😼クロームブックという選択はなかったのか2023年06月04日 14:37

クロームブックという選択はなかったのか


正直言って、クロームブックを選択しなかったことについては未練がある。

今日も、こんな記事を見つけては読みふけっていた・・・。

(【2023年版】Chromebookで「できること」と「できないこと」のまとめ)
https://pcefan.com/diary/?p=3622

「Office:ブラウザ版ならどうにか利用可能」

「使い勝手はデスクトップアプリにはおとります。」

「同じように使えるとは思わないようにしましょう。」

なかなか、率直な見解だな。

浮沈子は、オフィスアプリなんて数年に1回しか使わんからな。

「スマホアプリ:使えたらラッキーなくらいの完成度」

「インターネット:USBテザリングはできない」

ノートパソコンもスマホも持ち歩かない浮沈子には無縁の話だな・・・。

(Androidで“USB テザリング”を行う方法と利点)
https://ghh.jetstream.bz/archives/5492

「Android とノート PC などを USB ケーブルでつないで行うデータ通信の共有方法」

・有線でデータ通信の共有を行うため、安定したネットワークが確保できる
・ PC から電源も同時に供給されるので、テザリングによる Android のバッテリー消費量を気にする必要もありません。
・最大の利点は、Android が Wi-Fi 通信でインターネット接続を行っている場合に、そのデータ通信も共有できるという点です(Android では通常、Wi-Fi 通信と “Wi-Fi テザリング” を同時に行うことはできない:“USB テザリング” では Wi-Fi 通信と同時に利用することができる)

記事によれば、機内でのWi-Fi接続は1回線だけなんだそうだ(未確認)。

浮沈子は、機内ではWi-Fiを繋がないしな(インターネットから遮断された成層圏で紡ぐ言葉だからこそ意味があるのだ:機上の空論)。

まあ、どうでもいいんですが。

「ファイル操作についても「暗号化されたUSBメモリ」は使用不可です。」

「他社製のブラウザをフル機能で使う」のもダメらしい。

「TSUTAYAでレンタルしてきたDVDを再生しようとしても観られません。」

細かいところを突っつけば、まだまだ出てくるだろうが、できないことは山ほどある。

このブロガーの方は、クロームブックのヘビーユーザーの方で、TPOによって使い分けているようだ。

ウィンドウズもマックも使っているし、詳細は不明だがアンドロイドタブレットにも触れている。

リナックスアプリも使っているし、もちろん、スマホも。

その上で、上手な使い分けというかすみわけの分岐点みたいなものを見極めているんだろう。

この使い方で最適のアイテムは何か・・・。

先日来、クロームリモートデスクトップにはまり込んでいる浮沈子は、数年ぶりに引っ張り出したブルートゥース接続の折り畳みキーボードとキャップクリップマウスをスマホに無線で繋ぎ、タイプCコネクターからスマホを充電しながら最初のクライアントにしている。

目の前のモニターに表示させる必要があることから、それが繋がっているメイン機のX220(ウイン10)を1段目のホスト(サーバー)にして、それをさらに次のクライアントにして、カスケードしてウィン11が走っているA315を2段目のホストとして開いて、そこからネット上のエディターであるライトボックス(Writebox)で書いている。

多段式だから、タイムラグがあって鬱陶しいんだが、急いで仕上げなければならない仕事なわけではないし、クロームブックにしようかどうしようか、さんざん悩んで買った中古のノートパソコンを使わないのももったいないし、さりとて横幅の小さいキーボードは打ちたくないし(考えてみれば、このフォールディングキーボードと大して変わらないんだけど)、この環境に慣れておきたいという気もして、使っている。

ちなみに、A315は玄関にある。

持ち出す際に、いちいち運ばなくてもいいからな(そういうことかあ?)。

パタンと畳んで抱えるだけでよろしい(スマホは置いていくのかあ?)。

出先では、蓋を開くだけで、さっきデスクトップから打っていた続きが打てる。

まあ、そういうことがしたいから、作業状態をネットにキープできるコンセプトに引かれていたわけだしな。

別に、どんなマシンからの操作であっても、「Save」ボタン1発押しておけばいいだけの話だ。

クロームブックは、限られた用途での使い勝手がよさそうなマシンだ。

関連記事も読んだんだが、操作が軽いOSで、同じことができるノートパソコンに比べて安上がりで済み、数年使ったら使い捨てにする。

基本的にデータはネット上にあり、アプリケーションも下手をするとそこから落としてきて使う。

ウィンとかも、最近は個人使いでもそういう感じになってきているから、収斂進化に似た現象が起こっているのかもしれない。

(収斂進化)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%8E%E6%96%82%E9%80%B2%E5%8C%96

「複数の異なるグループの生物が、同様の生態的地位についたときに、系統に関わらず類似した形質を独立に獲得する現象」

高速なネット環境が手に入りやすい状況が普及する中で、それに依存した方向に進むのは理に適っている。

まあ、万が一ネットが使えない時もあるから、手元での作業ができるようにはしておきたいのと、ネットワークの系列も分けて契約するなど、複数の対策は講じている。

海外旅行に行く際には、軽量な小型のノートパソコン(最近は、強力な老眼鏡も!)と、レンタルしたWi-Fiルーターは必携だ。

しかし、最も重要なのは、自分自身の目であり耳であり、頭であることは変わらない。

ウインでもマックでもクロームブックでも、もちろん、紙と鉛筆であったとしても、浮沈子の場合、それはあくまでも筆記用具だからな。

人間は道具を使いこなす動物だが、それ以前に、自分の頭と体を使いこなす必要がある。

それを補助したり、拡張するための道具なわけで、パソコンも同じなわけだ。

自由自在に使いこなしている方の記事を読むと、そのことを逆に強く感じるな・・・。

「Chromebook=ブラウザだけが使えるパソコン」

まあ、そりゃあそうなんだが、ふつーのウィンドウズやマックみたいな形をしたノートパソコンだしな。

それとは異なるOSが入っていて、少々使い勝手が違うといわれてもピンとこないのは仕方ない。

似て非なるものほど、始末に負えない。

オペレーティングシステムなんて、大型汎用機の世界だったころからコンピューターに関わっている浮沈子は、どうも最新の風潮にはついていけない(マイコンにはOSなんて上等なものはなかった)。

<以下追加>ーーーーーーーーーー

今日は、そのA315を大井町に連れ出している(デカいので、そういう表現がしっくり来る感じだ:運ぶのにナップザックを背負っていくし・・・)。

ジェクサーのある大井町アトレの7階でも、ワイマックスは2本くらいアンテナ立ててくれる(5Gエリアだし)。

日曜午後の早い時間だと、ラウンジもガラガラで奥の席に陣取ってノートパソコン広げていても気を使う必要はない。

今年の夏は、ここで涼んでいようかな(サボってないで、筋トレ、すればあ?)。

西日が当たらないようにサンシェードを下ろしてくれたりするので、モニターの輝度を最低にしていても、こうしてキーボードを打つ分には何の支障もない。背景を真っ黒にして、文字色を真っ白にすると、コントラストも気にならない。

問題は、これでどのくらいの時間バッテリーが持つかというところだが、モバイルルータに給電しながら80パーセント弱で3時間半程度となっている。

そんだけサボっていられれば十分とも言えるけど、気持ち的にはもう少し持って欲しい感じだ。

購入した直後に調べたバッテリーの交換を、少し真剣に検討しよう。

もっとも、今日は持参しなかったけど、目の前にはコンセントの差込口がちゃんとあるからな(ロッカーの中では、スマホなどの小さいやつしか充電できません)。

そこに電源を突っ込むだけの話ではある。

昼飯ついでに、大井町のヤマダ電機でモバイルルーター用の充電ケーブルも買った(15cmなんてのがありました)。

税込み1080円なんていう不埒な価格だが、店舗を構え、店員を雇い、年中営業していればそのコストもばかにはならない。

なかなか使えそうだと分かったので、次回はバックアップの低速接続環境での使い心地と、自宅をワイマックスで繋いでおいてリモートデスクトップでX220をA315からぐりぐりしてみようかな・・・。

😼水泳ネタ:潜らないバタフライ:腕回る2023年06月05日 02:14

水泳ネタ:潜らないバタフライ:腕回る


日曜午後のテクニカルプログラムでは、3時からと3時40分から、バタフライと平泳ぎを教わっている。

水泳教室は会員でなくても出られるんだが(もちろん、有料の水泳教室に入らなければいけませんが)、テクニカルプログラムは会員に対する無料サービスということで実施されている。

今流行りのサブスクだな。

会費に含まれている。

毎日が日曜日な浮沈子は、もちろんサボっていてもいいんだが、上手に泳ぎたいのと今月の血液検査をクリアしたいこともあって真面目に出ている。

教え方がユニークで、興味をひかれているということもあるしな。

バタフライは潜らないし、平泳ぎは膝を開く。

長年にわたり、潜れ潜れと言われ続けてきたババ達は、最初文句たらたらだったんだが、理に適った解説と納得のデモンストレーションを見せられて、これはひょっとすると泳げるようになるかもと、最近では人気のメニューになりつつある(そうなのかあ?)。

インストラクターは横浜店からこの春に異動になった松井センセ。

ベテランのおじさんだが、浮沈子的には期待している。

バタフライを潜らせないでどうやってリカバリーさせるかが見ものだ。

今日の解説で参考になったのは、肩の可動域の話。

リカバリーの前に背中を丸めて頭を突っ込んでしまうと、肩関節の動きが変わってしまい(詳細はよく分からないんですが)、どうやらそのせいで肩が回らなくなる現象が起こるらしい。

今日の練習は、その手の動きと連動する体の上下動から始まった。

いわゆるその場尺取虫で、膝を軽く使いながら、手と足が上下するのと反対側にお尻が上下する動きを繰り返す(手を上下させるのに、肘を曲げないところがミソだな)。

全く進まないんだが、上下の動きの練習なので、それでいいのだ。

これに、まず片手を付ける。

進もうとせずに、手足の上下のタイミングだけ合わせて回す。

そのイメージを、両手でやるんだが、ここでさっきの話が出てくるわけだな。

頭を突っ込まず、背中を丸くしない。

腕は後ろ(背中側)からは戻ってこないからな。

横から戻る。

そのためには、顔を少し上げ、胸を張って腕が横からリカバリーされる道筋を作ってやらなければならない。

顎を引いたり、背中を丸めないで、潜ろうとせずに、素直に腕を前に持ってくるだけ。

腕の重さとお尻の上り分だけで、バタフライのうねりに必要な動きは十分得られるそうだ。

最近の競泳のバタフライを見ていると、全然うねっていないからな。

当然、潜ってもいない。

われわれ素人に、そんな真似ができるのかと思うが、その方がリカバリーしやすいことは確かだ。

潜った代償は、浮かぶときに抵抗として払わなければならない。

で、練習の最後に両手回しをやってみたら、面白いように手が回った!。

けりを意識せずに、下半身の動きは手に合わせる程度だから、手数が多くなるのは仕方ないが、ちんたら泳ぐ程度なら十分使える。

このコツを呑み込んで、速く泳ごうなどという欲をかかずに、丁寧に(ここ重要です)泳げば、ババ達の中には泳げるようになる方も出てくるに違いない。

三途の川を、バタフライで泳いで渡りたい連中ばっかだからな(そんなあ!)。

まあいい。

松井メソッドが功を奏するかどうかは見ものだ。

毎週日曜日が楽しみになってきたな・・・。

🐱リモートデスクトップ:低速接続でライトボックスを使う2023年06月05日 12:16

リモートデスクトップ:低速接続でライトボックスを使う


川崎のジェクサーで、Wi-Fiが使えるにもかかわらず、わざわざ低速接続の格安データシムを入れたスマホをWi-Fiスポットに仕立てて、連れ出したA315から自宅のX220に繋いでライトボックス(Writebox)エディターを起動して書いている。

そんなことをする意味は全くないけど。

素直にジェクサーのWi-Fiに繋ぎ、目の前のA315からライトボックスを起動して書けばいいだけの話だ。

ここでも、目の前にはコンセントがあるけど、ACアダプターは自宅にある(いみねー・・・)。

低速接続でリモートアクセスし、ライトボックスである程度打つのは初めてだ。

タイピングのタイムラグは、ハッキリと体感できるほどあるし、カーソルの動きにもイラっとすることがあるが、心身症になる一歩手前で踏みとどまっている。

このシムは、せいぜい150kbps程度しか出ていないが、軽いほむぺーじの閲覧やメールチェックをするだけなら十分だ。

今回、ここまで打ってから、比較のためにライトボックスに保存して、A315から直接読み出してみる。

当たり前の話だが、何をやるにも速いし、タイムラグがないのでイラつくことがない(最大のネックは、このキーボードか)。

モニターのコントラストも異なる。

輝度の違いのせいなのかもしれないが、文字の読みやすさがはっきり違う。

通信速度については、入力や変換周りはローカル処理だろうから、日本語エディターとして使う分には何の問題もない。

単純に、A315の処理能力の問題だな。

1万5千円で掘り出した中古は、期待通りの性能を発揮している(空気読めないMSIME以外は・・・)。

ネットの接続についても、川崎駅近くということもあり、通信環境は悪くないし、低速シムでも十分な気もする(浮沈子は動画見ないし)。

ファイルの転送とかやらかすと、途端に馬脚を現すんだが、そうでもない限り、今まで不足を感じることはなかった(OSのアップデートとかは、さすがに無理です)。

で、せっかくのWi-Fi環境なので、そっちで試してみる。

まあ、当たり前だが、自宅と変わらない。

バッテリーの減りが70パーセント切り(30分くらい)とかなりな感じなので、ACアダプターの携行を考えることにしよう。

再び、今度はWi-Fiでリモートサーバー経由で打ってみるが、低速シムでもWi-FiでもA315側(クライアント側)での接続速度の差はエディターではそれほど感じない。

単純に、リモートサーバーのタイムラグがそのまま出ているだけだ。

ファイル転送などならはっきりと違いが出るのかもしれない(今回は未確認)。

ドロップボックスへの保存の速度の差も感じなかった。

まあ、短いテキストだしな。

リモート接続において、低速シムが意外に使えることと、Wi-Fi経由であっても、やはり直打ちには及ばないことが確認できたことは良かった。

ネットワーク経由でアプリケーションを使わせるというのは、セキュリティ対策やデータ保全以外では考え物だな。

データも、ローカルに落としてローカルのアプリで処理し、保存だけをネットワーク上にするというのが暫くは基本だろう。

少なくとも、個人利用の範囲の中で、それが主流になるとは思えない。

さて、せっかく川崎まで自転車こいできたんだから、缶コーヒーばっか飲んでいないで、ちっとは運動でもすっかな・・・。

🐱アンドロイドタブレットという選択はなかったのか2023年06月05日 21:09

アンドロイドタブレットという選択はなかったのか


浮沈子が通っているフィットネスには、クロストレーナーというマシンが配置されている。

(ライフ・フィットネス クロス・トレーナー E1)
https://lfjonlineshop.jp/?pid=83319643

モデルは違うようだが、イメージ掴んでもらえればいいということで(メーカーはここです)。

ハンドル掴んで腕を前後に動かしながら、自転車こぐように足を動かす。

浮沈子の場合、時速4kmくらいでしかこがないからな(ワークアウトを再開してくださいとか、いつも叱られてばかり・・・)。

脂肪の燃焼には、低強度の運動をだらだらやるのが効果的と言われるのをいいことに、乗った直後よりも脈拍が落ちる強度でしかこがない。

やれやれ・・・。

昨日も例によってだらだらとこいでいたら、隣のマシンに乗っている会員さんが、タブレット(10インチくらい?)を、マシンのモニターに立てかけてアニメを鑑賞しながらこいでいた。

うーん、振動で落ちたりしたらヤバそうな雰囲気だから、浮沈子的にマネすることはないけど、そういえば時期モバイルアイテムを検討していた時にも、アンドロイドタブレットを候補にしていたことを思い出した。

モニターサイズが10インチを超えると、クロームブック並みの値段に跳ね上がる価格体系(商品構成?)なので、機能的には十分でも手を出さなかった。

今日も、実際にA315を持ち歩いてみると、クロームブラウザーから出ることはないし(日本語エディターも)、文字の大きさを適度にしたとしても、極端に見通しが悪くなるようなことはない感じだったから、12~14インチくらいのタブレットでもよかった気がする。

元々、第一候補はアイパッドプロ(13インチ弱)だったわけで、そこそこな範囲ではある。

A315の15.6インチは、これ以上デカい画面はいらない印象で、必要にして十分過ぎだが(連れ出すのに、「決心」が必要!)、13インチ前後のタブレットは、可搬性とのバランスに優れたベストチョイスといえよう。

素直にアイパッドプロにしておけばよかった・・・。

今日もアンドロイドタブレットの特集記事とかを、未練たらしく読んでいる・・・。

(【2023年】Androidタブレットのおすすめ15選 高性能なモノから安いモデルまで紹介!)
https://www.biccamera.com/bc/i/topics/osusume_android_tablet/index.jsp

「Androidタブレットのおすすめ|12インチ~」

・Lenovo「Yoga Tab 13」ZA8E0008JP(13インチ):66,440円 (税込)
・GALAXY「Galaxy Tab S8+」SM-X800NZACXJP(12.4インチ):130,420円 (税込)
・NEC「LAVIE Tab T12」PC-T1295DAS(12.6インチ):115,280円 (税込)
・GALAXY「Galaxy Tab S8 Ultra」SM-X900NZAGXJP(14.6インチ):163,220円 (税込)

いわゆるハイエンドスマホというカテゴリーになるんだろう。

S8ウルトラは別格としても(アイパッドプロの対抗製品だしな)、キーボード付きのクロームブックと被る価格帯だ。

下手をすると、普及価格帯のノートパソコンも視野に入ってくる。

オペレーティングシステムが違うだけで、ハードウェアに対する要求が相当変わってくる。

ウインドウズやマックなどのパソコン、クロームブックなどの(といっても、今はそれしかありませんが)ネットブック、アイパッドやアンドロイドのようなタブレット。

浮沈子的用途は、デカいモニターが付いたポメラなんだが、もちろんブラウザーは必須だからな。

今は自宅でX220に折り畳みキーボードをつなげて、直付けのUSBマウスと24インチアナログモニターで書いている。

キーボードは、キーピッチが似ているので、A315の代わりに練習台になってもらっている。

まあ、どうでもいいんですが。

日本語ワープロ(当然、キーボード)にフルスペックのブラウザーが付いていて(モニターは概ね13インチ以上)、インターネット経由でできることができればそれでいい。

デカい画面は老眼対策。

まあ、老眼鏡を持ち歩けばいいだけの話だ(15.6インチのノートパソコンよりは手軽だ!)。

ハイエンドタブレット(アイパッドプロ含む)は、いずれ手に入れそうな予感がしている。

んでもって、そこからリモート接続して自宅のA315でブログ書くわけだ(いみねー・・・)。

今日、持ち出した低速シムは、意外に使えたからな。

浮沈子的ネット作業には十分だ(もちろん、リモートじゃなくて直付け)。

それとタブレット(と使えるキーボード)があれば十分だろう。

S8ウルトラが、中古になって降ってくるのを待つとするか・・・。

🐱バッテリーバー導入:モバイラーの嗜み2023年06月06日 06:02

バッテリーバー導入:モバイラーの嗜み
バッテリーバー導入:モバイラーの嗜み


(Windows 11、バッテリー残量%をタスクバーや任意の場所に常時表示する方法)
https://www.sumahoinfo.net/entry/windows-11-batterybar/

「Windows 10 タスクバーでのバッテリー残量の常時表示に便利なソフト「Battery Bar」ですが、Windows 11の場合には「Battery Bar」の通常のインストールでは残量表示できません。」

無料版があったので、それを入れてみた。

「残量表示では無料版で十分です。」

「インストール過程の以下の画面の初期設定では「BattryBar Floating Toolbar」が無効化されていますので、画像のとおりチェックを入れて有効化します。」

これは、ウイン10でも有効で、再起動すると画面の左上にバッテリーの絵が現れた。

運用上の工夫が必要な点もあるけど、バッテリーの容量が一目でわかる(少なくとも色付きでデカい!)のは有難い。

ウインドウズ純正の表示はちっこいからな。

邪魔な時には、フリー版でも設定可能な「Always on Top」のチェックを外しておけばいい(デスクトップには表示されます)。

ウイン10でも、フローティング表示にしておくと何かと便利だ。

カーソルを合わせると表示される情報によれば、X220の交換したばかりの互換バッテリーの場合、バッテリー劣化は1.4パーセントとある。

動作時間は3時間51分。

A315は、27.7パーセント劣化で、持ちは4時間52分と表示されている。

両方ともACで満充電だ。

まあ、この辺の情報がどの程度使えるのかは知らない。

たまたま、こんな記事も出ていた。

(Android 14でデバイスのバッテリーの状態を表示できるようになる可能性があります)
https://www.helentech.net/news-30738/

「Android 14が安定版としてリリースされると、バッテリーの状態を確認できる機能が追加される可能性があるようです。」

まあ、どうでもいいんですが。

モバイラーにとって、持ち歩く機器のバッテリー管理は必須の嗜みだ。

出先でスカになった時の悲劇は目も当てられないからな。

電源はどこだあ!?。

おっ、あったぞ、ラッキー!。

で、そういう時に限って、給電用のケーブル類を忘れていたりするわけだな。

やれやれ・・・。

まあいい。

A315を2回ほど連れ出してみて、中古で劣化しているバッテリーでもそこそこ使えそうな感じだと分かった。

また、無料版の解析結果を信頼するなら、数時間の使用に耐えるわけで、泊りがけとかでなければ、精神的安定のためだけにACアダプターを持ち歩く必要もないだろう(今週は泊りがけで持ち歩く機会があるので、持っていきますけど)。

バッテリーバーは、暫く使ってみて何かあればまた書く。