🐱大島ツアー:直前準備:器材変更? ― 2023年09月02日 14:00

大島ツアー:直前準備:器材変更?
大島ツアー:直前準備:器材変更?


明日の夜出港となった。

竹芝桟橋。

今週、國富で潜ったこともあり、器材の見直しを行う。

・5mmウェット
・フード(変更前:新調フードベスト)
・ソックス
・ブーツ
・取りやめ(変更前:ヘルメット)
・小型手持ちライト(当日手持ち)(変更前:ハンドヘルドライト)
・アウトロー(BC)
・レギュレーター一式(当日手持ちに変更)
・ダイブライトのフィン
・取りやめ(変更前:ウエイトベルト)
・小さいフロート(DSMB:必携になりました。)
・水着
・タオル
・着替え(当日手持ち)
・ダイビングコンピューター(当日手持ち)
・水中コンパス(当日手持ち)
・酔い止め(当日手持ち)
・抗原定性検査キット(当日手持ち)
・帽子(当日手持ち)
・取りやめ(変更前:サングラス)
・現金(ATMがないため)(当日手持ち)
・常備薬(しこたま・・・)(当日手持ち)
・お泊りキット(当日手持ち)
・髭剃り(当日手持ち)
・携帯電話(当日手持ち)
・タブレット端末:アローズ(当日手持ち)

レギュレーターを手持ち(背負い)にしたこと、ハンドヘルドライトを小型の手持ちライトにしたこと、ヘルメットをやめたことなどがメインだ。

浮力のチェックが終わったので、フードベストもいらない。

一応、頭部保護のためにフードは持っていくけどな。

持ってみたら、意外とメッシュバッグ関係が重かったので、軽量のやつに変更する。

レギュレーターを背負いに変更したのもそのためだ。

サングラスもやめた(雨だし・・・)。

傘は、背負いのリュックに入っているからリストしてない(出がけには降り出しているので忘れることはないだろう)。

天気はあいにくと雨模様になった。

酔い止めは必須だな(購入済み)。

いろいろ検討したが、ハンマー狙いの明朝ダイブはキャンセルする(もともと、オプションだし)。

もう、一生分見たからな。

可能なら、当日でも、船室をアップグレード(空き状況によります)したいけど、東海汽船に聞いてみたら、ツアーの場合はできないそうだ(ツアー主催者を通せばできるかも)。

やっぱ、ハンマーよりも特等船室でしょう!?。

(特等室(6室))
https://www.tokaikisen.co.jp/ourship/sandaime-saruvia-room/

「2人きりの特別空間。シンプルで高級感のあるデザインは癒しの旅に最適です。シャワー・ウォシュレットトイレ完備」

そういう選択をするようになっちゃあ、おしまいだな。

やれやれ・・・。

平和でのんびりした大島ツアーが終われば、メキシコに備えて地獄のトレーニングダイブが待っている。

出発までに、10回くらいは個人で自主トレしないと、スキルが戻らない気がするしな(んなに出来るのかあ?)。

毎週潜っても、既に12回程度しか潜れないし、その間には参加者全員の合同トレーニングもあるからな。

ヤバいな・・・。

ヤバ過ぎ!。

まあいい。

息抜きのファンダイブの時にも、心はトレーニングダイブだ(そんなあ!)。

フィンだけは、メキシコで履くフィンを使うし、通常はフロッグキックをかましている。

昨日の國富の鏡(つーか、鏡面仕上げのステンレス?)を見る限り、膝落ちとフィン先落ちの癖は直っていない。

この間のファンダイブでも、気をつけるようにしてたんだがな。

細かい移動の際に、手を使う癖も直っていない。

まあいい。

まだ3か月ある。

が、もう、3か月しかないのだ。

やっぱ、ヘルメット、かぶっていこうかな・・・。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
kfujitoの徒然の筆者のペンネームは、
「○○子」です。
○○を記入してください。

コメント:

トラックバック