84%E5%B0%8F%E3%81%95%E3%81%AA%E5%9B%BD

「1959年(昭和34年)に自費出版後、同年講談社から出版されたファンタジー小説。佐藤さとる(佐藤暁)著。」

やっぱそうか・・・。

浮沈子が幼少の頃親しんだ物語の一つである。

手元にないので、記憶で書く。

「せいたかさん」とかいう主人公が出てくる。

確か、幼稚園の先生だった女性も出てきたな(「おちび先生」というあだ名を持っている)。

彼女が主人公を呼ぶときの呼び方が、「せいたかさん」だったと思った。

目の端を、小さな黒い影がよぎる。

まあ、飛蚊症(ひぶんしょう)じゃないかと思うんだが、そういってしまっては物語は進まない。

(飛蚊症)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%9B%E8%9A%8A%E7%97%87

「この影は相対的に動き回っているように当人には感じられる」

まあいい。

せいたかさんが、どうして「ヒコ」の存在に気付いたかは忘れてしまったが、おちび先生がオハギちゃんを試すシーンは覚えている。

園児たちが帰ったあとの教室で、ピアノの鍵盤の蓋を開いたまま、目を瞑っているからピアノを鳴らして欲しいという(記憶で書いているので、テキトーです)。

オハギちゃんは、思わず鍵盤の上に飛び降り、誰もいない教室の中に、ポーンとピアノの音が響く・・・。

非日常の、しかし、日常と隣り合わせにある未知の世界の扉が開く瞬間!。

その興奮が伝わって来るようだ。

その世界を開くことが出来るのは、準備が出来ている人だけ。

立派なオトナになって、分別が付き、宇宙に地球外生命なんているわけないとか言い出す人間の所には、そんな奇跡は訪れない。

この物語の素晴らしいところは、子供の頃の、誰にでもありそうな架空の体験を拡張して、大人になってからの現実世界の中に投影している点だ。

子供の頃の夢って、大人になったら、全部丸ごと捨て去らなければならないんだろうか?。

そうじゃないよって、作者は言っているような気がする。

それが、幸せの種なんだって。

物語は、道路建設のために崩されようとしている小さな国を、無力なオトナが小人たちと組んで守るという、まあ、いま時ならありがちなストーリーを辿る。

しかし、高度経済成長に突入する頃の我が国においては、かなりなプロテクト文学だったのではないか。

エコだなんだという話が流行る、はるか以前の時代だ。

子供の頃に遊んだ原風景を守りたいという、極めて原初的な動機の中に、上手く落とし込んでいる。

残念ながら、浮沈子は続編は読まなかった。

第一作だけ。

半世紀近く経って、物語の具体的な筋とかは、記憶から消えてしまっている。

まあ、読み直さない方が無難だろう。

そういうものだ。

遠い、淡い記憶の中に浮かべておくのがいい。

作者の訃報は、池に落ちた小石の波紋のように広がり、やがて消える。

思い出のいっぱい詰まった箱の蓋は、静かに閉まり、オルゴールは止まる。

誰にも知られることのない、浮沈子の心の中の小さな国は、再び忘却の彼方へ、ヘタしたら、永遠の彼方へと去っていく。

それでいいのだ・・・。

あれ?、今何か、目の端を黒いものが横ぎったような気が(飛蚊症じゃね?)。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
kfujitoの徒然の筆者のペンネームは、
「○○子」です。
○○を記入してください。

コメント:

トラックバック